« ゴロゴロしてます | トップページ | 風邪じゃなく疲れ? »

2012年8月26日 (日)

BORDERLESS 460M-T

届きました( ´艸`)


泉さんに影響され、磯竿をシーバスのルアーゲームで使うというのを初公開した雑誌の内容を読むまでも無く、あっという間にポチってしまったロッドeye

Bdl_460m_1

シマノ「BORDERLESS」[ボーダレスshine


いろいろ言う人も居ますが、人に影響されて何が悪いんでしょうcatface

ねっwink


その後読んでみた雑誌の中で泉さんが使っていたのは、同じボーダレスでも380M-T420ML-Tの2本sweat02


私が雑誌を読まずに選んだのはeye

Bdl_460m_2

現時点のボーダレスの中で一番長い、460M-Tshine


380だと普段使っているシーバスロッドより短いのと、420でもそんなに変わらないと思ったのでこの460M-Tにしてみたわけですが・・・


まさか泉さんが460M-Tを使っていないとはcoldsweats02


雑誌の中ではあれだけ長いことの素晴らしさを語っているのにsweat01


14ftの420は良くて15ftちょっとの460はダメって事なのかな?


たぶんシマノから借りた時には460もあったけど、使ってみると長さのメリットよりも長さによるデメリットの方が大きかったのかな?

それともシマノから最初に借りたのは420ML-Tみたいだけど、460M-Tは借りてすらいないのかな?


でも1年以上こっそり使ってたって事なので、きっと460も数回は使ってみて、いろいろな結果、420ML-Tと380M-Tに行きついたってことでしょうかgawk


長いことの素晴らしさを語るのに、460については一言も触れられてないのも気になりますsweat02

あと、5m前後は長いと否定っぽいことも書いてますしsweat01


また、雑誌には2本しか載ってなかったけどblogには3本載ってたので、そのうちの1本が460M-Tなのかな?

・・・と思って良く見てみたところ、どうやら420のMとMLと380の3本っぽいですね(/ー\*)


いいんだいいんだ・・・別に泉さんと同じじゃなくてもいいんだ・・・きっと私にはこの460M-Tがベストマッチなんだ・・・そうに違いないんだ(´;ω;`)


仕様はこんな感じeye

Bdl_460m_3

全長:4.60m(15ft 1inch)
継数:4本
仕舞寸法:123.7cm
自重:147g
先径:1.3mm
元径:15mm
錘負荷:1.5~4号
適合ハリス:1.5~4号

あとはエクスセンスと同じような言い訳っぽいことが書かれていますcatface


ロッドの方を見ていきましょうconfident


まずはグリップエンドからeye

Bdl_460m_4

エンドバッジも無く、安っぽく見えますcatface


シンプルeye

Bdl_460m_5

セパレートEVAグリップなので、普段使っているシーバスロッドと同じような見た目ですwink


リールシートeye

Bdl_460m_6

こちらもエクスセンスと同じ、軽くて感度の良いCI4リールシートが採用されていますconfident


バット部分には、EXSENCEと同じようなBORDERLESSロゴshine

Bdl_460m_7

コンピュータ関連の仕事をしているので、Oに斜線が入ってるところに違和感を覚えましたcatface


反対側には型番eye

Bdl_460m_8

ルアーロッドと違って、スペックは書かれていませんconfident


その上にはSPIRAL Xロゴshine

Bdl_460m_9

シマノ カーボンテクノロジーの結晶ですwink


少し上はeye

Bdl_460m_a

グルグル巻きwink


ここでメーカーサイトからインプレや売り文句を引っ張ってきますcatface


460M-T
足場の高い防波堤はもちろん、磯際で浅ダナを狙うフカセ釣り師のあいだでも愛用者が急増中。秘めたるポテンシャルで良型グレにも対応。

他には

マダイの60cmクラスを取り込める実力を秘めています。このあたりがいわゆる万能ロッドとは違うところ。しっかり磯のグレ調子を引き継いでいます。

というのもありました。


・・・良型のグレや60cmのマダイと言われても良く分からないので、ボラのスレ掛かりで喩えて欲しかったcatface


トップにはIDTCトップカバーeye

Bdl_460m_b

IDTCが何か気になって調べてみたところ、富士工業のトップカバーの製品名みたいですねwink


このトップカバーには黄色い糸通しバーがありeye

Bdl_460m_c

ここにラインを入れてカバーを外すだけで、全てのガイドにラインが通るという優れものwink

良く考えられていますconfident


ガイドはチタンフレームSiCガイド[IMガイド]shine

Bdl_460m_d

数えてみると、全部で9個あるようですconfident


当たり前だけど、キャスト時の糸抜けは悪そうsweat02


また、全ピースガイド合わせライン付きですwink


ティップ部分eye

Bdl_460m_e

汎用性の高いチューブラー穂先confident


細いので柔らかいのかと思ったら、結構ハリがありましたeye

確かにこれなら、シーバスルアーもキャストできるかもcatface


ここで自重を量ってみましたeye

Bdl_460m_f

ロッド単体での実重は148gwink

仕様が147gなので、誤差は1gでしたconfident


この長さでこの軽さは驚きですsweat02


ちなみにIDTCトップカバーの重さも量ってみたところeye

Bdl_460m_g

41gconfident


ここでいつもの様にリールを装着してみましたcatface


こちらeye

Bdl_460m_h

・リール:シマノ'10 EXSENCE LB C3000HGM」 + 「夢屋 1775DA スプール
・ライン:シマノPower Pro DEPTH-HUNTER CASTING0.6号(10.4lb)
・リーダー:東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade(12lb)


今はスプール交換をしながら他のタックルと兼用で使っているリールですが、これ用が届いたらリーダーはもう少し細目にしようと思いますcatface


引いて見てもeye

Bdl_460m_i

かっちょいいhappy02


ちなみにこのタックルの愛称()は、ジム・スナイパーIII(画像はこんな感じ)になりますwink


・・・


早く使ってみたいdash

とりあえずシーバスルアーのキャスト感を確認してみたいdash

380や420だと大丈夫だけど、460になると厳しいとかだと泣けるweep


でもそれは無さそうsign02

慣れると460M-Tが一番いいとかになりそうshine


知らないけどcatface


・・・


さようならchick

« ゴロゴロしてます | トップページ | 風邪じゃなく疲れ? »

コメント

そういうナイスなシチュエーションを書かれても、エイを掛けてしまった時の事しか思い浮かびません(・・;)

思えば、ソリッドティップロッドのバットが最初に仕事をしたのも、エイでした(・・;)

今回はマグレでシーバス掛からないかな(・・;)

100センチ位のϵ( 'Θ' )϶


来ましたかぁ〜♪♪

IMと言えば磯竿界のKガイド!

最高の糸抜け カラミ無しの最高級ガイドです♪

若干の糸鳴り有り。


磯竿のバットパワーはかなりの物ですし

思った以上に絞り込んでこそ真価が発揮されます。

リールシートから竿尻までしなるぐらい絞り込んでバットに仕事させて下さい♪


仕事できないぐらい突っ込まれた時に、レバーでいなして 一番竿が仕事するポジションをキープして下さいね♪

(メ゚皿゚)/⌒ヾムキィィ〜!!!

自己責任で♪

(/ー\*)


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/55511635

この記事へのトラックバック一覧です: BORDERLESS 460M-T:

« ゴロゴロしてます | トップページ | 風邪じゃなく疲れ? »