« FD TS-1610LF到着 | トップページ | 今朝のあの池 »

2009年12月 4日 (金)

ライン巻き替えてみた

先日購入したシマノ「アルデバランMg」にラインを巻いたばかりですが、訳あって巻き替えることにしました。

先日巻いたラインは東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade」の12lbでしたが、今回は東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade」の12lbにしました。

・・・はい、同じですgawk

とりあえずラインを抜きます。

T0912041

押し入れにラインの新品在庫ありました。

T0912042

巻きます。

T0912043

先日はいろいろ分かった風なことを書いて50m位しか巻きませんでしたが、今回はスプールいっぱいに巻きました。

ツカケンさんがアルデバランMg7にギア比6.2のメタマグと巻き感を合せるようにラインを少しだけ巻いて使っているのをマネして、「Newカルカッタコンクエスト 201DC」に巻き感を合せようとカルコンDCのギヤ比5.0と「ALDEBARAN Mg」のギヤ比5.8を考慮して少なめに巻いたわけですが、両リールのギヤ比は違うものの、スプール径も違うわけです・・・

ヤマト屋さんでシマノのカタログを見ていると、ハンドル1回転での最大巻き上げ長はどちらのリールも全く同じ58cmだったのに気付いたのでcoldsweats02その日に慌てて巻き替えたというわけですcoldsweats01

ちょっと考えれば分かりそうなことですけど、610クランキンシリーズをコンプリートできると思って舞い上がっていたんでしょうねcatface

とりあえずラインの巻いたものを昨日届いた「FD TS-1610LF」に乗せてみました。

T0912044

かっこ良すぎますhappy02

少し角度を変えても・・・

T0912045

かっこ良すぎますhappy02

あえてパーミング側からの画像は貼りません。
反対側からの見た目が微妙なのは分かってますのでhappy02

ついでに、先日の釣り大会の時にラインは出るのにドラグの音がしないことに違和感を覚えたリールのラインも巻き替えました。

原因は、ドラグが効くより先にスプール内でラインの塊自体が回転してしまっていたからでしたcatface

T0912046

今回のフェネスクランキンタックルを買う為に手放すことになったDAIWA STEEZのベイトタックルですが、STEEZシリーズで唯一残ったスピニングタックルの「STEEZ KINGBOLT STZ 681MLFS-SV」と「EXIST STEEZ CUSTOM 2506」です。

こちらも巻き替える前と同じPEラインのシマノ「Power Pro」の1号(19.0lb)のホワイトを巻き、リーダーとして50m程余ってしまった東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade」の12lbを付けました。

バス用スピニングタックルなのに、ライン強すぎhappy02

ロッドが強めなのでカバーのあるところでも使ったりするので、きつめのドラグで耐えられるラインにしてます。

ラインブレイクは許されませんdash

さぁ、この2タックルを持って、週末時間があれば近所の野池にでも行ってみようと思いますhappy01

関連するエントリー
・ALDEBARAN Mg
http://mru.txt-nifty.com/blog/2009/12/aldebaran-mg.html
・FD TS-1610LF到着
http://mru.txt-nifty.com/blog/2009/12/fd-ts-1610lf-cf.html

« FD TS-1610LF到着 | トップページ | 今朝のあの池 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/46940966

この記事へのトラックバック一覧です: ライン巻き替えてみた:

« FD TS-1610LF到着 | トップページ | 今朝のあの池 »