« パンク修理 | トップページ | ドラクロ新色 »

2010年7月17日 (土)

今度は後ろ

今日も仕事を頑張っていると、「またパンクした」とメールが入りましたthink

昨日もパンクして修理したところなのに、2日連続してのパンクになりますgawk

修理といってもチューブ毎交換していつものやり方で丁寧にセットしたので、ビード噛みとかも考えられませんし、なんで?としか思いませんでした。

今日は久しぶりに残業もせずにヤマト屋さんに寄り、その後、定例TOT集会という名の焼鳥食べて明日早く出ないといけないよしさん宅に上がり込んで深夜まで釣りビジョンを見て帰るという行事を済ませ、明日の朝修理しようかと思ってたんですが、明日の朝は久しぶりのエギングという名のただシャクるのが楽しいだけなので行ってる行事に行こうと思ってるので、今晩の内に修理を済ませることにしました。

昨日修理したフロントとは違い、昨日リアは大変だと書いた方のタイヤがパンクしていましたsweat02

とりあえず深夜に納屋の中に自転車を持ち込み、こんな感じにして作業します。

Ps1007161

前回リアがパンクした時はこの状態で無理やり片方だけ空かせてそこからチューブを抜きとり、これまた新しいチューブを無理やり入れこんで修理したんですが、今回は面倒でもタイヤ毎外してから交換することにしました。

チューブは昨日と同じく、パナソニックの良くあるチューブになります。

Ps1007162

フレームからホイールを抜き取ってタイヤの隙間からチューブを抜こうとすると、今回もまたパンクしてもなおそのまま乗って帰ったと思われる形跡が見られましたsweat02

それでもそのチューブを広げてパンクの箇所を確認してみると、エアを入れると一か所から勢いよく空気が抜けていきましたgawk

昨日の今日なので、ひょっとして悪質ないたずらでは・・・と思って、バルブの位置を合わせてパンクしている部分のタイヤを確認してみましたが、特にタイヤにキズとかは見当たりませんでした。

勝手にパンクするとも思えませんし、昨日結構圧を高めにしたので、リム打ちとも考えられません。

一つ考えられるのは、前回は上で書いた様にフレームにホイールを付けたままで無理にチューブを押し込んで修理したので、その時にチューブがタイヤ内で綺麗になってなかったり、一部がビードに噛んでたりして、昨日エアを高めにしたことの影響かなにかでパンクしてしまったのかもしれません。

今回はフレームからホイールを外し、タイヤも外してリムの状態、中のゴムの状態、タイヤの状態を確認しました。

Ps1007163

ちなみに今回の写真もiPhone 4で撮影したんですが、iPhone 4になってから付いた撮影用LEDが反射しまくってますsweat02

確認してると、タイヤの中からリムが削れて出来たと思われる小さなアルミの切り子みたいなのがポロっとでてきましたが、それが今回のパンクの原因かどうかは分かりません。

とりあえずリムやタイヤの中を綺麗にしたあと、新品のチューブをセットしてタイヤを組んでいきます。

タイヤを入れる時にはチューブに空気を入れてビード噛みしにくい様にし、タイヤをセットした後もビードを指で押して全周チューブを噛んでないか確認しました。

その後、ビードを綺麗に入れるためにトントコトントコしながらエアを入れていき、完璧な状態になっているのを確認します。

Ps1007164

あとは元通りにフレームにホイールをセットし、スタンドやら内装3段やらブレーキやらベルトやらを元に戻していきます。

タイヤのセンタリングやベルトの張りも確認し、ブレーキ、シフトチェンジの調子なんかも確認して修理は完了です。

やっぱりフロントに比べて、随分面倒ですsweat01

でもこれで前後共完璧な状態になったので、明日早朝の部活の朝練にもいつもと同様自転車で行く事ができますし、私も落ち着いてシャクれるというものですconfident

ただ、段差で一回転倒したこともある様なので、段差があってもそのまま通過してるのかもしれませんね。

今度は段差に応じた荷重と抜重を伝授し、それが理解できたらバニーホップでも教えていこうと思いますhappy02

« パンク修理 | トップページ | ドラクロ新色 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/48895183

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は後ろ:

« パンク修理 | トップページ | ドラクロ新色 »