« 2012.11.04時点のシーバスタックル | トップページ | 節約宣言 »

2012年11月 4日 (日)

2012.11.04の海

やっと来た釣行可能日shine


今日も早起きしたものの、あえて日が高く昇るのを待ってから出発しましたcatface


なぜなら、KGのデi(以下略



・・・



今日のメインタックルはこちらeye

Sw121104_1

先日新しく追加になったシナンジュ()shine


反対側からもcamera

Sw121104_2

ロッドの方は、予備を下ろすのはやっぱり躊躇しちゃったので、いつも使っているmtb AGS 130Mですcatface


現地に着くと、砂利船が作業している最中でしたeye

Sw121104_3

でも随分ユラユラしてるので、もうすぐ降ろし終わりそうconfident


対岸には黒船eye

Sw121104_4

船が停泊していようがいまいが、どっちにしても釣れない日々を過ごしてきたので、もう余り気にならなくなりましたgawk


でも、入港してきて何日目かな?というのは気になりますcatface


最初に使うルアーは、DAIWA「morethan CROSSWAKE 111SSR-Fshine

Sw121104_5

できることなら、スナップ以外は全てダイワ製のタックルで釣りたいと思ったからですcatface


暫く使ってみると、気が付いたことがありますeye


これまで私が使ってきたLBDリールは、シマノ'10 EXSENCE LB C3000HGMとダイワ'11 morethan BRANZINO 2508SH-LBDになり、どちらもシーバス用として売られているものになりますconfident

ブレーキレバーは頻繁に行うキャストを考えて短めになっており、私の握り方ではキャスト時にレバーが干渉することはありませんでしたwink


ちなみに、私の握り方はこんな感じeye

Sw121104_6

元々は中指と薬指でフットを挟む握り方だったんですが、シーバスを始めてLBDリールを使うようになってから、この薬指と小指でフットを挟む握り方に変更しましたcatface


この握り方だと、泉さんの様にレバーは中指で操作するようになるんですが、レバー操作よりもキャストのことを考えて、こっちの方がいいと思って慣れるようにしていきましたconfident


今ではすっかり慣れて何の問題もないんですが、私の手持ちのブランジーノのリールシートのことを考えると、この握り方の方がナットも邪魔にならずにしっかりとシートを握れますし、長めのロッドを扱う際にもこの握り方の方が操作し易くていいと思っていますwink


そして今回のダイワ'12 TOURNAMENT ISO 競技 LBDですが、磯用ということでブレーキレバーが短くなっていませんconfident


そんなレバーがキャスト時にちょっと邪魔だと感じたものの、慣れるとむしろ、レバー操作し易いこっちの方がいいかも?と思うようになりましたwink


そんな感じでキャストを続けていると、砂利船が出航していきましたship


途中で来たづかさんも、河口内をかき回してくれるこのチャンスをものにしようと頑張っていますwink

Sw121104_7

私もテクトロや流れが出てうねっている部分を狙ってみましたが、反応はありませんでしたgawk


でも、砂利船が出航するちょっと前にルアーへのチェイスがあり、しかもそれが大きかったので今日は釣れる気がしているところですcatface



・・・



それにしてもこれeye

Sw121104_8

最初に箱から出したときに「まるでワゴンリール」と思ったことが失礼に感じるほど、太陽の下で見ると激しくカッチョイイですhappy02


ロッドともマッチしていて、見に来られた方も、皆さんカッチョイイshineと言っていましたwink

たぶん上辺だけではないと思いますcatface


スライムさんだけは、ガンキャノン(・∀・)、ガンキャノン(・∀・)とぶつぶつ言っていましたgawk



・・・



しかし、釣れるのはやっぱりエソとサバeye

Sw121104_9

サバは久しぶりだったので、案外嬉しかったのは内緒ですconfident


ここ特有のナニが隠れた瞬間にも何もなく、それから暫く経った後eye


私のルアーに何かがアタりましたcoldsweats02


しかし一瞬でバレますgawk


その数投後、今度はドン!(強めに設定しているドラグが)ジーッdashという感じで、約2,3秒だけ強い引きを味わうことができましたconfident


そしてフックには鱗eye


まぎれもなくメーターオーバーシーバスの鱗ですgood


それを見て急に釣れる気がしてきたづかさんは、場所を移動されましたcatface


暫くしてそのづかさんを見てみると、なんかロッドを曲げていますeye


あそこだと9割方ボラだと思ったものの、とりあえず近くに寄って見てみましたconfident

Sw121104_a

レクシエータ9.9をぶち曲げるづかさんconfident


ハハハ、ボラ相手にこやつめ・・・と思っていたんですがeye


この続きはコチラでどうぞwink



・・・



その後やってきた方たちも、づかさんの情報でキャストをしていきますconfident


潮の流れを読み切れるようになったポリさんも、本気モードで頑張っていますeye

Sw121104_b

さすがポリさん、オーラが違いますshine



・・・



そして、ほとんどの方が帰られた夜night

Sw121104_c

本来なら夕まずめの時点で帰るところなんですが、今日は何故か帰りたくありませんbearing


いつもは誰も釣って無いので帰りやすいんですが、今日は・・・


最後まで頑張っていた方も帰られる様で、私はその方に「釣れるか、来てから12時間経つまで頑張りますwink」と告げてキャストを続けますdash


その方が帰られると、KGの岸壁は貸し切り状態になりましたeye


タモをぶら下げ、岸壁をトコトコ歩きながらキャストを繰り返しますconfident



・・・



ここまで約12時間、シナンジュ()はライントラブルも皆無で、とても使い勝手のいいタックルだと分かりましたwink


ギヤ比が7.2:1ハンドル1回転での糸巻量が108cmもあるにも関わらず、ハンドル長が60mmのmtb 2508SH-LBDより10mmも短い50mmなのを心配していましたが、ノブを交換したことによって力が入れ易くなり、引き抵抗のあるルアーもそれほど苦も無く巻くことができましたconfident


トロ巻きする時にはノブの細い部分を指先で握って巻くんですが、ギヤ比が高くてハンドルが短い分、流れの抵抗も分かり易くていい感じでしたconfident


また、'12 競技-LBDは他のと違ってオートリターンベールが付いているので、手返し良くキャストしてリーリングをすることもできましたwink


オートリターンベールが付いていると、重めのノブを付けたハンドルの位置によってキャストの際に勝手にベールが閉じてしまって困るといったこともありますが、このリールの場合はそういったこともありませんでしたconfident



・・・



そんな感じでキャストを続けながら、潮の流れを感じつつスローリトリーブを繰り返していきますdash


先端まで移動し、そこでもキャストしてストーリトリーブしているとeye


モフっというアタリshine


シナンジュに搭載された「インテンション・オートマチック・システム」により、意識すると同時にフッキング動作が完了しましたcatface


乗ったhappy02


つ、ついにキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!


そしていきなりのジャンプsweat01


暗いなかでもハッキリとわかる、その魚体eyeと音ear


明らかに自己新のサイズですcoldsweats02


でもここで慌ててはいけませんconfident


落ち着いてやり取りするように心掛けますwink


ここで慌てると、周りには誰も居ないけど暫く釣ってない人かと思われますからねcatface


それを証明するように、美しいベンドカーブを描くmtb AGS 130Mの写真を撮ったりもしましたeye

Sw121104_d

それにしても引きますsweat01


でも、アルティメットトーナメントドラグがしっかり仕事をしてくれるので安心できますwink

ラインシステムにも妥協はありませんshine

適度な撓りのあるZAIONブレーキレバーもいい感じconfident


今日は思いの外、シナンジュ()の検証ができる日になりましたwink


しかし、最初は南に走っていたのがジャンプと共に向きを変え、今度は北に向かって走り出しましたeye


そして今度は、東へ・・・


しかも、目の前には壁coldsweats02


身を乗り出すと体毎持っていかれそうなので、ロッドだけ出してやり取りしますsweat02


やり取りというか、やられ放題ですsweat01


ロッドを壁に持っていかれないように耐えようとすると、それに応じて相手も更に強い力で走り出しますup


そして、強めに締めているドラグを滑らせてスプールからどんどんラインを持っていきますbearing


レバーを頻繁に操作してみるものの、ただラインがそれだけ出るだけで何の影響もありませんsweat02


そしてついに・・・

Sw121104_e

ライン全部出されちゃったweep


しかも最後は、スプールに留めていた部分で止まった瞬間にローターの逆転もドラグも意味がなくなってロッドが激しい弧を描きeye


ロッドが壁に持っていかれる~bearing


ロッドが折れる~bearing


と思った瞬間、何とかスプールに留めていた部分が外れてくれて助かりましたsad



・・・



そして思いましたeye


引っ張りの力だけで正常な30LBのラインシステムが普通のやり取りで切られることはまず無いんじゃないかとgawk


ラインが切れる前にドラグも出るでしょうし、何よりロッドが耐えられないでしょうsweat02

最大ドラグ力が10kg以上のリールを使っていたり、13kgをリフトできるようなロッドなら別でしょうけどsweat01


しらんけどcatface



・・・



やり取りしてた場所はこんな所eye

Sw121104_f

こんな感じで、右方向に凄い勢いで走られていたのですsweat02


激しい死闘でしたが、アレには勝てそうにありませんsweat01


なぜいつもいつも、夜になって一人で頑張っていたらハンブラビが掛かるんでしょうbearing


しかも今回のは、明らかな自己新サイズgawk


ルアーをロストしたのもショックですが、何より巻いたばかりの新品ラインを全部抜かれた方が金銭的にもショックですweep


でも、海にゴミを残しちゃったのはダメですね・・・


その後はそそくさと、次女に頼まれた明星を買って帰りましたdash


そんな感じです(/ー\*)

« 2012.11.04時点のシーバスタックル | トップページ | 節約宣言 »

コメント

こんばんは。
そしておめでとうございます( ´艸`)

私のタモ入れもさっぱりでしたね。
流れがあったり頭がこっちを向かなかったりしたのもありましたが、上から被せたりオドオドしたりしたのは申し訳なかったです。
それを見兼ねたづかさん、ナイスセルフキャッチでした(/ー\*)

あの後も大勢が頑張ってましたが、結局獲れたのはあの1本だけでした。
数回バイトがあったりはしたんですが、なかなかしっかりフッキングできません(´・ω・`)
でも、ナイトのハンブラビにはパーフェクトグレードフッキングができました(`・ω・´)

また頑張ります(/ー\*)

今日はお疲れ様でした&ありがとうございました。
MRUさんのおかげで魚が捕れました!
それに引き替え先日の僕の失態・・・
すみませんでしたι(´Д`υ)
今度は頑張ります!

最後のハンブラビ・・・強烈ですね。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182846/56043207

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.11.04の海:

« 2012.11.04時点のシーバスタックル | トップページ | 節約宣言 »