« Aterm WM3600R用ケース | トップページ | 今日もいい天気 »

2012年3月28日 (水)

HDR-CX590V到着

先日注文していたハンディーカムとバッテリーが到着しました

まずはソニーのデジタルHDビデオカメラレコーダー ハンディーカム「HDR-CX590V

Hdrcx590v_1

カラーはボルドーブラウン

嫁さんに指示された内容から選択するとこの機種になりました

一緒に大容量バッテリーパック「NP-FV100」も購入

Hdrcx590v_2

これがあれば長時間撮影することができます

5年保証と持込みのしやすさから、ちょっと高いもののケーズデンキオンラインショップで購入

Hdrcx590v_3

ケーズデンキで買うと貰う重要書類の封筒も入っていました

早速「HDR-CX590V」の箱を開けてみました

蓋を開けるとこんな感じ

Hdrcx590v_4

保証書や説明書が見えています

更に開けると

Hdrcx590v_5

本体やケーブル類がありました

ケーブル類はこれだけ

Hdrcx590v_6

ACアダプターにビデオ系のケーブル、あとはUSBの延長ケーブルなんかが入っていました

こちらが本体です

Hdrcx590v_7

展示品みたいな札が付いています

不要なシール類は全て剥ぎ取ります

Hdrcx590v_8

このシールを見ると大体の仕様が分かりますね

右の小さいバッテリーが本体に添付していた「NP-FV50」で、仕様によると実撮影時間は1時間

Hdrcx590v_9

左側の大きいのが今回購入した「NP-FV100」で、実撮影時間が4時間10分になっています。

実撮影時間とは別に連続撮影時間というのもあり、こちらだと小さい方は2時間で大きい方は8時間20分と、どちらも実撮影時間の2倍の時間になっているようです。

連続撮影時間はただ撮影してるだけの時間で、実撮影時間は電源のON/OFFを繰り返しながら撮影したり、ズームしたり途中でパシャパシャしたりしながら使った時の時間みたいです

やっぱり容量の大きなバッテリーの方が安心できるということで高価な「NP-FV100」を買ってみたんですが・・・

実際に装着するとこんな感じに

Hdrcx590v_a

不格好

それでも長時間撮影できる方がいいので、やっぱりこっちを使います

小さい方は予備に持っておき、大きい方で足りなければ付け替えて使おうと思います

ちなみに記録メディアは本体内蔵のメモリになっており、容量は64GB

最高画質のPSモードで4時間55分記録でき、HQモードだと13時間55分も記録できます。

もう少し安い32GBのモデルと迷ったんですが、このくらい記録できないと心配ですね

そしてこちらが、これまで頑張ってくれてたSANYOのXactiちゃん

Hdrcx590v_b

型番はDMX-HD1A

これを買った時のエントリーがこちら

バッテリー容量が少ないので小さいバッテリーを複数持ってて頻繁に入れ替えないといけないのと、今となってはフルHDで録画できないのがイヤンな感じ

最近では新しいバッテリーを購入してフル充電しててもなぜか2分くらいしか撮影できないという意味不明な症状が出たりして、実質使い物にならないので今回のハンディーカムに買い替えました。

約6年間お疲れ様でした

このXactiの前はSONYのハンディーカムのテープ記録のものを使ってましたが、こちらはバッテリーの心配も無く、特にこれといったトラブルも無く使えていました

ただ、ダビングが面倒だったりPCへの取込が面倒だったりしたので、PCで簡単に扱えるSDカードに記録できるXactiに乗り換えたわけです。

テープのハンディーカムは長女が生まれた位に買ったんですが、一番活躍したビデオカメラだったと思います。

しかしまだテープのまま残っているのが多いので、さっさとダビングでもしとかないと二度と見えなくなりそうです

そんな感じです。

そして今日、上の2つを注文した後でやっぱり必要かもと思って追加ポチした、SONY純正の充電器とストラップ、どこやらのケースなんかが届きます

また届いたらエントリーします

« Aterm WM3600R用ケース | トップページ | 今日もいい天気 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HDR-CX590V到着:

« Aterm WM3600R用ケース | トップページ | 今日もいい天気 »