« メール環境の移行 | トップページ | バイオ5ベンチもやってみた »

2009年11月 8日 (日)

ストIVベンチやってみた

先日購入したしたDELL「Studio XPS 9000」の設定も大体終わり、ちょっとベンチでもしてみようと思いました。

そこで試してみたのは、Impress Watch Videoの「高橋敏也のパーツパラダイス」を見てると時々出てくるストリートファイターIV ベンチマークソフトです。
(インプレスの紹介サイトはこちら

デフォルト設定で走らせてみた結果はこちら

Sf5bdef

なんか、スコアもアベレージも構成の違う高橋さんのPC(Core i7 860+GTX 285)と全く同じですね・・・
こういうもんなのかな?

試しに解像度をWUXGAにしてセッティングもすべて最高にし、ポスターカラーで試してみてもゲーム画面では平均50fps以上は出ているようです。
それにしても綺麗ですねconfident

これならFF14もなんとか動くかな?

追記

画面のプロパティにて、メインモニタのリフレッシュレートが60Hzにならずに59Hzになってしまうというエントリーを書きましたが、その後カスタム解像度を作成すると60Hzに設定することができました。

そして上の画像では59Hzになっているので、60Hzにして再度走らせてみると、微妙ではありますが数値が上昇しましたhappy01

Sf6bdef

やっぱり中途半端な59Hzよりは60Hzの方がいいですねcatface

« メール環境の移行 | トップページ | バイオ5ベンチもやってみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/46704919

この記事へのトラックバック一覧です: ストIVベンチやってみた:

« メール環境の移行 | トップページ | バイオ5ベンチもやってみた »