« ムシ系最高! | トップページ | 電話線真っ二つ »

2009年7月14日 (火)

アトレーワゴンの吸気温度

最近めっきり暑くなってきました。
車に乗るときにもエアコンは欠かせませんが、やっぱり黒い車には夏は厳しいですね。
暫く直射日光の下に置いておくと、ボディが触れないくらい熱くなっていましたcoldsweats02

そして熱いのがもう一つ・・・

ここで紹介した車のいろんな情報を知ることができるBLITZの「R-VIT i-Color FLASH Ver. 3.1」を装着していますが、そこで吸気温度を確認すると、なんと走行中でも55度を越えていますcoldsweats02

Rvmon

ちなみにこの写真は装着時(4月)のものです。

エンジンルームがシートの下と、普通の車の様にボンネット内にエンジンがあるよりもフレッシュエアーが入りづらいのはわかりますが、これはちょっと酷いですね・・・

純正のエアクリーナーボックスでは、前の方からインテークパイプでエアーを引っ張ってきています。

それを外して、ここで紹介したテクニカの「PowerMax GT」に交換しているのが一番の原因かもしれません。

Sqvr4

エンジンルームがシート下にあっても下側は開いているのと、強制吸気ではないにしろ純正エアクリーナーボックスに繋がってたインテークパイプが直ぐ下にあるのでそこから少しでもフレッシュエアーが入ってきてくれれば・・・と思ってたんですが甘かったようですbearing

一応インタークーラーも付いているものの、走行中の吸気温度が50度超では圧縮効率も悪いでしょうねcoldsweats01

でもこのエアクリーナーのお陰で、リターンしているブローオフバルブの音や、アクセルワークによってはバックタービン音を出すことができます。
いい年をしたおっさんがそんなことに拘ってるのも微妙ですがgawk、これからもっと暑くなる事を考えると純正に戻すことも考えないといけなさそうですthink

« ムシ系最高! | トップページ | 電話線真っ二つ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/45629322

この記事へのトラックバック一覧です: アトレーワゴンの吸気温度:

« ムシ系最高! | トップページ | 電話線真っ二つ »