« 高音質と標準について | トップページ | 標準がある訳 »

2006年8月18日 (金)

「VGP-BMS30」到着

昨日に引き続き、ここで注文していたSONYの「Bluetooth ワイヤレスマウス VGP-BMS30」が届きました。

今まではMicrosoftのワイヤレスマウス「Wireless Notebook Laser Mouse 6000」を使ってましたが、時代はBluetoothということでこちらに買い替えです(笑)

Pack_2 パッケージはこんな感じです。

いつもと同じようにSONY STYLEで購入したので、いつもの箱で届きました。 発注したときの到着予定日は20日だったのに、珍しく2日も早く届きました^^

開けづらいパッケージをバリバリと剥がし、中に入ってるものを取り出してみました。

Set_1 内容物はこれだけです。

マウス本体と検証用の電池です。 添付してる電池は使わない主義^^;なので、押し入れからマクセルの電池を持ってきて入れました。

電池は単三が2本です。

Ura 裏はこんな感じで、光学式マウスなのでそれらしい部分と、電池を入れる部分、電源スイッチにペアリングするためのボタンがあります。

大きそうに見えますが丁度いい大きさで、重量も電池が入る分若干重いですが、丁度いい感じです。

今付いてるMicrosoft「Wireless Notebook Laser Mouse 6000」のUSB無線受信部を外し、サイズを比較するとこんな感じです。

HikakuMicrosoftのマウスが小さいので大きく見えますが、真ん中のレシーバーのUSB端子と比較してみて下さい(笑)

ペアリングはスイッチを入れてPC側で新規接続を選んでボタンを押すだけです。 簡単にペアリングできて動くようになったら、不要になったIntelliPointを削除しました。 そうすると、ALPSのタグも一緒に消えてしまったので、ALPSのソフトを再度インストールしました。

最初にこんなの要らないと思って削除すると、VAIO type Uの本体についてるポイティングデバイスの設定ができなくなってしまったので焦ったのを思い出しました^^;

マウスの方は持ちやすく動きもいいです。 戻るボタンと横スクロールが無くなってしまいましたが特に支障はなさそうです^^;

今まで付けてて、メインの方と干渉してたと思われるUSB無線レシーバーを外せてすっきりしました^^ やっぱり時代はBluetoothですね(笑)

« 高音質と標準について | トップページ | 標準がある訳 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/11497992

この記事へのトラックバック一覧です: 「VGP-BMS30」到着:

« 高音質と標準について | トップページ | 標準がある訳 »