« お手紙貰ったよ | トップページ | ショアジギ始めます »

2013年1月24日 (木)

飛豚 Prop

スライムさんが遠征した時に、良いルアーを見つけてくれたので買ってきてもらいましたconfident


最近お気に入りのハルシオンのルアーwink


飛豚 Propshine

Hbtp1301_1

私もこのルアーは数年前に使ったことがあり、オッサンになって初めてまともにシーバスを釣ったボートシーバス釣行の時に使っていい思いをしたルアーだったりしますconfident


でも何かあの時のルアーとは違うeye


こちらは「飛豚 Prop40gconfident

Hbtp1301_2

あの時のは、「飛豚 73 Prop12gsweat02


スライムさんのバカヽ(`Д´)ノウワァァァン


・・・と思ったけど、よくよく見てみると激しく釣れそうな感じ( ´艸`)

Hbtp1301_3

メーカーの売り文句はこんな感じeye

ボラパターンのファイナルウエポン

水面には無数のベイト。突然、ざわめき出し、ど派手な捕食音と共に水面が割れる。
捕食モードに入り狂喜乱舞するシーバスが、そこかしこでベイトを追い回す・・・。
夢のような光景が目の前で起こっている。焦る気持ちを抑え、ボイルに向けてキャスト。
1投、2投、3投・・・。 喰わない。ルアーのサイズを変えて再アプローチ。
ルアーの側では激しいボイルが起きるが、一向にヒットに至らない。
水面を凝視してみると、ボラの群れを追い回す大型シーバスを発見。
さらに熱くなりキャストを繰り返す。でも喰わない・・・。
アングラー生殺し状態でのハマリパターンこそが、やっかいな「ボラパターン」なのだ。

その忌々しい状況を打開すべく、ありとあらゆるルアーを試し、1つの答えを見つける。
偶然の産物か、ひらめきか、はたまた天のお告げか・・・。
静岡の雄、誌面でもお馴染みの山田英樹氏とボス野田氏がストロングパターンを導きだした。それがスィッシャーパターン。
弊社の「ネタペラ」を改造したものだった。その破壊力はハンパではなかった。
シークレットルアーとして、多くのビックフィッシュをもたらした。

そのトップシークレットルアーを楠ノ瀬直樹がフルチューンして創り上げたのが「飛豚プロップ」。
新たなウエイトパターンとリップチューン、高性能プロップを搭載したファクトリーチューンドモデル。

どうせ採算無視で手を掛けるのだから塗装にも拘りました。
はっきり言って万人受けしません。アングラーもタックルも選びます。小さい魚は釣れません。
そんなベクトルのはっきりした男のルアーです。それでも欲しいという方のみ、御購入いただければ幸いです。

ちなみに「飛豚」と書いて「ひぶた」と読みます。


やっぱりフックはバーブレスconfident

Hbtp1301_4

バラシの多いシーバス用ルアーで、標準フックがバーブレスsweat02


他のペニーサックチキチータ Babyなんかもそうでしたが、やっぱりバーブレスになってるからといってバラすような奴は使うなdashって感じなんでしょうかconfident

しらんけど(*‘ω‘ *)


そそくさと、こちらもスライムさんが買ってきてくれたフックに交換しましたcatface

Hbtp1301_5

がまかつ「TREBLE SP/MH#2


いい感じwink

Hbtp1301_6

カラーはイカナゴconfident


メーカーHPにも載ってない貴重なカラーですshine

しらんけど(*‘ω‘ *)


次回釣行時に使ってみようと思いますwink


この波動にはまだスレてないはずなので、確実に反応してくると思われます( ´艸`)

しらんけど(*‘ω‘ *)

« お手紙貰ったよ | トップページ | ショアジギ始めます »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お手紙貰ったよ | トップページ | ショアジギ始めます »