« まだ届かない・・・ | トップページ | ASKA 45SR »

2011年8月14日 (日)

ブランジーノLBDのシム調整

やっとポチしていたシムやベアリング各種の荷物全てが到着しましたhappy01

Tm110814_1


今回届いたのは、こちらのベアリング(SHG-1170ZZ 内径7mm×外径11mm×厚さ3mm シールドタイプ)ですconfident

Tm110814_2


早速、こんな状態のまま放置していたダイワ「モアザン ブランジーノ 2508SH-LBD」をコチョコチョしていきますconfident

Tm110814_3


これまでに届いたダイワ「モアザン ブランジーノ 2508SH-LBD」用のアイテムは

・SHG-1370ZZ 内径7mm×外径13mm×厚さ4mm シールドタイプ
・SHG-1170ZZ 内径7mm×外径11mm×厚さ3mm シールドタイプ
・P-WA 内径11mm×外径15.4mm×厚み0.05mm ステンレス製 調整ワッシャー 2枚組
・P-WA 内径11mm×外径15.4mm×厚み0.03mm ステンレス製 調整ワッシャー 2枚組
・P-WA 内径11mm×外径15.4mm×厚み0.01mm ステンレス製 調整ワッシャー 2枚組

Tm110814_4


左側が今回届いたベアリングで、右側が純正のベアリングになります。

Tm110814_5


そしてメインのシム調整を行いましたが、最後に0.01mmのシムを入れるかどうかで小一時間入れたり抜いたりを繰り返し、結局0.01mmのシムを抜いてネジを強めに締める事にしました。

Tm110814_6


最初から入っていた3枚のうちの金色の一番分厚いシム + 同じく最初から入っていた一番薄いシム(たぶん0.03mm)に加え、今回届いた0.05mmを2枚と0.03mmを2枚、0.01mmを1枚の計7枚のシムを入れた事になりますsweat01


余りベアリングを押し過ぎると巻きが重くなるだけですが、その状態が一番ゴリ感のなくなる状態でした・・・

しかしその状態でも、ローターを押さえてハンドルを押し気味と引き気味でカタカタさせると随分違う感じになるので、ボディ自体の剛性が足りてないのかもしれませんsweat02


最終的には、Bassartの重めのハンドルノブが付いた状態でハンドルを水平にして手を離し、ハンドルが下りるかどうかといった感じにしました。

ちょっと強めですが、ここから更に0.01mmのシムを抜くとゴリ感が酷くなるので・・・


とりあえず、しっかりベアリングを押せた状態でゴリ感がマシになったモアザン ブランジーノ 2508SH-LBDshine

Tm110814_7

明日もメインはタコかもしれないけど、巻いて巻いて巻きまくろうと思いますcatface


この状態でギアが馴染んでくると、良い感じになるんでしょうねconfident

・・・何時になるか分かりませんがsweat02


それまで巻きまくりますgood

« まだ届かない・・・ | トップページ | ASKA 45SR »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/52475868

この記事へのトラックバック一覧です: ブランジーノLBDのシム調整:

« まだ届かない・・・ | トップページ | ASKA 45SR »