« 御自愛ください | トップページ | バス大好き »

2011年6月21日 (火)

ブースト安定した

昨日、突如起こったオーバーシュートしまくりの症状を改善すべく、昨日はビールを飲んでだるくなったので今日に伸ばしちゃったもののやっぱり気になったので、本日早朝、パイプ間のエアフィルターを交換してみましたcatface

随分前に購入して押し入れの肥やしになってたHKSのエアフィルターを1セット取り出しますconfident

Car110621_1

4mm6mmのエアフィルターです。

裏返すとこんな感じeye

Car110621_2

当たり前ですが、綺麗ですshine

そして、取り外したエアフィルターがこちらeye

Car110621_3

新品と比べると汚れているのは一目瞭然ですが、試しに口で吹いてみてもそれ程詰まっている感じはありませんでした・・・

もしかしてエアフィルターが原因ではないんじゃ(((゚Д゚)))ガタガタ

・・・と思いつつ交換していきます。

Car110621_4

エアクリーナーのフィルターは邪魔だったので外しています。

そしてエアフィルターの交換も終わり、エアクリーナーのフィルターも戻して作業は完了です。

Car110621_5

それにしても、この頃から比べるとエンジンルームも汚くなりましたねsweat02

こちらは、ちゃんと動いてくれないと困っちゃうアクチュエーターさんですeye

Car110621_6

とりあえずパイピングに問題も無く、抵抗になってたと思われるエアフィルターも交換しました。

これで直らないと、高く付きそうなEVC5のバルブユニットかアクチュエーターの不良という事になりますヾ(.;.;゚Д゚)ノ

早速、EVC5の電源を切ったままの状態で走ってみました。

これだと吸気側とアクチュエーターが直に繋がっている状態と同じなので、アクチュエーターの強さまでブーストが上がってそこで終わりという感じになるはずです・・・

近所の登り坂付近でいろんな状況で試してみた結果がこちらeye

Car110621_7

ピークホールド値 50shine

ノーマルブーストはもう少し低いはずですが、オーバーシュートを考えても正しい値になっているのが確認できました。

昨日はこの時点で125とかまで跳ね上がってましたからねsweat02

ノーマルブーストが正常なのを確認できたので、ここでEVC5の電源を入れて確認してみることにしました。

アトレーワゴンのタービンは物凄く小さく低回転から回るので、回転数や速度を上げなくても負荷だけ掛けてやれば簡単にフルブースト状態になりますcatface

そして出た結果がこちらeye

Car110621_8

モードAはスロットル開度や回転数にまったり追従し、スロットル全開付近や高回転ではマージン取りまくりの82の設定eye

ピークホールド値は若干オーバーシュートしちゃっているものの、走行中は設定どおりの82付近で安定していましたconfident

完璧shine

ダイアグノーシスメーターのBLITZ「R-Vit i-Color FLASH Ver.3.1」を見ても、ほぼ同じ値になっています。

Car110621_9

続いてアクセル開度や回転数にシビアに追従する設定にしているモードBでも試してみましたが、こちらもブーストの立ち上がりや安定感が、今回の症状が出る前よりも良くなったと感じましたconfident

パーフェクトshine

思えば、初期のセッティング時は結構時間を掛けていろんな事をしながら設定したはずなのに、この前の仕事帰りにコーナーの立ち上がりで踏み込んでみたところ、オーバーシュートしてECUのリミッターが働いたのは今回の症状の前兆だったのかもしれませんねsweat01

とりあえずエアフィルターの交換だけで直ったので良かったです。

押し入れにはあと1セット在庫がありますが、今回の事で1年毎に交換しようと思ったので、またポチポチッと補充しましたcatface

そんなに高いものでもありませんし、消耗品なので仕方ありません。

備えあれば憂いなしgood

« 御自愛ください | トップページ | バス大好き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/52003465

この記事へのトラックバック一覧です: ブースト安定した:

« 御自愛ください | トップページ | バス大好き »