« エヴァの食玩 | トップページ | やっぱり悔しい »

2009年7月27日 (月)

為になった一日

今日は土曜日出勤の振替でお休みだったので、早朝から近所の野池と久しぶりのリザーバーに行ってみましたhappy01


まずは、ここで紹介した虫系が良く効いた池に行ってみましたconfident

B0907271

薄暗い中から始めたものの、昨日までの雨とまだ降り続いている雨で激にごりbearing


この前同様、Bait Breath「BJ-BUG」2インチの#604 タマムシを使うと小バスは釣れるものの、親バスはどこにいるのかも検討付かず・・・

結局小バスを数匹釣って仕事帰りに良く行く池に移動しましたdash


そこではここで紹介したイマカツの「タライロン」を遠投して引いてみるものの、何の反応もなし・・・

訳あって昨日寝てない徹夜状態だったのでもう帰ろうかな・・・と思ったものの、ちょっとリザーバーの水位とアトレーワゴンのブレーキの調子を確認する為にリザーバーに行ってみることにしましたconfident


水位は国土交通省のサイトでちょくちょく確認しているものの、雨が降っても余り増えないのが続いて心配してたんですがeye

なんとか40%程になりましたconfident

B0907272

この前まで小川みたいな状態だった公園前も、こんな感じに回復していますwink


雨が続いたのでスロープ下の土の状態が心配ですが、なんとかカートップのボートだと下ろせそうな感じでしたconfident

ここまで水があると、バスが上がってきてるのを確認せずに帰る訳にはいきませんcoldsweats01


長靴に履き替え、いつも使ってるヒップバッグとこのタックル1本のみ持ってバスの確認に降りてみましたconfident

B0907273

タックルはシマノの「ファイナルディメンションTSベイト 172MHPF」と「アンタレスDC7LV」、ラインは東レの「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade」の16lbですshine


リザーバーということで、ある日の野池では良い感じだったシマノ「アンジュレイター70LC」を投げてみましたconfident

見えバスの横を通してみるも、ピクリともしません・・・


そして流れ込みの角にある高台の様になってる岩場に行ってみると、その下に回遊している大中小の結構大き目の見えバスを発見したので、それを狙ってみることにしましたshine


一応アンジュレイターを投げてみるも相変わらず無視だったので、前もこのリザーバーで良い感じだったdepsの「ベアクロー」に変えてみましたconfident

B0907274

ジグはdepsの「ハイパー フットボール ジグ」ですwink


スイミングでも良い感じに動きますし、底に置くとベアクローが立ってゆらゆらしますconfident

フックのシャンクも長いですし、キーパーのお陰でベアクローがずれることもありませんでしたconfident

この組み合わせはある意味最高かもgood


水質はクリアだったので気を使いながらベアクローを目の前でゆらゆらさせてみると、一番大きなバスが食ってくれましたfish


躊躇無くフッキング!

ガッチリ上あごを貫通しましたhappy02


ファイトは凄かったものの、タックルのお陰で簡単に寄せる事ができましたwink

B0907275

しかし釣ってる場所はこんな岩場の上・・・


確実に50アップのバスを抜き上げるには高すぎたのでラインを持ってそーっと上げてみようとしましたが、重すぎて手が痛かったのでやっぱりちょっと移動してランディングすることにしましたconfident

そしてラインから手を離してロッドに持ち替えた瞬間、上あごを貫通してたので簡単にはバレないと思ってたのに、簡単にバレてしまいましたcrying

ショックweep (バレたので上の写真を撮りました)


ラインはこの前のスピニングタックルの5lbの時と違って「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade」の16lbshine

無理してでも引っ張り上げれば良かったのに余計なこと考えるから・・・と思っても時既に遅しbearing


気持ちを切り替えて他のバスを狙おうとしたものの、ここまでやってバレてしまったバスはもう釣れません・・・そして一緒に泳いでた他の2匹も居なくなりましたgawk


悔しいので場所を移動する気にもならず、暫く岩の反対方向にキャストしながら30アップのバスを釣りつつ時間を置いてみると、大はさすがに見えないものの中小のバスが戻ってきましたfish


この頃になると風が出てきて水中があまり見えなくなりましたsweat02

それでも中小のバスが泳いで行った先にジグを放ってユラユラさせながら食え食えと念じていると、ゴンという明確なアタリが!


迷わずフッキング!

乗りましたhappy02


さっきのよりは小さいものの、引きが強くて楽しめましたconfident

そして今度はさっきの様に迷いはありませんconfident


さすがにロッドで抜くのは無理っぽかったのでラインを持って手繰り上げようとした瞬間・・・

ラインブレイクsad


いろいろ考えてみましたが、時既に遅しbearing

バスの歯か上げる時の岩場で擦れたのか、ラインの切れた部分周辺がギザギザになっていましたcoldsweats02

再度ショックweep


そして同じく悔しくて場所を移動する気になれなかったので暫く反対方向を狙っていると、口にジグを残して口をパクパクしている中と小が泳いでるのが見えるようになりましたfish

ごめんねdespair


暫く中と小を狙っていると、小が釣れましたconfident

B0907276

こちらも小さいながら、野池のバスとは違ういいファイトをしてくれましたwink


さっきみたいな事にならないようにラインテンションに気を使いながら岩場をゆっくり移動し、水面に手が届く場所でランディングしましたconfident

大も中も最初からこうしておけば良かったdespair


3匹の中では随分小さく見えてた小でも40アップでしたwink

B0907277

ありがとう!と言って帰ってもらい、まだ泳いでる中をなんとか釣ってジグを除けてやりたいと思ってがんばってみるものの、さすがにもう食ってくれませんthink

大が簡単にバレたように自然に外れてくれるか、誰かに釣られて外してもらえるといいんですが・・・


このタックルのラインは20lbに変えようと思いますconfident

そしてもう適当に無理な事はしないようにしようと思いますcoldsweats01


対岸から見た岩場ですeye

B0907278

結局どこへ移動するでもなく1日中その岩場の上で頑張ってましたが、一緒にいるバスが釣られて他のバスもどんどんスレていく中、そういうバスを釣る事の難しさを知ることができましたconfident

ルアーにしても、野池では良く釣れるドライブクロー等のテキサスやスワンプの房掛けでは、反対側に投げてた時には釣れたもののスレていく中小のバスは食わず、結局大中小はどれもベアクローにのみ口を使った事になりますeye


場所を変えればもっと良い釣果だったのかもしれませんが、悔しくなるとそこに居座ってしまうんですよね・・・パチンコやスロットでもダメ台でずっと打ち続けて酷い目にあう性格なのも良く分かりますthink


・・・ということで、今日はバスを傷めてしまったり言い訳の多い1日でしたが、いろいろ為になった1日でもありましたcoldsweats01

今日の事を無駄にせず、頑張りたいと思いますbud

« エヴァの食玩 | トップページ | やっぱり悔しい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/45758972

この記事へのトラックバック一覧です: 為になった一日:

« エヴァの食玩 | トップページ | やっぱり悔しい »