« いろんなサイレントアサシン | トップページ | 明日から仕事 »

2012年6月19日 (火)

mtb AGS 115MH ブレードロックカスタムの初使用感

他のタックルなんかもそうですが、初使用の時と使いこんだ後では随分と感想も違ってきますconfident

後になって読み返してみると恥ずかしくなりそうですがsweat02、とりあえず初めて使ってみたタックルの感想でも書いておきますwink

※あくまでも個人的な感想です。


まずは115MHのタックル詳細ですeye

・タックル愛称:ガンダムF91
 ・ロッド:ダイワmorethan BRANZINO AGS 115MH 【BLADE ROCK CUSTOM】
 ・リール:ダイワ'11 morethan BRANZINO 2508SH-LBD
 ・ライン:ダイワmorethan BRANZINO 8Braid+Si1.5号(30LB)
 ・リーダー:ダイワmorethan SHOCKLEADER Type F(30LB)

DAIWAで固められていますconfident


このタックルで最初に投げるのはeye

こちらもダイワの「ショアラインシャイナー MM13F-G(Murakoshi MAX)wink

いきなり重いものを投げるのではなく、重くもなく、軽くもない、普通のルアーから投げてみることにしました。


普段良く使っているロッドから45cm程短くなった今回のmtb AGS 115MHですが、いつも通りのキャストだとロッドを綺麗に撓らせることが出来なかった感を残してMM13は飛んでいきましたdash

でも、あれでこれ?と思うくらい飛びましたcoldsweats02


いつもキャストの時は、水平から30度位のところでロッドを止めるイメージで投げてるんですが、ハリのあるティップがビシッっと止まった感じがしましたconfident

ブランク性能とAGSの恩恵だと思いますshine


そして1投目からいきなりの生命感coldsweats02

1投目ということで油断していたのもあってフッキングが甘かったものの、バラシやすい魚をキャッチすることができましたfish


そう・・・今流行のエソsweat02

キャストする時はそれなりにハリが感じられますが、魚を掛けると案外軽い力で曲がるのが分かりましたconfident

ただ、そのエソとのファイト中でも、さっき締めたリールシート周りからガタがあるのを感じましたeye


次は実重40g近いPB-30をキャストしてみましたconfident

抵抗も少ないので、余裕でフルキャストできますwink


そしてまたエソgawk

今度はベンドカーブを見る余裕もありますeye

やっぱり40cm位のエソでもいい感じに曲がっていますwink


ただ、やっぱりファイト中にリールシート周りからガタを感じましたgawk

フードナットを締めこんでみると、随分締まりますeye

キャストの度に緩んでいるのかは分かりませんが、この頃は5投おきにナットを締めると少し締まるという感じでしたsweat02


ちなみに、私は薬指と小指でフットを挟む握り方ですconfident


そんな感じで暫くキャストをしていると、段々とナットが締め込めなくなってきましたconfident

初めての使用だったので、フード内の樹脂とリールフットにアタリがついてたのかもしれませんwink

ただその日の使用では、気が付いた時に締めこむとちょっと締まってしまうという事が続きましたthink

でも、ナットが手に当たって痛いとかいうストレスではないのでeye

ロッドの繋ぎ目の確認と同じように、ナットの確認もすればいい程度のものだったりしますconfident


続いてキャスト感ですが、mtb AGS 130M【AGSロックダンスカスタムは長くてしなやかなのもあって、ある程度のんびり振り始めてもしっかりロッドの撓りを使って投げられるのに対し、このブレードロックカスタムは振り始めの速度を早めにしないと撓った感が余りありませんeye

強くて短いので、当然と言えば当然かもしれませんconfident


イメージでいうと、130Mはルアーを遠方に送り込む感じなのが、115MHは弾き飛ばすといった感じがしますdash

その分、狙った位置に投げやすいのは115MHの方confident

130Mでも十分すぎるんですが、よりブレのないキャスト感が慣れるといい感じになりますwink

でもその分、13フィートの130M以上にキャストに疲れる感じもしますcoldsweats01


そんなロッドのキャストにそこそこ慣れてきたところで、良く使っているルアーの飛距離を確認してみましたeye

ショアラインシャイナーのLH15,SL17レンジバイブの100ES、PB-30、IP-26shine

まだキャストに慣れきってないのかもしれませんが、やっぱり長い分130Mの方が飛距離が出るようですconfident

キャストする時の楽さも、上に書いた感じで130Mの方が楽に感じましたconfident

ただ、ロッド操作は短い115MHの方が楽なのと、ハリがある分アクションがちゃんとルアーに伝わる感じがしましたeye

遠距離のボトムブレーディングなんかでも軽い操作でビシビシ跳ね上げられるので、そのせいかどうかは分からないもののなかなかサイズのカマスもキャッチできましたwink


適当な感想を書いてきたところで、何となくモアザン・ブランジーノの磯ヒラロッド2機種の比較をしてみますconfident

・DAIWAmorethan BRANZINO AGS 115MH 【BLADE ROCK CUSTOM】shine

・DAIWAmorethan BRANZINO AGS 130M 【AGS ROCK DANCE CUSTOM】shine


並べてパシャッcamera

Fg120619_1

比較するタックルの詳細ですeye

・タックル愛称:νガンダム
 ・ロッド:ダイワmorethan BRANZINO AGS 130M 【AGS ROCK DANCE CUSTOM】
 ・リール:ダイワ'12 EXIST 3012H
 ・ライン:ダイワUVF SALTIGA 8Braid+Si1.5号(30LB)
 ・リーダー:ダイワSALTIGA LEADER Type F(30LB)

こちらもDAIWAで固められていますconfident


リールは、テスターさんが使っているものがロッドに一番合っているに違いないdashと言う考えから、ブレードロックカスタムは山本さん、ロックダンスカスタムは友草さんがそれぞれのロッドで使っていたリールにしましたwink


ただ、ラインシステムがちょっと違いますeye

山本さんは磯でヒラスズキを狙う時でも、0.8号(16LB)を良く使っていますconfident

私はそこまでの自信がないので、足場の良い地元の河口岸壁でも1.5号(30LB)を使いますcatface


そして、世界のダイワが磯ヒラ用に作ったロッドを、私は岸壁からマルスズキを狙うのに使いますshine

何度も書いてきましたが、潮位差が4mもあるような足場の高い岸壁から使うのにはロングロッドが便利ですし、使ってみるといろいろ利点があることも分かってきましたconfident


・・・


見た目の違いですが、上の画像で分かるようにバットの太さが随分違いますeye

元径が130Mは15.9mmなのに対し、115MHは13.9mmと2mmも細くなっていますconfident

逆に先径は130Mが1.9mmなのに対し、115MHは2mmと少し太くなっていますconfident

ブランクの太さはこんな感じですが、130Mの適合ルアーウェイト 7~45gに対し、115MHは12g~60gと結構強めeye

今回から採用されている3DXがバットの一部分にしか巻かれていない130Mに対し、115MHは#3セクション全てに巻かれているといった違いなんかも影響しているんだと思いますconfident


115MHで投げた中で一番重いルアーは、仕様が50gのTACKLE HOUSE「K-TEN BLUE OCEANshine

キャスト時にそれなりの抵抗もありますthink

最初は恐る恐るキャストしてたのが慣れてくるとそこそこフルキャストっぽいこともできる様になりましたが、何となくこれが精いっぱいの様な気がしますeye

表記の最大の60gになると、ジグなら余裕だと思うものの、プラグのフルキャストはスイングスピードに寄りますがちょっと怖いですsweat02

ただ怖いと言うだけで実際無理ではないのかもしれませんが、もし115MH60g近いこの辺のルアーを投げる場合は、無意識のうちによっこらせキャストをしてしまいそうな気もしますcoldsweats01

それに、60g近いこの辺のルアーまで115MHで投げられるようになってしまうと、タックル愛称:サイコガンダム Mk.IIの出番が随分減ってしまいそうでもありますsweat02


続いてはグリップ周りcamera

Fg120619_2

同じブランジーノでも磯ヒラ用として売ってるこの2本については、初代ロックダンスカスタムのようなリールシートの方が良かったのかもしれない・・・ということは何度も書いてきましたpencil


ただ、感度はこのシートの方が良いのかな?とは思いますconfident

今は緩みがちなフードナットも、今後フード内の樹脂にアタリが付いてくると更に緩まなくなるのかもしれませんcoldsweats01


また、リールシートの強度的に問題はないのかもしれませんが、115MHで適合範囲内の重めのプラグをキャストすると、リールシート辺りが少し撓っている様な気もしましたthink

しっかり締め込んでいるのに、フッキング時にリールが横にずれるといった感じもありましたthink


私は薬指と小指の間にフットを挟んで握っていますが、中指と薬指の間にフットを挟んで握ったりする場合は、フードやナットが指に当たって邪魔に感じるかもしれませんeye

ちなみに130Mの場合は試しに握ってみたところ、激しく邪魔に感じましたgawk


最後はグリップエンドeye

Fg120619_3

どちらも同じ形状ですconfident


しっかり握りづらい細めのエンドに、キャスト時に一番握る部分にわざわざ装飾リングgawk

しかも重めのルアーをキャストすると、このリング辺りからカタッとかピキッとかいう音が出ますsweat02

見栄え的にはこの部分にリングがあるのがいいのかもしれませんが、もっとリングを上の方にしたり、エンドを初代位に太くしてくれた方が良かったですgawk


・・・


とりあえず、初使用で感じた事はそのくらいですconfident

次はそこそこサイズのシーバスを掛けた後、また感想を書きたいと思いますwink


直ぐに書けると思うんですが、気になる方は気長に待っていた方がいいかもしれません(/ー\*)

« いろんなサイレントアサシン | トップページ | 明日から仕事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/55001765

この記事へのトラックバック一覧です: mtb AGS 115MH ブレードロックカスタムの初使用感:

« いろんなサイレントアサシン | トップページ | 明日から仕事 »