« タックルの愛称 | トップページ | リセットしてみた »

2012年5月30日 (水)

2012.05.29の海

振り替え休暇を貰った火曜日

ほんのちょっとだけバスにも行こうかな?と思ってたけど、やっぱり海に行ってきました


場所はここ

Sw120529_1

着いたのは、ちょっと遅めの6時半過ぎ


対岸にはまだタンカーが泊まっています

Sw120529_2

デイのポリさんが言うには、あの船が泊まっていると釣れにくいとの事

果たして今日は釣れるのでしょうか


すると、そのポリさんがやってきました


暫く私のタモをマジマジと見てたりしましたが・・・

Sw120529_3

ロッドを持ち出して釣りを始めました


そのタックルをパシャッ

Sw120529_4

ポリさんが何故かナバロンと呼んでいるルアーが付いています( ´艸`)


暫くするとスライムさんもやってきました


あら?湾人は投げんの?(・∀・)とWORLD 170Fの動きを見たい様だったので、スライムさんのケンプファーで投げてもらいました

Sw120529_5

170Fと205Fの両方を投げてもらいましたが・・・


この時にスナップが外れないで良かったです( ´艸`)


途中、MRSTさんやJRさん、TETSUYAさんも来られ、朝は(´・ω・`)な感じだったポリさんも、みんなとワイワイ釣りをしてるうちに元気になってる様な気がしました

Sw120529_6

釣りっていいですね

※ちょっとハッキリしすぎだったのでモザイクでも掛けようと思ったんですが、めんどくさいので安易なこの処理にしました


スライムさんのジーンズのポッケから飛び出たパン

Sw120529_7

ワイルドです( ´艸`)


今日使ったタックルは・・・


ガンダムF91

Sw120529_b

このタックルへの入魂が終わるまで、ルアーはダイワ縛りです

なぜダイワ縛りなのかというと、何となくです

ロッドが長くてもキャストのフィニッシュがビシっと決まり、自分でも惚れ惚れする程キャストが上手くなった様な気になれます


サイコガンダムMk-II

Sw120529_c

湾人 WORLD 170Fや205Fなんかを使いました

フックを付けると58gになった170Fも思ったより飛び、72gの205Fも問題なくキャストできました

力任せにビュワッっとキャストするより、じんわりロッドを撓らせた感が伝わるバンザイからのドーンが安定して飛距離も出ました

ルアーを引いてる時の感度も凄く、重量はそれなりにあるけどやっぱり良いロッド、良いタックルだと再認識しました


ガンダムMk-II ティターンズ仕様

Sw120529_a

主にワームや軽めのルアーを使います

短くて軽くて扱いやすく、一般的なシーバスルアーなら何でもこなせる良いタックルです


タックルがなぜガンダム?と思った方は、このエントリーをご覧ください


13ftのタックルが2本(νガンダムはお留守番)

Sw120529_d

9ft6inchのタックルも使いましたが・・・


全て3pcのロッドです


クーラーボックスの上のおっきいルアーたち

Sw120529_e

クーラーボックスはいつもの様に釣った魚を入れるためのものではなく、場所を移動せずに1日頑張るための食料等が詰め込まれています


ルアーは今日は使わなかった比較用にボックスから出したものや、スライムさんのルアーも3つ程並んでます


それにしても釣れません


このソーラ・レイみたいな部分で殺気を増幅しちゃうんでしょうか

Sw120529_f

今日使ったタックルの内、エクスセンスとソルティガはユル巻き後に自分のミスで1回づつライントラブルがありましたが、このイグジストはユル巻きした後もノントラブルでした


途中、マユパンさんや一度場所を移動されてたJRさんも来られ、その後ヤマト屋店長さんも来られました


久しぶりの夢の競演をパシャッ

Sw120529_g

大賑わいです


その後も仕事帰りのISMR君やSNHRさんも来られ、お弁当を取りに行くついでのTETSUYAさんもまた来られました


ただ・・・


釣れない(´;ω;`)


他の釣り人さんが釣ってるのを見たような気がしますが、たぶん気のせいでしょう


気のせいだと思いつつもこっそりチラ見し、使ってたルアーや巻く速度なんかを真似してみたものの・・・


釣れない(´;ω;`)


夕まずめにも何事も無いまま、今日も12時間以上ここで過ごして帰りました


・・・


でも一応、目的は果たしました


この日の目的は、湾人 WORLD 170Fの泳ぎと飛距離を確認すること


実際確認してみた170Fの泳ぎは・・・

ブリブリ泳ぎでした

早めに巻くと激しくブリブリと泳ぎ、ゆっくり巻くと案外ナチュラルな動き

固定重心なので泳ぎ出しも良く、ほぼ止めた状態からでもしっかり泳いでくれるのでいろんな使い方ができます。

浮力が高めなのでロッドを立てて巻くと、引き波を立てながらシンペンの様に引くこともできました

波が強い時に威力を発揮しそうなルアーです


重心移動じゃないことで心配していた飛距離も、205F並に飛ぶので十分だと思いました


釣れそう


・・・


おまけ

Sw120529_h

どこか遠くを眺めているような感じですが・・・


ユラユラしながら寝てます( ´艸`)


途中、海に落ちる危険を感じたのか、ゆっくり日時計の様に向きを変えながらユラユラしていました( ´艸`)


・・・


でも、シーバスゲームってどうしてこんなに楽しいんでしょうね

いつもと同じ変わり映えしない場所でいつもと同じようにルアーをキャストしているだけ

しかも釣れない

なのに楽しい

むしろ釣れない方が楽しいような気さえしてくる

何故でしょう


・・・


そんな感じで、皆さんお疲れ様でした


私も疲れましたが、リフレッシュできました


最後には会社から電話があって激務に追い打ちをかける様な作業を依頼されましたが、頑張って残業の毎日を過ごそうと思います

« タックルの愛称 | トップページ | リセットしてみた »

コメント

>hi-lowさん

おはようございます。
シーバス、本当に楽しいですよね。
余り行かない場所でもなく良く行ってる場所に12時間以上
最初は潮の満ち引きがあるから続けられる!とか言ってましたが、今ではそんなことも余り関係なくなりました。
熱かった干潮にも何事も無く、まずめにも何事も無く・・・
今日も夕まずめに何事もないんだろうなぁ と思いつつキャストを続け、やっぱり何事もなくてもなんかやりきった感があります

バスでも、クリアでバスが見え、最初にデカバスを掛けたものの自分のミスでバラシ、次もデカバスを掛けたものの無理して抜き上げようとしてラインブレイク
ずっと見てると回遊コースなのかそのバスたちがずっとウロウロしてるので、暫く待てばまた食うかも?と思って某岩の上でほぼ1日中頑張ったことはありましたが・・・
なんの反応も無く水中も丸で見えない場所で1日中キャストし続けるのはバスでは出来ないと思います

やっぱり海というロマンですかね
短くて手返しの良いバスロッドでポイポイするよりキャスト自体が楽しいと言うのもありますし

バスにはバスの楽しさがあり、それは何となく説明できるものの、シーバスの楽しさって説明できない楽しさなんですよね
何なんでしょうね(笑)

一日、お疲れさまでした。
ひとりでストイックに狙ったり、みんなでワイワイ楽しんだり、何でこんなに楽しいんでしょうね。
最近、会社の同僚との話題もシーバスばかり。
エギングなんかは1時間もしないで飽きるんですが、シーバスは一日振りぬいても時間が足りない様に感じます。
他の釣りでは味わえない何かがあるんでしょうね、それが何かは分かりませんが…(爆)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012.05.29の海:

« タックルの愛称 | トップページ | リセットしてみた »