« 久しぶりに五苑へ | トップページ | イグジストのリールスタンド替えてみた »

2012年5月20日 (日)

morethan BRANZINO AGS 130M【AGS ROCK DANCE CUSTOM】

アレとアレのうちのアレに続いて、待ちに待ってたコレも到着しましたconfident


DAIWA「morethan BRANZINO AGS 130M【AGS ROCK DANCE CUSTOM】shine

Mtbags130m_1

初代ロックダンスカスタムはプラのケースに入っていたり竿先とグリップエンドに付けられるネオプレーン製トップカバーが付いていたりしたんですが、今回はこの竿袋のみでしたconfident


また、免責額も1000円から6000円に跳ね上がっていますsweat01

とは言ってまだまだ安い方ですねwink


メーカーの売り文句はこんな感じeye

Mtbags130m_2

13フィートとは思えない驚異の軽量性を持ちながら初代ロックダンスカスタムをさらにパワーアップさせた磯ヒラロッド。軽量のAGS(エアガイドシステム)はブランク本来のキャスタビリティを遺憾なく引き出し、圧倒的なロングキャスト性能を実現。さらにAGSの高剛性は、リトリーブ時のルアーの動きやバイトを確実に伝える感度をもたらす。ブランクのネジレを抑えるXトルクはサラシ奥のピンポイントを直撃。バット部に搭載された3DXはしなやかなブランクに強靭なバットパワーを与えた。SVF COMPILE-Xを多層に巻き上げた専用設計で、ランカーサイズのヒラスズキとも余裕を持って対峙。9g程度のトップウォータープラグから30g程度のヘビーウェイトミノー、40gクラスのバイブレーションやジグまで余裕で対応。磯ヒラ新時代を予感させる一本。


仕様はこんな感じeye

Mtbags130m_3

標準全長:13ft(3.96m)
仕舞寸法:137cm
継数:3本
標準自重:220g
先径:1.9mm / 元径:15.9mm
LURE WT:7~45g / LINE:10~20lb


ちなみに、仕様上初代ロックダンスカスタムと違う部分は、標準自重(240g)と先径(1.8mm)のみconfident


セパレート部分は、初代ロックダンスカスタムヘンテコなロックダンスロゴと機種名だったのが、今回は新しいDAIWAロゴのみになっていますeye

Mtbags130m_4

CRTクロスは相変わらず綺麗shine


そして気になるグリップ部分eye

Mtbags130m_5

プラの部分はやはりチープさがあるものの、フードやナットはしっかりしている感じですconfident

使用感は、実際に釣行で使ってみてから書きたいと思いますwink


バット部分eye

Mtbags130m_6

搭載されている3DXのロゴが入っていますconfident

3DX(3Dクロス)
 正六角形が並ぶ構造は、あらゆる方向からの力に対して同じ強さを持つため、優れた形状復元力(しなりの返りが早い)を有している3軸織物である。1軸のものと比較しても、ブランクの偏肉(スパイン)を最小限に抑え、復元も俊敏。強い負荷のかかるキャスト時の、ブレ、ネジレを瞬時にスタビライドしてくれる。


その上にはmorethanロゴと機種名eye

Mtbags130m_7

BRANZINO AGS 130Mshine


裏側にはスペックeye

Mtbags130m_8

そして、MADE IN JAPANwink


ガイドはAGSで、元ガイドのみダブルフットになっていますeye

Mtbags130m_9

Fuji製ガイドの都合?で各社のロッド提供が遅れている中、こちらは予定通りに発売されましたconfident


スレッドのコーティングは、画像では黒に見えるけど透き通ってないグレーeye

Mtbags130m_a

その他、初代ロックダンスカスタムに搭載されていなかったものとして、Xトルクも採用されています。

Xトルク
 ブランクのネジレを防ぐ為に45度に斜行させたバイアスクロスを巻くことで、ネジレに対する強さを実現したブランクのこと。オーバーヘッドはもちろん、サイド、アンダー、バックハンドと、あらゆるキャスティングにおいて、狙い通りの弾道を実現する。

13ftロッドでサイドキャストされたら、邪魔で仕方ないですねsweat01


あとはロッドベルトもDAIWAのやつが良いと思って・・・

Mtbags130m_b

DAIWA「ネオベルトA」を購入shine

1つは予備ですcatface


このタックル用に準備したリール、DAIWA「'12 イグジスト 3012Hと初めての合体eye

Mtbags130m_d

なんか、リールが微妙に小さく感じるcatface


それにしても軽い・・・

まだバット部にリールを付けてるだけでロッドは繋いでいないけど、繋いで持ってみたら結構先重り感があったりしてsweat02


ハンドルを回してみると、リールの振動がロッド全体(特にリールシート)で反響しているような感じeye

リールシート変更のおかげか、初代より感度良いかも?


そのくらいの感想を持ったところでリールを外し、ロッドベルトで束ねましたconfident

Mtbags130m_c

手持ちのロッドも3pcのものが増えてきましたが、全てこんな感じで束ねていますeye

こうするとそれぞれのブランクが他のブランクと当たらなくていいですwink


・・・と、部屋で書ける事はこの位ですcoldsweats01


次の釣行では現行ロックダンスカスタムと初代ロックダンスカスタムを使い比べてみようと思うので、ガイド位置の違いやグリップの違い、AGS、Xトルク、3DX等によって進化したロッドの違いを感じてこようと思いますwink


できればAGS ロックダンスで魚を掛けられるといいんですが・・・


たぶん無理ですgood

« 久しぶりに五苑へ | トップページ | イグジストのリールスタンド替えてみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/54752991

この記事へのトラックバック一覧です: morethan BRANZINO AGS 130M【AGS ROCK DANCE CUSTOM】:

« 久しぶりに五苑へ | トップページ | イグジストのリールスタンド替えてみた »