2020年9月23日 (水)

買えるかな・・・

ここ数日、ナニとソレの抽選予約にある意味必死です。

 

まずは先日から始まったこちら。

Gy2020_ps5
予約確定は逃したものの、現在3店舗で抽選申し込みを行い、本日更に1店舗での申し込みを行います。

 

続いては、もうすぐ始まるこちら。

Gy2020_xbsx
こちらも抽選になるのか不安なものの、前回のXBOX One Xの時と同じ様にならないことを願います。

どちらも発売が楽しみです。

 

あと、後で買えばいいと思って油断していた「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」は既に入手困難な模様・・・

今朝の状況報告への返信にて、そちらは予約したという方もいらっしゃいました。

初期不良だといいのに

2020年9月22日 (火)

連休最終日

今日は秋分の日ということで、9月の連休も最終日になりました。

皆さん、元気に楽しく過ごしておられますでしょうか?

 

昨日は敬老の日ということで、お昼の病院食もこんな感じでした。

Dr20200922_1
久しぶりに食べたお赤飯、美味しかったです。

 

治療の方は、先日書いたおそらくステロイドによる潰瘍からの胃痛からも随分開放されたものの、胃薬を処方されて数日後に皮膚に湿疹が出たので何が原因か?となり、胃痛が激しい時に1日に4回飲んでいたカロナールか、それとも潰瘍を治すお薬かで悩んだ末に・・・潰瘍を治すお薬の方を止められました。

素人的には皮膚にぶつぶつができるくらいならしっかり潰瘍を治しきるまで続けてほしいと思ったんですが、いろいろな原因が重なっての肝臓の数値悪化やGVHDも疑われる中、薬の副作用は先生には放置し難いんだと思います。

それでもランソプラゾールの方は残っているので、それを飲みつつ例のおそらく潰瘍ができている部分に緑茶を当てる方法を続けることによって、胃痛も随分収まって食欲の方も戻ってきました。

数日間胃の痛みでしっかりいきむことができずに便秘気味になってしまったものも、通称赤玉を貰って大量放出。

現在はまだほんの少し胃に違和感はあるものの、また「健康だ」と思えるほどになってこられました。

 

胃に良いとか悪いとか言われているブラックコーヒーも飲みつつ、いつもの暇つぶしツールで遊ぶ余裕もできました。

Dr20200922_2
これで肝臓の数値も良くなってくれるといいな。

 

秋分の日も外はとてもいい天気。

Dr20200922_3
明日からまたお仕事や学校の方もいらっしゃると思いますが、連休最終日もご安全にお過ごしください。

 

明日は採血。

今週末には退院できると良いな・・・

2020年9月20日 (日)

がびーん・・・

つい先日まで、ここ数年で一番健康的とか思っていました。
そろそろ退院かと期待もしていました。

しかし、そううまくは行きませんでした・・・
それほど大事ではありませんが・・・

 

そんなわけで、自動エントリー分の内容がおかしく感じつつある中もともと退院予定だった昨日のエントリーが空いてしまいましたが💧
少し動けるようになったので、適当に病室でやってみたことでも書いてみます。

まずはこちら。

Dr20200920_1
iOS 14.0が降ってきたので適用してみました。

ネットワークの環境か、それなりに時間は掛かったものの成功。

少し使ってみると、日本語変換がおかしいような気がしないでもないですね・・・

 

続いてはこちら。

うとうとしていると、深夜に末っ子からLINE📱

Dr20200920_2
部活動も頑張り、日々のお洗濯も頑張り、勉強もそこそこ頑張っている末っ子。

良い子良い子、すぐに注文してやりました。

マリオは良い子を育てるゲームです。

 

・・・

 

そして今回の本題です。

数日前までここ数年で一番健康的だと思っていたものの、ある日突然胃が痛くなりました。
最初は鈍痛のような感じだったのが段々痛みも激しくなり、2日後には差し込むような痛みすら出る様に・・・

お腹の痛みは子供の頃にあったような気がしますが、それが本当に痛かったのか嘘だったのかは覚えていません。
その後胃が痛いという事は記憶に無いので、これは生まれて初めての痛みになります。

今回もステロイド治療が行われており、それによって食欲がとても増進されます。

以前は食欲に身を任せてコンビニに行きまくって間食をしまくっていたものの、今回はコンビニに行くのも怖いので1回行ったっきりで頻繁な間食もしていません。
丁度痛くなった時も、異常なほどの空腹感があったものの何も口に入れずそのまま寝てからこうなり始めたと記憶しています。

恐らく原因は、大量に出た胃酸に胃壁がやられてしまったことによる胃潰瘍。
どの辺が痛いのかは押さえても分からないものの、何となくみぞおちの奥の方の胃の裏側のような気がします。

先生にも診てもらいましたが、しばらく様子見とのこと。
その後、胃薬を2種類出してくれるようになりました。

胃の痛みは相変わらずで、右側を向いて横に寝ていると大丈夫なものの、仰向けや左側を向くと痛みが走ります。
おそらくそちら側に潰瘍があり、そこに胃酸が流れ込むからだと思われます。

夜寝ていても、勝手に寝返りを打ってしまうと痛みで目が覚め眠れません。
食事も食べない方が良いのかと思って数回試してみましたが、食べた時の方が食べない時のただの空腹の時よりマシなことが分かりました。

この辺について調べてみたところ、まさにこれ・・・

Dr20200920_3
これまではステロイド薬を出してくれる時には毎回一緒に飲む胃薬も出してくれていたんですが、今回は肝臓の数値を下げることがメインだからか影響のありそうなお薬は大体停止になり、それと同時に胃薬も停止になっていました。

それに加え、今回は空腹感があっても間食しなかったのもこうなった原因だと思われます。

今出されているお薬はこちらの2種。

Dr20200920_4
朝食後に1錠飲むランソプラゾールと、毎食後に1錠飲むレバミピドです。

出されてから2日ほど飲んでみましたが、今のところとくに変わった感じはありません。

 

ただ、ここで天才が痛みを軽減する方法を見つけました。

以前、お尻からステロネマ注腸をしてゴロゴロ転がっていた経験をもとに、まずどの辺に潰瘍があるのかを冷たいお茶をそこそこ飲んで探ります。
大体の位置を見つけたら、更にお茶を飲んでその位置で静止。
すると、これまでは胃酸が流れ込んで痛みが走っていたのが飲んだお茶が保護してくれるのが、痛くないのです。

暫くすると薄まるのでまたお茶を補充し、これを数回繰り返すと起き上がっても痛くなくなっているのを発見しました。

さすが私。

これなら夜寝る時に毎回右側に居るいびきの煩いおっさんのほうを向く必要もありません。
しばらくお茶で保護すると、仰向けにも左向きにもなれます。

食後も同じでお茶を飲み、空腹時には更に緑茶を飲んで貰ったお薬とともに胃壁保護を行います。

これによってなのか、実はお薬が効いているのかはわかりませんが、数日間ほぼ痛みで動けなかったのが起き上がってパソコンをカタカタできるようにもなりました。
このまま何となく早めに治りそうな気がしないでもありません。

 

また、先週金曜日の時点で既に胃が痛かったせいもあってか、金曜日の採血ではストレスからか肝臓の数値が少し悪化し、炎症を示すCRPも正常値を超えていました。

そんなわけで、本当は昨日の土曜日に退院予定だったのが様子見となってしまい・・・

Dr20200920_5
今も毎日この赤十字を眺める毎日です。

このまま胃の方も良くなり、それによって肝臓の数値も良くなればいいんですが、またいろいろとお薬も増えたのでその分肝臓に影響している様な気もします。

いろいろとややこしくはありますが、胃の痛み軽減方法が分かったので数日前よりは幸せな感じです。

 

皆様もこの連休、少しでもお幸せにご安全にお過ごしください。

2020年9月18日 (金)

血糖値測定終了

今回の入院にて始まったステロイド治療。

ステロイドを服用していると血糖値が上がることがあるようで、食前に測定値201を超えるとインスリンを注射しないといけません。

ただ私の場合は以前から入院中に同じような測定をしても値を超えることがなく、段々測定の間隔が開いて最終的にはもう測定しなくていいという判断になっていました。

今回は以前の様な毎食前ではなく、火曜日と金曜日の毎食前の測定のみなので指先の負担も軽め。

そんな今回の測定でも一度も値を超えることもなく、朝食前は大体80台、昼食前と夕食前は120台といった感じで問題なし。

・・・ということで、ステロイドの量も減ってきたのに合わせて血糖値の測定が終了となりました。

これで血糖測定日には躊躇しがちなおやつもこっそり食べられます。

Dr202009kce
そこそこカロリーのある生バウムですが、ブラックコーヒーを飲みながら食べているので論理カロリーは0キロカロリーになります。
うそ、ならない

以前の食欲がありすぎた入院時には毎日数個食べていたものの、今回は先週末にコンビニで購入してきたものがこれだけなのでこれで最後になりそうです。

おいしすぎる🎵

 

それでは皆様、本日もご安全にお過ごしください。

2020年9月17日 (木)

シーツ交換気持ちいい

この病院では週に1回、シーツ、枕カバー、布団カバーの交換が行われます。

Dr202009sc
一回座ってしまったので少し緩んではいますが、交換後はピシっとしていてとても気持ちがいい。

また、マットは両面で硬さが違うようになっており、私は最初の入院時に直ぐ腰が痛くなったので硬めの方にしてもらい、その後数クールの入院時には何も言わないのに用務の方が気を利かせて硬めにしてくれていました。
いつもありがとうございます。

ステロイドが効いていて眠れない夜もありますが、シーツ交換後は気分的にも気持ちが良いです。

 

それでは皆様、本日もご安全にお過ごしください。

2020年9月16日 (水)

2 dへ

退院予定の目途が立つと減っていくテレビカードでの冷蔵庫チャージが、最大の3日間(3 d)から減り始めました。

Dr20200916_2d

昨日の採血結果も良好だったとのことで、今週もう一度採血はするものの多分退院をして様子を見る様になるでしょうとのこと。

今後は1 dを切って時間表示になったのを確認し、様子を見ながら少しずつチャージしていきます。

ただ、退院になったとしても今回の肝障害のはっきりした原因が分かっていないっぽいのが気になりはするものの、今回の経験を活かして次回以降の免疫抑制剤減量時には注意してくれることでしょう。
しらんけど

ただ、いつまでも免疫抑制を続けることもある意味怖いので、いい感じに減らしつつ最終的には何も飲んでいない免疫フルパワーさんになりたいものです。

 

今年も雷魚シーズンはこんな感じになってしまいましたが、来シーズンは序盤から行きまくれるといいな。

シーバスさんやバスさんにも久しぶりに会いたいな。
直ぐに会えたら会えたでまたぶつぶつ言うんでしょうけど・・・

 

ご迷惑をお掛けしっぱなしの会社の方にも、たとえリモートであっても早めに復帰できるよう退院できてもしっかり療養したいと思います。

FFXI日記(倉庫移動)

復帰(新規スタート)組のFFXI日記です

2017年5月に約10年ぶりに新規で再開しまた必死になったり落ち着いたりしつつプレイを続けているファイナルファンタジーXI

 

・・・

 

今回は、前回のエントリー FFXI日記(シェオルC出口到達とか)から早めの更新。

こんな時でもボーっとしているより何かしていないと落ち着かないナウなヤングは、ネタがないのでネタを作るべく小さなPCの画面をパシャパシャしたりしてエントリーするのでした。
スクリーンショットにすればいいのに・・・というもっともな意見は聞こえない方向で。

 

まずは前回のエントリーで書いた、こんな環境では大した活動もできないので名前確保用同名キャラと入れ替えしつつ癒しのサーバに移転した件。

しかし、メインキャラのみ移転させてしまった関係で同アカウントの倉庫キャラは放置。
今回のオデシー C開放にて強化したい装備品もそのキャラに持たせたままなのが気になったので・・・

Ffxi202009nm_1
そこそこ頻繁に利用しているキャラクターワールド移転

同アカウント内の今回の倉庫キャラ以外にも各サーバに置いているキャラにて相場を確認しつつアイテム確保を行い、いろいろ考えながら複数キャラクターのサーバ間移転を行って装備品を持った倉庫キャラも連れてくることにしました。

前回の移転時はお安いキャンペーン中だったものの今回は通常料金なので、それに見合うだけのサーバ間転売をこっそり行いました

Ffxi202009nm_2
装備品を持った倉庫さん、いらっしゃい。

Ffxi202009nm_3
早速、コンテムプレータ+1を受け取ってメインキャラにて性能追加を依頼。

今回はユニティポイント2倍キャンペーンがあるので、アイテムリクレームからの銅チケポイント変換は必要ありませんでした。

 

・・・

 

他には、前準備していなくて数日掛かったマンスリー目標の・栽培、収穫(M)も終わり・・・

Ffxi202009nm_4
Ffxi202009nm_5
720ディードにてだいじなもの、武神流秘伝書:秘訣乃章を貰うことができました。

こちらは、メリポカテゴリーのウェポンスキルの上限を+5できるもので、これまでの上限15が20になりました。

Ffxi202009nm_6
イオニックウェポンを使わずにイオニックウェポンで使うことのできるウェポンスキルを強化することになりますので、例えば正宗十二之太刀・照破を使うときなんかに強化分が乗ります。

ただ、童子切安綱十二之太刀・照破を使うときは何も振ってなくても5段階強化後の上限値になるので持っている武器と使うWSによって振り方に注意が必要です。

 

・・・

 

あとは、モグパケットを溢れさせないように通っているオデシー巡回。

Ffxi202009nm_7
リレイズアイテム使用を忘れずオデシー C巡回にも結構慣れてきたので・・・

Ffxi202009nm_8
1回の突入で大体100枚以上の色褪せた羽を貰えるようになりました。(運次第)

せっせとロリケートトルク+1や今回持ち込んだコンテムプレータ+1を強化していきます。

それが終われば・・・今のところ他に強化する予定はありません。

 

・・・

 

他には、今月のアンバスケードもやってみました。

まずは2章のマタマタさんから。

試しにモンク/戦+フェイスでとてむずをやってみましたが、これまでの汎用フェイスの組み合わせでただ硬いだけの物体をポカポカしていると余裕気味に勝てました。

続いては1章の亀さん。

試しに同じモンク/戦+フェイスでやさしいからやってみましたが、転がりました。
安定のとてやさをやってみたところ、同じように転がりました。

少し過去のことを思い出してギミックを理解してやってみると、とてやさには勝てました。

ただ、もう今月はやらないと思います・・・

 

・・・

 

前回の画像のままですが、今回もこちらのGPD WIN2が大活躍。

Ffxi20200921_9
素敵な天板は、GPD+ねこやコラボオリジナル天板になります。

ただ、新シナリオ「蝕世のエンブリオ」もこれで進めようと思ったものの、シナリオはじっくり堪能したいので帰宅できてからにしようと思って放置しています。

 

そんなところです。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

2020年9月15日 (火)

週末コンビニへ

この入院中、この病棟では家族であっても面会できない関係もあってできるだけ病棟から出ないようにしていたんですが・・・ここで書いたようについにお財布の中のお金が尽きました。

そこで、週末の診療も無くお見舞いの人も入れない時間帯を見計らって院内地下にあるコンビニに行き、スマホ決済にて水分等を買い出し。

Dr20200915cf
朝から飲むコーヒーは格別です。

ただ、ネタはありません。

本日は、ステロイドを飲んでいることによる血糖値測定日、そして採血の日です。
より改善していることに期待します。

 

皆様もご安全にお過ごしください。

2020年9月14日 (月)

今は20mg/day

先週金曜日の採血結果では、微妙な改善だった前回と前々回の時より肝臓の数値が改善していました。

これはステロイドが効いたからなのか前回から増やした免疫抑制剤によるものかはわかりませんが、どちらにしても改善しているのは嬉しいです。
ただ、免疫抑制剤を増やしたことによって改善したとなるとちょっと微妙な感じではあるものの、もう暫くいろいろ調整しながら様子を見てくれるようです。

今回の入院時から始まったステロイド投与も当初の70mg/日から採血のたびに10mgずつ減量し、先週末の採血で今は20mg/日になりました。

Dr20200914p
この量で安定すれば、退院して暫く様子見でもいいとのこと。

ただ、20mg/日でも結構多めですよね。
潰瘍性大腸炎やらクローン病やらで飲んでいた時には、段々減らして最終的には上の1錠の1/4くらいにカットしたものを離脱予防のために飲んでいたことを思い出します。

簡単にステロイドを使うことを嫌う先生もいるほど、いい薬ではあるんですが怖い薬でもあります。

素人考えでは、もともと数値が悪くなりだしたのが免疫抑制剤を減らしたタイミングと一致していることもあり、それで肝臓が悪くなったところに肝臓に影響しがちなそれまで飲んでいたお薬も影響を与えて更に悪化したような気もします。
同じ時期的に、復帰前の気持ちに切り替えようとするストレスがあったのも否めません。

今回の治療による改善が、ステロイドによるものか免疫抑制剤の増量によるものか、それともこれまで飲み続けてきた他のお薬による影響が時間とともに改善しているだけか・・・これはちゃんと分かるんでしょうか?
これがきちんと分かっていないと、今後また様子見している段階で同じようになるとまた同じことの繰り返しになりそうで少し心配です。

その位の事は先生も考えてくれていますよね。
余計な心配でした。

 

それでは皆様、本日、そして今週もご安全にお過ごしください。

2020年9月13日 (日)

とても・・・

本日の朝一の看護師さんのバイタルチェックに向け、早起きして検温をして待つナウなヤング。

Dr20200913b
本日も朝から健康です。

もともと肝臓の数値が悪くなっていても沈黙の臓器といわれるほど自覚症状は無く、数値が悪いと言われたことやその原因を考えると気持ち的に落ち込むことはあっても体はそれなりに元気なまま。

いつも書いているように、そんな状況の中ステロイドが入っているので余計ハイになっていたりします。

体感的には、昨年7月末にいきなりの高熱が出ておかしな珍しいタイプのリンパ腫となり、ありがたく受けることのできた造血幹細胞移植後には生きるのもつらい程の猛烈なしんどさ・・・それから徐々に回復して無事退院することができ、自宅療養期間中も日々元気になってはいましたが、この1年を通して今が一番元気な気すらします。
というか、昨年7月までもクローン病等で体調が万全ではなかったので、そう考えるとここ数年で今が一番元気なのかもしれません。

もちろん、動かないので体力や筋力は衰え、この元気さもステロイドのせいだというのは分かっていますし、この後このハイな気分から離脱症状によって一気にダラーンとして体調的にも気持ち的にも落ち込むのも分かってはいますが・・・

今はとても元気です。

日曜日は入院中でも定期的なバイタルチェックくらいしかないので、今日はゴロゴロしたりボーっとしたりウトウトしたりしながら過ごそうと思います。

スライムさん、そして皆様も良い週末をご安全にお過ごしください。

«FFXI日記(シェオルC出口到達とか)