« カムバック・・・! | トップページ | 言い訳が続きます »

2011年8月13日 (土)

カルコンDCも交換してみた

今朝のシマノ「アルデバラン Mg」へのヘッジホッグ スタジオシマノ系 かっ飛びチューニングキット【1030ZZ&1030ZZ】」の組み込みに続き、余りにも暇なのでクランキン用に使っているシマノ「カルカッタコンクエスト DC」のベアリング交換もしてみましたhappy01


今朝の「アルデバラン Mg」のベアリング交換エントリーはこちらconfident


このオッサン、朝っぱらから釣具イジイジしてる暇があるなら釣りにでも行けばいいのに・・・と、行くに行けない家庭の事情を知らずにそう思われる方が居るといけないので、エントリー時間を随分後にずらしてみました( ´艸`)


今回交換するリールたちですeye

Cc110813_1

左から、シマノ「'11 カルカッタコンクエスト 51DC」、「'10 カルカッタコンクエスト 101DC」、「'09 カルカッタコンクエスト 201DCshine

全て夢屋のコルクノブを装着lovely


早速201DCから交換していきますconfident


アルデバランはカバー裏にベアリングがあって簡単でしたが、こちらはカバーを開けてもDCユニットがあるのでまだベアリングは見えませんeye

Cc110813_2

アーレンキーでDCユニットを取り外します。


取り外したカルコン201DCのDCユニットですeye

Cc110813_3

このままではベアリングが奥の方にあるので取り外せませんconfident


分かりやすい説明書を見ながら上の写真のネジ3本を外すと、ユニット自体が外れてくれましたcatface

Cc110813_4

あとは同じようにピンを外してベアリングを交換します。


反対側はアルデバランと同じく、メカニカルブレーキの所eye

Cc110813_5

ブラックのベアリングからシルバーのベアリングになりましたwink


こちらはカルコン101DCのDCユニットですeye

Cc110813_6

201DCのと良く似てますconfident


そして最後はカルコン51DCeye

Cc110813_7

こちらはi-DC4なのもあって、ユニット自体にダイヤルが付いていませんcatface


DCユニットはこんな感じeye

Cc110813_8

この小さなユニットであんな事やこんな事をやってるんですよね・・・

改めて凄いと思いましたconfident


そして各2個つづのブラックベアリングをシルバーベアリングに交換し、簡単にメンテも終えたクランキン用リールたちeye

Cc110813_9

交換前と同じくスプールがカタつかない程度までメカを締めましたが、クラッチを切った時のスプールの回転がスムーズになってる気がしますcatface


さっきベアリング交換をしたアルデバランをロクテンLFに載せたところですが、自由を貰えたら久しぶりにロクテン3本とリール4つを持って、その辺でいろんなクランクやトップ系をヘアヘアしてみようと思いますscissors


自由を貰えたら・・・

« カムバック・・・! | トップページ | 言い訳が続きます »

コメント

こんにちゃ。

私もどうせ行くならあそこに行こうと思ってました。

ただ、釣りに行く訳ではありません。
ベアリングの確認をしにいくだけです。

本当です。
本当に本当です。

こんにちゃ。

昨日、仕事帰りに30℃超えの中でMRUさんが以前ゴーマルをゲッチョされた池で

大きいおびいこがハードルアーに反応してきました。

是非ゲッチョしてみてくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/52462129

この記事へのトラックバック一覧です: カルコンDCも交換してみた:

« カムバック・・・! | トップページ | 言い訳が続きます »