« PX-G900故障 | トップページ | 妹たちがやってきた »

2007年1月11日 (木)

ホストケーブルが付いてた

先日購入した、東芝の「gigabeat S30」ですが、添付品の中にあるケーブルが入っていました。

Usbcbl こちらがそのケーブルですが、miniAオス-TypeAメスのUSBケーブルになります。

gigabeatで使用する場合は、単なるTypeAのUSBケーブルを使用する際のTypeA-miniA変換ケーブルでしかないと思うんですが、この形状どっかで見たことがありますね・・・
そう、W-ZERO3[es]等で使う場合のUSBホストケーブルです。

ということで、試しにW-ZERO3[es]にこのケーブル経由でVAIO type Uの外付けキーボードとして使ってるELECOMの「TK-UP87MPBK」を接続してみました。

Kbd 認識に数秒程掛かり、その後ちゃんと動作してくれました。

試しにWordを起動して入力してみると、さすがに本体のキーボードで打つよりも速く入力でき、無変換キーや変換キーの機能に違いがあるものの、殆どPCと同じように入力でき、非常に便利に使えることが分かりました。

このケーブルを単体で買おうとすると大体1000円くらいするんですが、それがお買い得品のさらにおまけで付いてくるって嬉しいですね(笑)
他にも、W-ZERO3[es]gigabeat S30はACアダプターも共通でいけそうですし(※同じ形状で同じDC5Vですが、W-ZERO3[es]のACアダプターは1Aで、gigabeat S30は3Aです。)、出張や旅行に持っていく時に、いろいろと持ち物を減らせるのが有難いです。
でも、外付けキーボードを持ってて長文を打つ場合、W-ZERO3[es]は使わずにVAIO type Uを使う様な気がしますね(笑)

« PX-G900故障 | トップページ | 妹たちがやってきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/13430649

この記事へのトラックバック一覧です: ホストケーブルが付いてた:

« PX-G900故障 | トップページ | 妹たちがやってきた »