« ロッドホルダーダンパー | トップページ | いいお父さん »

2010年4月25日 (日)

カルコン101DCの感想

このエントリーで紹介したシマノ「Newカルカッタコンクエスト 101DC」ですが、昨日初使用してきたので感想でも書きたいと思います。


昨日行ったのもいつもの余り釣れない池ですsweat02

とりあえずはキャストやリーリングをじっくり味わいたかったので、あえて釣れて欲しくなかったからこの池を選択しましたdash

Cc101_tst_1

タックルはシマノ「ファイナルディメンション TS-1610MLF」+「Newカルカッタコンクエスト 101DC」、ラインは東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade」の14lbです。

これに最初は重めのKTW「B7」(1/2oz)を付けてみました。


とりあえずブレーキ設定は、他のDCと同じくメカはスプールが横にぶれない程度のユルユルにし、DCはFのMaxにしました。

この状態で初投げしてみると、やはり明らかなオーバーブレーキですcatface


そのままキャストを続けていると、「Newカルカッタコンクエスト 201DC」では気にならなかった症状が気になりました。


それはDC特有のキーンという音が一定ではなく、大げさに言うとキ、キー、キーンと言う感じになるのですsweat01

スプール径が小さいので重めのルアーを投げるとキャスト直後にスプールが回転し過ぎ、それを抑えるためにブレーキを掛けるもののブレーキが強すぎ、その後ブレーキを緩めるとまた回転し過ぎて、それを抑えるために・・・という感じになってるんだと思います。

実際の所は知りませんがsweat02


ただDCの設定を弱くしていくとこの症状もなくなり、普通のキーンという音になります。

もしかしたら「Newカルカッタコンクエスト 201DC」でも同じようになるのかもしれませんが、普通、オーバーブレーキと分かっていてそのままの状態で投げ続けないですからねsweat02


その後もキャストを続けますが、Fの5位で十分飛ぶようになってきましたdash

でもルアー重量が合ってないのか、音自体はそれほど変化がないものの初速が高すぎるとオーバーブレーキ気味になります。

これはフルキャストすると良く感じますが、チョイ投げでは感じず良く飛んでくれます。


試しにキャストの瞬間にサミングして初速を落としてみると、サミングしない時より飛んだりもしましたsweat01


普通に考えるともっとDC設定を緩くすればいいんじゃ?と思いますが、この状態から1クリック落とすと気を抜くとバックラッシュするようになりますsweat02

アンタレスDC程ではありませんが、シビアな面も持ち合わせてますcatface


じゃあ少し軽いルアーにしてみようconfidentと言うことで、KTW「スナブノーズ M5」(3/8oz)に替えてみました。


この微妙な重量の差で、キャスト直後のオーバーブレーキ感は随分なくなりました。

しかもこっちの方が軽いのに気持ち良く飛んでいきますdash


ここで「Newカルカッタコンクエスト 101DC」のSPモードが気になったので試してみることにしましたhappy01

このSPモードは軽めのルアー用DC基本設定で、推奨3g~5gのルアーをキャストするためのモードになります。

Cc101_tst_2

ルアーは同じくKTW「スナブノーズ M5」(3/8oz)です。

3~5gの範囲内にありません・・・


この状態でSPに替えてダイヤルをMaxにしてみると、やはりオーバーブレーキでした。

そして設定をどんどん弱くしていきますが、いつまでたってもオーバーブレーキですsweat02


軽いルアーが投げられるということは小さいスプール径も大事ですが、シビアなブレーキ設定も大事になります。

なので軽いルアーが投げられるようにブレーキ設定が弱いだけではなく、軽いルアーでもバックラッシュしないようにシビアで、ある意味強めのブレーキ設定になってるんだと思います。

実際の所は知りませんがsweat02


SPモードで3/8ozだと、ブレーキMinでもオーバーブレーキ感がありました。

このタックルで5g以下のルアーを投げることはほとんど無い様な気がしますが、KTW「ロデオドライブ Type-C」(5/16oz)が気持ち良く飛べばいいなぁと思って付け替えようと思ったら持ってくるのを忘れてるのが判明weep

(その後行ったヤマト屋さんの駐車場でタックルボックスを漁ってると、やっぱり持って行ってたのが判明gawk

こちらはまた今度試そうと思い、ブレーキMinのままSPからFに戻して投げてみると・・・


こうなりましたchick

Cc101_tst_3

同じ池に居た他の人に悟られないようにこっそり直しますsweat02


リーリングの方は、ここで交換したコルクノブの握り心地も良くて最高ですlovely

ロッドとのバランスも最高で、ショートハンドルでも巻きが軽く、そのハンドルのおかげで手首だけで気持ち良く巻けるのもいい感じですgood


と言った感じで釣りじゃなく検証のみをやってると、K君が来たのでここで初めて釣りをすることにしましたsweat01


使ったのはこちら・・・

Cc101_tst_4

deps「デスアダー 8"バブルガムピンクのノーシンカーhappy02


その後いろんなルアーを使ってみても釣れる気配が無く、対岸でヤングがバスを釣ったのを見てしまったので逃げるようにその場を後にしましたdash


さようならchick

« ロッドホルダーダンパー | トップページ | いいお父さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/48175324

この記事へのトラックバック一覧です: カルコン101DCの感想:

« ロッドホルダーダンパー | トップページ | いいお父さん »