« JUMP WORLD 2012 | トップページ | MRUのキャストノート »

2012年11月 9日 (金)

ZPI ハイスペックDBシャフト L

おはようございますhappy01

DAIWA 「'12 トーナメント ISO 競技 LBDダブルハンドル化しようとしている、節約宣言への疑問をよく指摘されてしまうオッサンですwink


このエントリーの時に注文したハンドルとパーツの内、ポチしていたパーツの方が到着しましたconfident


ZPI「ハイスペックDBシャフト L」ですshine

Zpi_hspdbs_1

何となく予備があった方がいいような気がしたので、いつものように2つ購入catface


パッケージの裏面には、特徴や注意事項が書かれていますeye

Zpi_hspdbs_2

材質は、超軽量・高剛性素材の超々ジュラルミン製shine

重量は1gcoldsweats02

感度感知性能もいいらしいwink


でも注意事項として、「ZPI製以外の他社製品に使用する場合は自己責任でsign01」と書かれていますconfident


シャフトはこれeye

Zpi_hspdbs_3

黒光りしている硬そうでナイスな棒ですcatface


'12 トーナメント ISO 競技 LBDの純正ハンドルのシャフトと比べてみるとeye

Zpi_hspdbs_4

写真では長めに見えるけど、長さも太さもまったく同じでしたwink


自己責任で装着していきますhappy01


フランジがあるのでそのままハンドル側からグリスを塗って差し込み、反対側から純正のガタ防止用ハンドルカラーを同じくグリスを塗って差し込んでネジで留めますconfident

Zpi_hspdbs_5

シャフトの長さが同じなので、飛び出ることもなくピッタリと収まりましたwink


ハンドル側はこんな感じeye

Zpi_hspdbs_6

REAL FOURギヤのハンドル取り付け部分の様になりましたwink


防水ゴムパッキンにグリスを塗り込み、何か適当なハンドルが無いか見回してみると・・・


ダイワ'11 morethan BRANZINO 2508SH-LBDのハンドルがありましたcatface

Zpi_hspdbs_7

左側がブランジーノ LBDのハンドルで、右側がISO 競技 LBDのハンドルになりますeye


早速自己責任で取り付けてみたところ、何の問題も無く取り付けることができましたgood

Zpi_hspdbs_8

ブランジーノ LBDのハンドルは、ISO 競技 LBDのハンドル長(50mm)より10mm長い60mmconfident

これなら「RCS パワーラウンドノブ」も手伝って、巻き抵抗のあるルアーもゴリゴリ巻けそうですwink

ハンドルの折り畳み機構とか要らないので、'12 TOURNAMENT ISO 3000SH-LBDに着けるのもよさそうですねcatface


ガタもまったく無いですし、見た目もなかなかいい感じですshine


反対側のネジの位置も純正そのものなので、リールスタンドもそのまま取り付けできましたeye

Zpi_hspdbs_9

今回から、このリールのスタンドもプロトになりましたgood

いつもお世話になっておりますconfident


これでもまだリールスタンドのゴールドが目立ち過ぎますが、ナイスなカラーのダブルハンドルを装着すればパーフェクトな見た目になることでしょうshine


しらんけど(*‘ω‘ *)


とりあえず取り付けられることが確認できたので、そそくさとハンドルは外されて元のブランジーノ LBDの方に戻りましたeye

Zpi_hspdbs_a

ダブルハンドルが届くまでは、またこの状態のまま押入れで眠ることになりますconfident


もう釣行で使うことが無いと思われた純正ハンドルからは、このエントリーで装着したI'ZE FACTORY「RCS パワーラウンドノブ」が取り外されますeye

Zpi_hspdbs_b

そして再び純正のノブが付けられ、リールの箱の中で眠り続けることになりますconfident


それにしても、このZAIONのハンドル超軽いcoldsweats02


それでも、眠り続けることになりますcatface


・・・


そんな感じで、注文しているダブルハンドルも装着できることがほぼ確実になりましたgood


到着が楽しみですwink

« JUMP WORLD 2012 | トップページ | MRUのキャストノート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JUMP WORLD 2012 | トップページ | MRUのキャストノート »