« アトレーワゴンの12か月点検 | トップページ | ポルコンのシフター加工 »

2010年1月16日 (土)

今日こそ初バス

先日の初釣りでは今年の初バスをキャッチすることが出来なかったので、今日も初バスを求めて近所の野池回りをしてきました

最初に行ったのは、先日良く釣れたとよしさんが教えてくれた池です。

B1001161

天気はいいものの北風は非常に冷たく、釣れそうな、釣れなさそうな、微妙な感じでした。

さっそくいつもの野池スペシャルタックルのシマノ「ファイナルディメンション TS-168M」+「アンタレスDC7LV」でバイブやディープクランクを引きながら池を2周してみたものの、何事も起きません

先日買って、仕事に釣りにと離せなくなってしまったトップバリュー「ヒートファクト」を着ているので上下は温かいものの、やっぱり真冬に素手でアンタレスDCはとてもちべたいです

B1001162

それでも巻き続けますが、やはり何事も起きません

暫くして、この前行った池の様子が気になったのでそちらに移動することにしました。

すると・・・

B1001163

この前設置されてた排水ポンプで水を抜いた後に水門の排水口周りを掘って水を抜いたのか、単なる水たまりみたいになっていました

それでも生命感がありありだったので数投バイブを投げてみたものの、水深2,30cm位しかなく、釣ってるというよりも引っ掛けてるみたいだったので、ヘラブナらしき魚でも傷付けてはいけないと思ってやめました

この寒さだと、もしバスが居たとしてももうダメでしょう
ヘラブナでも早く水をいれてやらないと・・・

そんな事を思いながら、アトレーワゴンの12か月点検に向かいました。

そして点検の後にヤマト屋さんに行き、今年に入ってまだ1匹もバスが釣れないのは、ハンドルノブがノーマルだからだ!と意味不明な事を思ったので、丁度在庫の合った夢屋のステラ用EVAのものに交換してもらいました。

B1001164

ベイト用のショートタイプではなくスピニング用の1個づつのやつを2個付けたので、ちょっと大きめだったりします

アンタレスDC7LV」のノーマルノブに比べると握りづらくて滑りやすそうですが、ノーマルノブは握りやすい分軽く握って巻いてしまいがちなので、巻物を引いてる時にバイトがあってノブにテンションが掛った瞬間に指が滑ってしまうことが多々あったので、ある意味こっちの方がいいのかもしれません

これでようやく、初バスが釣れそうですね。

次こそは釣ります

« アトレーワゴンの12か月点検 | トップページ | ポルコンのシフター加工 »

コメント

よしさん、こんばんは。

せっかく教えていただいたのに、今日は残念ながら釣れませんでした。
また頑張ってみます!

だめでしたか?
おかしいなぁー今日はバス休みだったんかなぁ^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日こそ初バス:

« アトレーワゴンの12か月点検 | トップページ | ポルコンのシフター加工 »