« 2012.06.02の海 | トップページ | 2012.06.03の日記 »

2012年6月 3日 (日)

ソリッドティップ・・・

昨日の釣行でソリッドティップの凄さを垣間見た


食っても乗らない、フッキングは人間業では不可能と思えるほどのショートバイトの連続

これにはノーシンカーワームまで使用し、口は使うものの一瞬で吐いてフックアップできないスライムさんも首をかしげる始末


そんな中、見てるとフッキングもしてない感じなのにシーバスを掛けまくってる人が居た

おまけに結構なサイズのメバルまで・・・


そう、この人(/ー\*)


TETSUYAさんのその時のタックルは、ゼファー ソリッドソリューション


何となくこのロッドの売り文句見てみると

・独自にテーパーをコントロールしたグラスソリッドをティップ部にインストール。
・触れるものは全て掛かる、究極のフッキング性能を発揮します。

まさにそんな感じ


触らせてもらったところ、ラインを引っ張ってもどこからティップが入ってるのか分かりにくいほどの柔らかさ

食いの良さを売りにしているメバルタックル以上のしなやかさかもしれません


そこで、私も家に帰ってソリッドティップのロッドを引っ張り出してみました

St120603_1

ちょっとキーボードに当てただけで、これだけ曲がります


シマノが誇る、タフテックαソリッド

St120603_2

2本持っていたメバル用ロッドのうちの1本、シマノ「Soare GAME S706ULS」です


もう1本の30とかいう文字がついてた尺メバル用タックルは、なかなか掛からないのでドナドナされました


こちらは、バイトがあったら勝手に乗ってます

ある意味簡単に掛けられます

掛けに行く必要がありません

掛けた後もバラしません

メバル素人でも簡単に釣れます

さすが、一部で名ロッドと言われているだけのことはあると思いました


タックルの性能の違いが、釣果の決定的差では無いという事を教えてやる」と言うつもりだったのが、このロッドを使ったところ、タックル性能が大いに釣果に影響するというのを実感できるタックルでもありました


昨日のショートバイトも、これなら掛けられるかもしれません


スペックはこんな感じ

St120603_3

ルアーウエイト:0.5~4g


ただ、これでシーバスを掛けたとしても獲るのが大変そう


周りに誰も居ない時か、知り合いだけの時に使ってみよう


あと、SNHRさんと同じ考えから、径が合えばこのティップをエクスセンスの#1と付け替えて使ってみようとか考えてましたが、2枚目の画像を見るとわかるように・・・

こっちは印籠継ぎでした (向こうはAR-Cジョイントという名の並継ぎ)


※S803L/F-Sのことはあえて考えないようにしています


とりあえずラインシステムをそれなりにして、掛けた後は最悪ロッドを寝かせてドラグだけでやり取りできる感じにしておこうと思います


それだと簡単にバレそうですけど、掛けられなかったやつを掛けてみたいんです(/ー\*)

« 2012.06.02の海 | トップページ | 2012.06.03の日記 »

コメント

>づかさん

私もこっそり確認してみました( ´艸`)
カーボンソリッドで感度は良さそうですが、結構ハリがありそうなんですよね。
この前の状況だと、たぶんあれでは掛からないと思います。
エクスセンスのソリッドのでも同じだと思います。
メバルロッドのUL程度、またはそれよりさらにしなやかなソリッドティップが付いたロッドが必要かも・・・
あのお方のロッドはまさにそんな感じでした( ´艸`)

MEGA TOP・・・

独り言です。( ´艸`)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソリッドティップ・・・:

« 2012.06.02の海 | トップページ | 2012.06.03の日記 »