« 黄色いところにて | トップページ | 2013.03.17の日記 »

2013年3月17日 (日)

2013.03.16の海

昨日も何となく自由を貰うことができたので、海に行ってきましたhappy01


持って行ったタックルは、ジム・スナイパーIII()とガンダムF91()eye

磯竿でいなしながら獲るタックルと、磯ヒラがちんこタックルですconfident


両極端( ´艸`)


中間のロッド1本だけの方が良いような気がしないでもないけど、両方ともに入魂したいので頑張りますwink


まずは使い勝手のいいガンダムF91()から使用し、いろんなルアーを投げまくりますdash


途中で来たスライムさんも良く弾くジオングを使っています( ´艸`)


更に途中で来たポリさんが何かに当たるというので、私も同じような鉄板系を引きまくってみますが、何にも当たりませんgawk

ポリさんを見ながらレンジや巻き速度を合わせてみても当たりませんsweat02

たぶんポリさんが当たっていたのは気のせいですcatface


私は途中からジム・スナイパーIII()に持ち替え、PB-20IP-26を使ってみましたwink


1回何かがコツッっと当たった位で特に反応も無いので、テトラの上に立って上流に向かってキャストしてみると、テトラ際のピックアップでセイゴがアタックしてきたのが見えましたeye


やつは上流に居るflair


そう思ってテトラの上のお立ち台からキャストdash


4m60cmのベナンベナンロッドは、こういう場所で使うものではないということに気付くsweat02


しかし、無理してキャストしていると、何かに当たるeye


たぶんボラsweat02


ボラでもセイゴでもいいので掛けたいと思ってその後もキャストを続けていると、何かが掛かったeye


こ、この引きはシーバスshine


チラッっとスライムさんとポリさんが居る方を見るeye


気付いてないcatface


KouTA君も来てるeye


何とか寄せたwink


40cm位のまぎれも無いシーバス( ´艸`)


落ち着いてタモを背中から外し、今回は落ち着いてネットを開くconfident


そして伸ばすwink


しかし、ロッドが長すぎて柔らかいので思ったように誘導できないsweat01


しかもお立ち台は工業用水の排水パイプの上なので、そこから水が出ていて更に寄ってこないsweat02


タモを伸ばしたままアタフタするsweat01


助けを求めようかと思ったものの、入魂はできればセルフランディングしたいので頑張るwink

どうせタモで押されるだろうしgawk


流れ出しを避けて、少し隣の岩の上からランディングを試みるsweat02


ここも厳しいsweat02


無理をするsweat01


バレたcrying


終了weep


そそくさとタモを縮めるsweat02


何事も無かったかのようにタモを背中に装着しようとするものの、明らかに動揺しているので中々マグネットの位置が見つけられないsweat01


イライラしてきたgawk


ベストを脱いでタモを装着してまたベストを着るsweat02


気を取り直して、同じコースを通すdash


根掛かりbearing


ルアーはIP-26なので、ガンダムF91()だと大体フックが曲がって帰ってくるけど、ジム・スナイパーIII()だと簡単にラインブレイクsweat02


一旦車に戻るgawk


KouTA君はゴゾゴゾしてるのをチラッっと見てくれてたと思うけど、その付近に居るオッサンどもには何も告げず、替えスプールに交換してIP-26を付けて同じ場所にそそくさと戻るsweat02


いわば必死sweat01


しかし、未だに動揺が続いているのか、すぐに根掛かりして再びラインブレイクweep


リーダーの付け替えが面倒なのと、根掛かり=ルアーロストなのに萎えたのでジム・スナイパーIII()終了gawk


これはこういうところでボトムを取って使うタックルじゃないというのに気付くsweat02


そして皆が帰ったり場所を移動したりしてのんびりできるようになったので、ここからは余裕が出来て画像がありますcatface

近くに誰かが居ると、その人に釣れて私に釣れないという許されない状況になりかねないので落ち着かない(/ー\*)


暫くすると、R11の橋掛け替え工事の影響だと思われる濁りが流れてきたsweat02

プレッシャー的にはありがたい状況か?

しらんけど(*‘ω‘ *)


ここはひとつ、目立つルアーを使おうということでeye

Sw130316_1

ランカーハンター下田バナナを濁りの中に投げまくるdash


頭の黒い部分や背や腹の黒い部分がチラチラして良いような気がするけど、反応が無いgawk


ここは引き波を見せるときか?

しらんけど(*‘ω‘ *)

と思ってペニーサック Mokkaに交換eye

Sw130316_2

キャストして一シャクリして重心を戻した後、遠くにある時はロッドを立ててラインを見せないようにしつつ、レンジを上げて引き波が出る様にリトリーブconfident

手前に来るにつれてロッドを寝かせていき、いい感じの引き波が出つついい感じの水押しをする泳ぎをするようにするconfident


その数投目eye


手前まで引いてきた時に60~70cm位のシーバスが下からアタックしてきたのが見えたfish


ひあっcoldsweats02

びっくりしたwobbly


前は乗らなかったけど今回はちゃんと食ってくれた様で、反転して下に突っ込むdown


勝手に反転して掛かったので結構掛りが良さそうな感じだけど、一応追い合わせをくれてやるdash


サイズの割にそこそこ引き、ゴンゴン首を振って頑張っているfish


フックは標準のバーブレスフックから、がまかつ「TREBLE SP/MH#2に交換済shine


ここまで来るとバレる要素が無いdash


貰ったgood


と思った瞬間、プリンッ(*‘ω‘ *)


どうやらバレる要素が他にあったようだgawk


終わったcrying


しばし係船柱に腰掛けて打ちひしがれるweep


その後も同じルアーを使って同じようなことをしてみるものの、反応は無しgawk


ワンチャンスをものにできない事に苛立ちを覚えるが、KouTA君が帰ってきて話しかけてくれたので苛立ちが消える(*‘ω‘ *)


こんな時間帯まで何の反応もなしeye

Sw130316_3

まずめや夜にデイリアクションが効くのを番組で学習していたので、そのカラーのランカーハンターに交換してキャストしまくるdash

朝出かけるときは、今日は1投1投を丁寧にして、無駄なキャストはしないと思っていたけど、そんなのどうでもいいgawk


何かに当たり始めたeye

でも、レンジが合っていないようで当りも弱くてヘアッdashとしてみても乗らないgawk


IP-26に替えて表層を引くとeye


これfish

Sw130316_4

ボラコノシロカラーのIP-26でコノシロcatface


この後、2匹追加したところで、虚しいことと外すのがめんどくさい事に気付くsweat02


レンジを落とし、このコノシロに付いているであろうメーターオーバーを狙ってみるdash


どうやら付いていないようだgawk


途中からはリフトアンドフォールのみupdown


ただそのアクションは、魚を釣る為のリフトアンドフォールではなく、筋トレの為のリフトアンドフォールになっていることに気付くsweat02


腕がキツイbearing

ただ、何だか心地いいcatface


でも、お腹が空いたdespair


もう帰ろうかdespair


そう思った瞬間、激しく出ていた殺気が消えたfuji


IP-26のリフトアンドフォールでゴンimpact


乳酸が溜りに溜まった腕でフッキングdash


乗ったshine


引きはソコソコup


どう考えてもボラやコノシロではないeye


つ、遂に来たかcoldsweats02


でもバレそうsad


もう信用できない状態に成り下がってしまったタックルを使って、丁寧にかつ強引に寄せてくるsweat01


そして今回はバレることなくeye


遂にキャッチgood

Sw130316_5

チヌちゃんfish


バカ!


でもありがとうhappy02


14時間位頑張ったところで、空腹に耐えきれずに帰りましたsad


今回もシーバスは釣れなかったけど、いろいろ楽しめた一日でした( ´艸`)


また頑張りますwink

« 黄色いところにて | トップページ | 2013.03.17の日記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄色いところにて | トップページ | 2013.03.17の日記 »