« ベアクロー補充 | トップページ | 本日のベアクロー »

2009年5月15日 (金)

KSC-SW01買ってみた

アトレーワゴン購入時から車載オーディオの低音の弱さが気になっていたものの、ここで紹介したKENWOODの「DPX-U70」の設定でBASSを強めにして調整していました。
でも、無理に低音を上げると全体のバランスが崩れるんですよね・・・

ということで、先日発売になったKENWOODのコンパクト・チューンアップサブウーファー「KSC-SW01」(メーカーサイト)を購入してみました。

Sw01_1

ヘッドユニットの「DPX-U70」(メーカーサイト)と、ディーラーオプションで変更したハイグレードの「KENWOOD 16cmドアスピーカー」スピーカー(たぶん「KFC-VS16」(メーカーサイト))もKENWOOD製なので、これでサブウーファーを含めた全てがKENWOOD製ということになりましたhappy02

上のパッケージを開けるとこんな感じになっていました。

Sw01_2

この上に、説明書や保証書、リモコンを貼り付ける両面テープが入った袋が乗っていましたが、それを取るとこんな感じになっています。

長すぎる接続ケーブルに、長すぎるリモコンのケーブルcoldsweats01
あとはスピーカーマウント用の金具やネジなんかが見えています。

早速取り付けに掛かりました。

Sw01_3

まずはヘッドユニットを外して結線する必要があるので、ヘッドユニットを外せるようにパネルを外していきます。

S321G/S331Gの場合、まずはメーター周りのパネルから外していきます。

こちらはパネル下に切込みがあるので、そこに適当な物を当ててカパっとすると簡単に外すことができます。

Sw01_4

メーター周りのパネルが外れると、そのすき間からセンター部分のパネルを外すことができ、こちらも数個のツメで留まってるだけなので簡単に外すことができました。

パネルが外れると、あとはヘッドユニット周りのネジを外して引き抜くだけです。

こちらのヘッドユニットも納車時にディーラーで取り付けてもらったんですが、配線も綺麗にしてくれてたので、今回の結線も楽に行えました。

ヘッドユニットからの音声信号は、フロントやリアのスピーカーケーブルから取ったり、RCA端子で接続したりします。
DPX-U70」にもRCA出力端子があるんですが、リア用のスピーカー出力がそのまま余ってたので、そちらに接続することにしました。

それ以外にはパワーコントロール端子を接続し、常時の電源とアースを取ってハーネスをウーファー本体に接続し、リモコンのモジュラー端子を同じく本体に接続するだけで結線は完了になります。

結線が終わったらヘッドユニットを元の場所に戻し、パネルも元通りに付けていきます。

Sw01_5

パネルは、外した手順と逆の手順でパチパチはめこんでいくだけなので簡単で、着脱時に傷が付くこともなく、神経質な私でも満足な仕上がりになりましたconfident

付属のリモコンは、ヘッドユニットの隣にマジックテープ付き両面テープで装着しました。

R-VIT i-ColorEVC5なんかも付いてるのでちょっとゴタゴタしちゃってますが、操作性を考えるとここが良さそうだったのでここにしましたconfident

ウーファー本体は、運転席と助手席の間の足元に設置しました。

Sw01_6

シート下とかに詰め込むのが良さそうなんですが、アトレーワゴンはシート下にエンジンが入っているので設置することができませんgawk

リヤシート下や荷室に設置することも考えたんですが、シートを畳んだり荷物を載せたりすることもあるので、やっぱりここしかありませんでしたcoldsweats01
でもコンパクトなのでそれほど違和感はありませんし、運転の邪魔になることもなさそうです。

ウーファー本体の裏面には、エーモンのカーペット上で滑らなくするテープを貼ってみました。
ウーファー自体も重いですし、テープも強力なので滑らないだけじゃなく、カーペットにマジックテープみたいに張り付くので、まず移動することもなさそうです。

接続ケーブルとリモコンのケーブルは相当長さが余りましたが、そこそこ綺麗に束ねてグローブボックス裏のストラットタワーの上に放り込みました。
見える部分にはコルゲートチューブを被せ、ケーブルの保護と、目立つ色のケーブルを目立たないようにもしました。

リモコン部分はブルーのリングイルミネーションになっているので、こんな感じに光ります。

Sw01_7

メーターも自光式ですし、他にも光るR-VIT i-ColorEVC5なんかも付いてるので、夜は昼間以上に賑やかになりますcoldsweats01

・・・ということで、取り付けも終わったので簡単に設定をしながら音楽を再生してみました。

今回装着したのがチューンアップサブウーファーということなので、ウーファーといえばコレと言わんばかりに、ZUNTATAの「ダライアス」の曲を再生してみましたhappy02

1面の曲では余り良さが分からなかったものの、キングフォッスルのテーマになった瞬間、懐かしい低音の響きを体感して感動してしまいましたnotes

サイズから想像する以上の低音が出ています。
ファッティグラトンのテーマも良いですし、BOSS7は元より、ダライアスIIや他のダライアスシリーズやニンジャウォーリアーズの曲も凄く良い感じになりましたlovely

そしてゲーム音楽以外の他のジャンルも聴きながら音質の調整をしてみると、「DPX-U70」のサウンド設定で低域が0、中域が+1、高域も+1にし、前後バランスを前+2にすると良い感じになりました。

前後バランスを変更したのは、「KSC-SW01」のリモコンボリュームの真上を基本にしたかったので、音声信号を取ってるリアへの出力を少し抑えた感じになります。

KSC-SW01」の設定は、カットオフ周波数を100Hzにして様子を見ていますが、こちらは適当なので後で変更していくかもしれませんcoldsweats01

ウーファー本体にもブルーイルミネーションがついてるので、こんな感じに光ります。

Sw01_8

でも夜だと目に入って邪魔になるので、奥の方に押し込んで直接視界に入らないようにすると良い感じになりましたcoldsweats01

これまで物足りなかった低音にも余裕ができ、全ての音楽が奥深いものになりました。

そして、暫くこの状態で聴いた後で、元の設定に戻してリアへの出力(ウーファーへの出力)をオフにして聴いてみると、よく今までこんなので我慢できていたなぁと思う程になっていましたcoldsweats02

取り付けも簡単ですし、このサイズでこの効果はある意味凄いと思います。
実売価格は案外安いですし、この値段でこの効果なら十分買う価値はあると思いました。

これで、車で音楽を聴くのがより一層楽しくなりましたhappy01

関連するエントリー
・DPX-U70の感想
 http://mru.txt-nifty.com/blog/2009/03/dpx-u70-b5e8.html

追加エントリー
・KSC-SW01の設定
 http://mru.txt-nifty.com/blog/2009/05/ksc-sw01-6152.html

« ベアクロー補充 | トップページ | 本日のベアクロー »

コメント

おはようございますhappy01

サブウーファーの仕様が、最大消費電流8.5Aと、電源ケーブルにも10Aのヒューズが付いていまので、その変換ケーブルの電源がどのくらいまでの容量がいけるかが問題です。
もし容量が足らなければそちらのブレーカーが切れたり、発熱、最悪火災になることもありますのでng、その辺だけは良く確認した方が良いかと思われますconfident

装着してセッティングがそこそこ決まると良い感じの音になりますので、頑張ってみてくださいhappy01

ご丁寧にありがとうございます。
ちなみに、カーオーディオを取り付けたとき、変換ケーブルを購入し、電源端子が2本に分かれていていました。
ここから電源を取っては、負担がかかりますかね??

こうさん、初めまして。

電源はバッテリー直接の方がいいのかもしれませんが、シートの下にバッテリーがあったりしてケーブルを抜くところが見当たらなかったので、ヒューズボックスの中に余ってた20Aから取りました。
アトレーワゴンだと、HTR-Cという表記があるところです。
ここは端子があるだけでヒューズ自体ついてなかったので調べてみたところ、常時になってたのでヒューズから電源を取れるケーブルを使って使用しました。
今の所問題ないです(笑)

突然すみません。質問なんですが、電源はどこから取りましたか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/45022760

この記事へのトラックバック一覧です: KSC-SW01買ってみた:

« ベアクロー補充 | トップページ | 本日のベアクロー »