« ルアーアイのコートとか | トップページ | スピニングにも巻いてみた »

2009年8月23日 (日)

釣り大会と初PE

今日はヤマト屋さん主催のバス釣り大会がありました。


どこへ行こうか悩んだ結果、釣果は期待できないものの長い間行ってない隣の市のI池に会社の同僚と一緒に行くことにしました。

釣果は予想より良かったものの、順位はやっぱり微妙でしたcoldsweats01


話は変わって先日購入したPEライン、シマノ「パワープロ」ですが、ベイトリールにも巻いてみたかったので、大会が終わったヤマト屋さんに巻き替えてもらったので使ってみました。

ラインはシマノ「Power Pro」(メーカーサイトはこちら)の3号、カラーはホワイトです。

Pe_1

3号150mを購入してシマノ「アンタレスDC7LV」に巻いてもらうと、結構残りました。

でも100m巻きでは足りなさそうですthink


初めてのPEですが、なんかPEを使い出すと上級者になったような気がして嬉しいですねhappy02

Pe_2

結束が他のPEより強いということなのでリーダーは無しです。

ノットはメーカーサイトでも十分な結束強度を発揮すると書かれてるユニノットでそのままスナップに結んで使ってみました。


ルアーはシマノ「アンジュレーター」のフルタングステンモデルです。

言い方は悪いですが、キャスト切れして飛んで行ってもまぁいいかcatfaceと思えるルアーを選択しましたcoldsweats01


これで、ロッド、リール、ライン、ルアーと全てシマノになりましたgood

PEライン自体初めてなので、最初はブレーキを強め(A-MAX)にして投げました。

ガイドに擦れる音がしながら飛んでいきました。


1投目でキャスト切れしたらどうしようと思ってた心配はなくなりましたcoldsweats01

そして直ぐに沈んでしまうフロロの20lbとは違い、綺麗に水に浮いています。


段々とブレーキを弱くして試してみると、これまで巻いていたフロロ20lbより飛ぶのが分かりました。

そしてラインは浮くことが少なく、バックラッシュもフロロよりしにくいのも分かりました。


これはいいかも・・・と思ったとたんに根掛かりgawk

ラインの強度や結束強度を試す時がやってきましたhappy01


しかし3号とはいえ、アベレージ強度は36.3lbcoldsweats01

これまで同様腕にタオルを巻いてグルグル巻いて引っ張ったところ、腕にラインが食い込んで痛かったので腰に巻いて引っ張ってみました。

フックの伸びたアンジュレーターが戻ってきました・・・凄いかもcoldsweats02


その後、ルアーを付け替えたりしたもののスナップは一度も結び直すこと無く使い続けましたが、特に問題無さそうでした。

ただ、バスは1匹も釣れませんdespair

まぁ今回はラインテストなのでcoldsweats01


キャストが楽しいのでどんどんブレーキを弱くしながら試してみると、フロロ20lbでは無理っぽかったLモードの中盤まで使えてビックリしました。


他の方に見せつけるように見よ!この飛距離!(釣れないけどね)と言わんばかりに分不相応のL2でフルキャストした途端、バチンという音とともにバックラ切れしてアンジュレーターとラインだけはもの凄く飛んでいきました・・・

恥ずかしいのでそそくさと帰りましたsad

PEはバックラッシュすると大変ですねthink


いろいろと試してみた結果、無理しなければバックラッシュもしにくいので普通に使えると思います。

根擦れの強度が確認できなかったのと使い続けた際の劣化が心配ですが、ユニノットでも十分な強度があるのでラインの見切りや合わせ切れに注意すれば十分使えるのが分かりました。

ただバックラッシュするとその場での修復はフロロの数倍厳しいので、その点だけが心配ですねthink


もう暫く使ってみたら、また感想でも書きたいと思います。

ただPE初心者なので、他のPEと比べてどうだとかいうのは分かりませんcatface

« ルアーアイのコートとか | トップページ | スピニングにも巻いてみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/46014084

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り大会と初PE:

« ルアーアイのコートとか | トップページ | スピニングにも巻いてみた »