« 岸ジギに向けて | トップページ | SALT WATER 2013/04 »

2013年2月24日 (日)

ALDEBARANにCRANK 90

今年から始めることが決定している、シーバスの岸壁ジギング( ´艸`)


その岸壁ジギング用タックルのリールにしようと思っているのがeye

Gj1302_hc_1

シマノ「アルデバランMgshine


その理由はeye


丁度バスのクランキン用に使っていたリールがあったのとconfident

岸壁ジギング」がテーマのコアッ! Vol.10の中で、泉さんがエクスセンスの岸ジギ用ロッドのプロトで使っていたのもこのリールだったからwink


ただ、今年はNewメタニウムが発売になりますeye


そこで少し比較してみたところ、重量差やX-SHIP、MMギヤが搭載されたことは特にどうでもよく、外部からブレーキ調整が簡単にできるSVS∞も、使うものがCZ-30と決まっているので変更することも特にないconfident


あとは、ハンドル1回転での最大巻上長の差eye

アルデバランの最大巻上長が58cm

それに対して'13 メタニウムの最大巻上長は66cm

その差8cmeye


岸ジギには出来るだけ巻き速度が遅い方がいいとのことなので、この時点で現行のエクスセンスDCは論外catface


ちなみに小沼さんは、T.D.ジリオン 100PL-CC <CRAZY CRANKER>を使っていますeye

こちらの巻上長は更に短く、55cmですconfident


ただ、アルデバランとNewメタニウムの差なら、メタニウムにラインを少なめに巻けばそんなに変わらなくなりそうなものなんですが・・・

やっぱり最終的には、見た目で決定することにしましたeye


メタニウムもカッチョイイconfident

特に上から見るととてもカッチョイイconfident

たぶんエクスセンスにもマッチすることでしょうconfident

ただ、サイドがシルバーっぽいものより全体がガンメタっぽいアルデバランの方がエクスセンスに合うかも?eye


そして何より、プロトの時にアルデバランを使っているということは、エクスセンス B703ML/Fはアルデバランを使うのを前提にバランス等も設計されているということdash

Gj1302_hc_0

もしかすると、あの頃はメタニウムを公開できないからコアッの中では使っていないだけで、本当はアルデバランではなくNewメタニウムを使ってテストしていたかもしれない・・・


それにパーミングをして巻いたりフッキングをしたりする場合、軽いものを使ったりする分にはアルデバランで問題ないものの、力を入れる場合はアルデバランでは小さすぎて力が入れ難いsweat02


でもやっぱり、プロトロッドに載せて使っていたという事実dash

Newメタニウムが出せないのなら、アルデバランではなくこれまでのアンタレスVer.2なんかを使ってるはずdash

しらんけど(*‘ω‘ *)


だからアルデバランで問題ないんだdash


そう思い込んだので、メタニウムはスルーしてアルデバランを使うことにしましたwink

間違いないgood


でもロッドの発売が近くなってシマノTVとかでGanpeki Commanderのプロモが出た時に、泉さんがエクスセンスにメタニウムを載せて「このリールいいよー、MMギヤ最高だよー」とか言ってたりするとアレするかもしれません(/ー\*)


そんなこんなでアルデバランMgを使うことになったんですが、エクスセンスにコルクノブは合わないsweat02

かといって、ノーマルノブに戻しただけではつまらないsweat01


・・・ポチッcatface


到着wink

Gj1302_hc_2

LIVRE「CRANK 90shine


シマノ左巻き用


カラーはeye

メインプレート:ガンメタ

ノブ/センターナット:レッド

にしましたwink


今回はEasy Customではありませんconfident


内容はこんな感じeye

Gj1302_hc_3

ハンドル長的にCRANK 85とも迷ったものの、ノブがMagiaよりForteの方が良いと思ったのと、シャクリ幅を考えると90mmでも問題無さそうということから、CRANK 90にしましたwink

本当はシャクリ幅とかやった事ないので分からないので、ノブの見た目だけで90にしました(/ー\*)


各メーカー用の六角形ワッシャーは、シマノ用以外にダイワ・アブ・フルーガー用も付いていますconfident


装着完了wink

Gj1302_hc_4

ここからはいつものパシャパシャが続きますcatface

Gj1302_hc_5

パシャッcamera

Gj1302_hc_6

パシャッcamera

Gj1302_hc_7

パシャッcamera

Gj1302_hc_8

パシャッcamera

Gj1302_hc_9

パシャッcamera

Gj1302_hc_a

カッチョイイ(*‘ω‘ *)


シマノ「EXSENCE B703ML/F - Ganpeki Commander -」の発売が楽しみですwink

« 岸ジギに向けて | トップページ | SALT WATER 2013/04 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸ジギに向けて | トップページ | SALT WATER 2013/04 »