« 今日も早起き | トップページ | 7777 »

2010年11月23日 (火)

11時間ちょっとの楽しみ

今朝、このエントリーを書いた後、地元河川に行ってきました

本当は潮流時間になる朝7時過ぎに行く予定でしたが、干潮付近の地形を見たいと思い、真っ暗の中出掛ける事にしました

準備は万端です

Sw101123b1

現地に着くも、真っ暗

Sw101123b2

うっすら明るくなってきました

Sw101123b3

しかし風が強過ぎます

レインを着て長靴を履き、潮が引いてる川底に降りてみました。

今日の1投目は、ゴリアテを使ってみました

Sw101123b4

・・・何事も無く、さらに明るくなってきました

Sw101123b5

風が収まる気配はありません

Sw101123b6

それでもキャストを続けていると、突然ゴッっというアタリがあって、本日初のシーバスが釣れました

Sw101123b7

ルアーは先日のランカーが釣れちゃった時と同じ、シマノ「エクスセンス サイレントアサシン」の01T ハデイワシです。

このルアー、釣れます

この前釣れたのより明らかに大きいの以外は、計測すらせず返します

その後も黙々とキャストを続けていると、I君が来ました。

そしてI君が隣で見守る中サイレントアサシンを投げていると、近くまで来たルアーをシーバスが二人の目の前でひったくっていきました

泉さん風にヒットーと言うつもりが村田さん風のフィーッシュになってしまいましたが、今日はそこそこちゃんと設定してるドラグが凄い勢いで出ていきます

バイトシーンはちらっとしか見えなかったものの、この引きからすると結構デカイ

なんとかやり取りするものの、相変わらずドラグはジージー出ていきます

ここでI君にレバー使ってみましょうかと余計な事を言ってレバーをおもむろに引いてみると、レバーを引き切ってないのでローターがルルルっと逆回転

あっっと思ってレバーを急いで握ってリールを巻いてみましたが・・・

既にシーバスさんはおられませんでした

余計な事するんじゃなかった

暫くするとI君は洗車に行き、私はその後もキャストを続けます。

なんか二隻の船が寄って来たと思ったら、巨大なタンカーの離岸を手伝っていました。

Sw101123b8

大きい

お昼のチャイムが鳴ったので一旦車に戻ってきておにぎりを食べ、迎えた満潮にもキャストを続けます

Sw101123b9

水面が穏やかだったので、T.D.ソルトペンシルをちょこちょこしてみました

Sw101123ba

・・・何事も無いまま時間だけが過ぎ、暫くすると同僚H君が来ました。

一緒にキャストを楽しみ、H君が帰って暫くすると暗くなってきたので、私も帰ることにしました

結局、朝の6時位から夕方5時半過ぎまでの11時間半程頑張りましたが、結局釣れたのは朝の1匹だけでした

でも、同じ場所で一潮やり通して分かった事も何点かあります

まずは地形

潮位によって変わるベイト

上げと下げでは同じ潮位でも大違い

私の居る場所に入りたいのか、ちょくちょく見に来る車

そして、あのオッサンまだ居る・・・と思って帰ってると思われる車

・・・とかとか

でもいろいろ為になりましたし、何より楽しかったです

本日使ったルアーです。

Sw101123bb

使ったルアーは使ったルアー用ボックスに入れ、まとめて洗って乾燥します

タックルもその日のうちに綺麗にし、あの川特有のアレでガイドがカピカピになるのを防ぎます

今日は簡単に釣れると思ってた場所に入ってみましたが、やっぱり簡単には釣れないですね

でも、そこがまたいいです

キャストしてる時のワクワク感、掛けてやり取りしてる時のドキドキ感、取り込みするまでのハラハラ感・・・と、すべてひっくるめていろんな感動があります

今回は余計な事をしてバラしてしまったやってしまった感も味わいましたが、こういう経験の積み重ねで上手くなっていくんだと実感しました

楽しいです

凄く楽しいです

明日も会社を休んで12時間位同じ場所で釣りしてたいくらいです

また頑張ります

そうそう・・・バスもまた今度行くよ

« 今日も早起き | トップページ | 7777 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11時間ちょっとの楽しみ:

« 今日も早起き | トップページ | 7777 »