« ゴールド特典が届いた | トップページ | 例のもの使ってみた »

2008年12月20日 (土)

赤外線非接触式温度計

ここ最近、冬にしては暖かい日が続いてますが、幾ら日が照ってても中々バスは釣れません。
ということで、(意味わからんhappy02) こんな物を買ってしまいました。

ダイワの「赤外線非接触式温度計」です。

Ondokei1

パッケージには「釣りの必需品・・・釣り場の水温を即チェック」、「離れたところから、水温や固体の温度を測定!!」と書かれており、やっと必需品を手に入れたという感動で胸がいっぱいになりますconfident

という冗談はさておき、大きさはパッケージのイメージからすると小さな犬笛程度と思っていたんですが、それよりは少し大きかったです。

早速添付の電池を中に入れて試してみました。

測定方法は、キャップを外して先っぽの測定部を対象物に向けてボタンを1秒間押すだけです。
説明としては「※理論上、測定対象との距離はいくら遠くても測定可能ですが、誤差の少ない測定には対象物から10~200mm程度の距離が理想的です。」と書かれています。

いくら遠くても・・・ってなんか凄いcoldsweats02

キャップを外すとこんな感じになっており、ここから赤外線でどうにかするんだと思います。

Ondokei2

でも、なんでそれで温度が分かるんだろう?

・・・原理は分からないものの、とりあえず身近にあるものを計ってみましたcoldsweats01

私の手のひらは33.8度、子供の頭は31.8度、液晶モニタの表面は19.8度でした。

本当にそこそこ離れてても温度が計れる・・・なんか凄いcoldsweats02

明日は久しぶりにバス釣りに行けそうなので、早速これで水温を計ってみようと思います。
計ったからといって、何をどうするという訳ではありませんがhappy02

« ゴールド特典が届いた | トップページ | 例のもの使ってみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/43475910

この記事へのトラックバック一覧です: 赤外線非接触式温度計:

« ゴールド特典が届いた | トップページ | 例のもの使ってみた »