« スプールチェーンジ | トップページ | 今日は子守りデー »

2012年11月 3日 (土)

'12 トーナメント ISOにライン巻いてみた

ハンドルノブを交換したりリールスタンドを着けてみた後で、ラインを巻いてみましたwink


まずは、DAIWANew TOURNAMENT ISO 3000SH-LBDからconfident

12tmi_pe_1

ラインはお気に入りの、DAIWA「UVF ソルティガ 8ブレイド+Sishine #1.5-30lb 200m


このラインは強さやしなやかさもそうですが、同じメーカーのリールのスプールに書かれている長さ分、ちゃんと巻ける太さなのがいいですwink


DAIWAのいろんなPEを使ってみましたが、スプールに表記されているだけちゃんと巻けたのはこのPEだけでしたgawk

他のPEは、強いといっても太すぎますpig


そして、このエントリーで書いただけの長さが巻けるのかちょっと不安になりながらも巻いてみたところeye

12tmi_pe_2

ピッタリhappy02


予定通り、エコノマイザーを装着するとPE1.5号が200mでいい感じになりましたwink


エコノマイザーの隙間も影響無さそうですcatface


続いては、DAIWANew TOURNAMENT ISO 競技 LBDですconfident

12tmi_pe_3

本当は、上と同じSALTIGAの0.8号か1.0号を巻きたかったんですが、押入れに在庫が無かったので・・・

DAIWA「morethan SENSOR BRANZINO 8Braid + Sishine #1.5-30lb 210m

を巻くことにしましたconfident


こちらのラインは太いので、同じDAIWAのPE1.5号が150m巻けると書かれているスプールに、100mちょっとしか巻けませんsweat02


どんな感じなのか巻いてみたところeye

12tmi_pe_4

やはりそのくらいしか巻けませんでしたcatface


・・・ということは、DAIWA'11 morethan BRANZINO 2508SH-LBDと同じだけ巻けるということになりますwink


これならこれまでやっていたのと同じように、ライン1つでmtb 2508SH-LBDISO 競技 LBDに105m位づつ巻けば2回分使えるということになりますcatface


経済的shine


とはいえ、現地でライントラブルがあると、すぐにフルキャストできなくなるので注意が必要ですsweat02


そんな感じで、ラインも巻き終わりましたhappy01


リーダーはまだ付けていませんが、

3000SH-LBDの方にはDAIWASALTIGA LEADER Type F(30LB) or (40LB)を使い、

競技 LBDの方にはDAIWAmorethan SHOCKLEADER Type F(30LB) or (40LB)を使うと思いますwink

たぶん名前が違うだけだと思うんですが、気にしませんcatface


フックとラインだけはケチるなsign01

本物の嶋田さんも書いていましたし、私もその通りだと思いますconfident


普段の衣類や仕事用の革靴なんかはケチってでも、こういう部分はケチらずにいいものを使いたいものですwink


・・・


まぁ、こんなことをしても釣れないんですけどねgawk

でも、釣れなくてもライントラブルもほぼ無く快適にキャストができますし、万が一釣れた時に安心できるのもいいものですconfident


そんな感じですcatface

« スプールチェーンジ | トップページ | 今日は子守りデー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/56030964

この記事へのトラックバック一覧です: '12 トーナメント ISOにライン巻いてみた:

« スプールチェーンジ | トップページ | 今日は子守りデー »