« エギングダービー 2011 | トップページ | 今日の午後から »

2011年5月 3日 (火)

ダイワロッドのガイド

先日購入したダイワのロッド、モアザン ブランジーノ 13M 【ROCK DANCE CUSTOM】ですが、家に持って帰ってニマニマしながらパシャパシャしてた時、ある事に気付きました。


それは、ガイドがモコモコしてるということです。


複数のガイドのリングがモコモコしており、やっぱり良いロッドのガイドはこんな風になってるんだなぁ・・・と思ったものの、ガイドはAGSとかでも無く普通のFUJI製catface

しかし、ダイワの高級ロッドに採用されているFUJIのガイドは、リングがモコモコしているのが普通だと思い込んでいたのですcatface


その訳は・・・


ダイワのエギングロッド、エメラルダス ソルティスト エクストリーム STX-EG 1102H-SVのリングも同じようにモコモコしていたからですcoldsweats01


しかし、今になってやっとおかしいのに気付いて確認してみるとeye


明らかにエポキシのタレでしたsweat02

Mbguide_1

写真では分かりにくいものの、触るとモコモコしてたり、ちょっと引っかかりがあったりします。


これではライン抜けが悪かったり、引っ掛かりがある場所でラインが傷んだりする事もありそうgawk

Mbguide_2

思えばエギングの時にも意味不明な高切れがあったことがありました。


そう思ってエギングロッドのガイドを確認してみると・・・

Mbguide_3

あの時相当モコモコだと感じていたガイドがツルツルになっていましたshine

数百杯の巨アオリとの壮絶なやり取り・・・ごめんなさい嘘です・・・通常使用によって剥がれて綺麗になったんだと思いますcatface


爪でコジコジしたくらいでは剥がれない程綺麗に垂れているので、暖めながら剥がしてみようと思います。


ただこれ、どちらも有名釣り具メーカーのハイエンドロッドなんですよね・・・

しかも日本製eye


使用に問題は無いのかもしれませんが、検査基準とかには含まれてないんでしょうか?


むしろ、ガイドにエポキシが垂れてる方が高級ロッドを手にした感があって良い!って考えた方がいいのかもしれませんねsweat02

または、買ってきたばかりのロッドのガイドに垂れてるエポキシを剥ぎ取る事により、そのロッドに愛着が湧きロッドとの一体感が生まれる!って考えもいいかもしれませんcatface


気になってネットで検索してみると、同じような報告が多数ありました・・・


なんだ、これが普通なのか( ´艸`)

心配して損したヽ(´▽`)/


│ω・`)チラッ


ちなみに、溶剤は使いたくなかったのでそこそこ温めてカッターでシャコシャコすると、綺麗に剥がれましたshine

SICは硬いので大丈夫といっても、気を使うので数が多いと大変ですsweat02

« エギングダービー 2011 | トップページ | 今日の午後から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/51565704

この記事へのトラックバック一覧です: ダイワロッドのガイド:

« エギングダービー 2011 | トップページ | 今日の午後から »