« タックル愛称変更 | トップページ | ロッドホルダーの隙間 »

2013年2月18日 (月)

やっぱり替えた

先日、ドラドペンシルにフックを付けましたconfident


同じドラドペンシルのツナチューンには3/0のフックを付けたものの、普通のドラドペンシルのフローティングとシンキングには2/0のフックを付けましたconfident


しかし、このエントリーでも書いたように小さく見えるsweat02

それに、センターバランスじゃないのが気になるsweat01

そして、ツナチューンに付けているフックと比べると細くて心許ないsad


このフックでは獲れる魚も獲れないかもしれないbearing


そんな妄想をし続けた結果、フック交換するべくフックを購入wink
(ここまで、ほぼ前のエントリーのパクリ)


交換するフックは、ツナチューンに付けたのと同じくこちらeye

Fg130215_1

カルティバ「スティンガートリプルエクストラ58(STX-58)」 SIZE:3/0


妥協は許されませんdash


そして交換してみることにしましたwink


交換前の状態がこちらeye

Fg130218f_1

どう見てもフックが小さいsweat02


こんなフックじゃ、簡単に伸ばされてしまいそうsweat01
(注意:ネタです)


このフックは、がまかつ「トレブル23 ロングシャンク」 SIZE:2/0


しかし、2/0のフックが小さく見えるってsweat02


とりあえずカタクチの方だけ、カルティバ「スティンガートリプルエクストラ58(STX-58)」 SIZE:3/0に交換eye

Fg130218f_2

やっぱり、これがこのルアーに合ったベストバランス(見た目)だと思うwink


そして、両方とも交換confident

Fg130218f_3

完璧good


これでフックも縦アイに合った形状になったし、これならランカーシーバスが掛かってちょっと無理したとしても、伸びたり折れたりすることはたぶん無いと思いますwink
(注意:ネタです)


・・・


ただ、今回もフックの装着には随分と手こずりましたsweat02


ツナチューンの200LBクラスリング程ではないものの、このルアーのスプリットリングも強度は150LBクラスeye

むしろ、開く場合はツナチューンのよりこっちの方が固いsad


がまかつのマジックアイだと、3/0でもなんとか頑張ればリングの隙間にフックの薄くなってる部分をねじ込むことができそうなものの、このSTX-583/0は軸が太いsweat01


片手でプライヤーを使って反対側の手でフックをねじ込むというやり方は、私の手持ちのプライヤーではまともにリングを開き切れないので無理sweat02


ちょっときつい場合は、フックのアイでリングを開く方向に力を入れつつねじ込むというやり方もありますが、そのくらいの力で開くほどやわなリングじゃありませんsweat01


そこでプライヤーを2つ用意し、片方のプライヤーでリングをできるだけ開けた状態にしたままプライヤーを膝に挟み、もう片方のプライヤーでリングを反対側に引っ張ってすき間を開けつつ、もう片方の手でフックをねじ込みますdash

Fg130218f_4

両手と片足を使うわけですsweat01


でもこの方法、大変なのもそうですが・・・


激しくデンジャラスbearing

危うく反対側の膝に3/0のフックが突き刺さるところでしたshock


良い子は絶対に真似をしないようにsign03


・・・


こんなリングも片手でしっかり開けられるスプリットリングオープナーがあった方が良いのかな?sweat02


と思うもののconfident


こんなルアーのフック交換を頻繁にやるわけではないし、もしかしたらもうやらないかもしれないsweat02


とも思いつつcoldsweats01


いつ使うのか、本当に使うのかも分からない、ベストバランスになったルアーを箱に戻すオッサンであったcatface

« タックル愛称変更 | トップページ | ロッドホルダーの隙間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タックル愛称変更 | トップページ | ロッドホルダーの隙間 »