« M-65にワッペンついたよ | トップページ | 末っ子とぶらぶら »

2013年3月31日 (日)

2013.03.30の海

えーっと・・・


昨日もせっかく自由を貰えたんですが、

このエントリーで書いた通り、暫く釣りはお休みですgawk


そこでこのエントリーで書いた通り、朝からキャストフォームの再確認をしてきましたconfident


釣りしたい(´;ω;`)ブワッ


行ったのはここeye

Sw130330_1

現地に着いた時は先端にエサ釣りのお爺ちゃんたちが居る位で、それ以外は誰もいませんでしたeye


そこで最初は根本の方でやってみたところ、ボラが頻繁にアタるfish

そのままシーバス化けを狙っても良かったんですが、空いてる岸壁をトコトコしながらキャスティングフォームを再確認しつつ進んだり戻ったりしていきますconfident


暫くすると先端が空いたので、そちらに移動dash


この日のタックルは、もちろんνガンダム()shine

Sw130330_2

数か月間ガンダムF91()ばかり使っていたからか、このタックルを使うと激しく疲れ、更にルアーの飛距離もバラバラという状況になっているのを修正するのが今日の目的ですsign01


一応それなりなルアーを何度も付け替えつつ、いろんなレンジを探ったり、流れの強弱を探ったりしながらキャストをしていますが、

今日は断じてシーバスを釣ることが目的ではないのです sign03


先端で回遊待ちをしながら必死にキャストしていると、かなころさんがやってきましたhappy01


その後、以前スライムさんの車で聞いたことがあるような音をさせながら、ポリプロさんもやってきましたhappy01


楽しいおしゃべりタイムの後、ポリプロさんが岸壁でしゃがんでリトリーブしだしましたeye

Sw130330_3

どうやら本気の様ですshine


この頃で、私がキャストを開始してから約8時間が経過eye

以前はこの位の時間では全く疲れることなどなかったのに、この日はこの時点で結構疲れてしまってましたsad


やっぱりνガンダム()に応じたキャストが出来ていないようですgawk


でも原因は何となく分かりましたflair


横投げになっているのですsweat02


以前から自分で、

ロングロッドでのキャストはバンザイからのドーンdash

だと言っていたのにも関わらず、見た目的には上から投げているものの、若干横投げっぽくなってしまっているのが自分でも分かりましたgawk


ガンダムF91()の場合は、ロッドも11.5ftと短いmtb AGS 115MHeye

しかもルアーMAX60gと強めなので、そんなおかしなフォームでも遜色なくキャストでき、飛距離も十分に出ていましたconfident

それに、腕だけではなく体の回転を加えてタイミングが合うと更に飛距離が出ていたため、そういう若干体を捻る様なキャストがこの3か月間の間に体に染みついてしまった様ですsweat01


これを少し長くて少し弱いロッドでやってみると、しっかりバットから曲げられずにティップ主体に投げているのがわかりますgawk


νガンダム()の場合は、ロッドは13ftのmtb AGS 130Meye

長くてそれなりにしなやかなロッドなので、おかしなキャストフォームがダイレクトにルアーに伝わってしまいますgawk


ランカーハンターをキャストした場合も、以前はほとんどのキャストでぶれることなくシューンupと気持ちよく飛んでいたのが、久しぶりに使い始めた昨日からは、キャスト直後からフラフラしてまともに飛ばないことも多々ありましたbearing

弱めのロッドで無理してキャストした時と同じような感じですsweat02


それでもバンザイからのドーンを意識してキャストしてみると、バット側からロッドに重みが載ってティップに向かって滑らかにしなりが移行していくのが分かり、ランカーハンターもぶれることなく飛距離も出ましたdash

ただ、サイド投げが既に癖になってしまっている様で、意識してキャストしないと飛距離はその度にバラバラですsweat02


釣りでは時々出る絶対的な飛距離よりも、いつも飛距離が落ちずに平均して飛び、狙った場所、狙った距離に投げられるということが大事ですconfident

それがキャストの度に大幅に飛距離が違ってしまうのでは話になりませんsweat01


これではガンダムF91()を使って釣れた先週末の様に、ランカーハンターの最長飛距離付近にコノシロの群れがいてルアーに当たり、そこから付いてきた思われるシーバスがその間に釣れるという状況においても、まともに釣れることなどないでしょうgawk


ただ、こんなおかしな投げ方でも、飛距離が出る様に設計されているショアラインシャイナーZ140サイレントアサシンは遜色なく飛びますdash

しかしキャストレベルが影響しやすいランカーハンターはまともに飛ばず、レンジバイブ100ESもロッドの横ブレが影響してグルグル回りながら飛んでいくこともありましたgawk


さっぱりですbearing


何投しても疲れないキャストdash

毎投安定した飛距離を出すキャストdash

自分でも美しいと思えるキャスティングフォームdash


それらの重要性、特に3つめが長時間キャストをし続ける上で大事だということがこの2週間で良く分かったような気がしますconfident


結局、この日は11時間ほどキャストしたところで海を後にし、愉快なお店に行ってポリプロさんはお茶目で可愛いとかいう話をして帰りました( ´艸`)



・・・



そして翌朝eye


金曜日の疲れか土曜日の疲れかはわかりませんが、右側面が激しい筋肉痛ですwobbly


以前までこんなことは無かったsweat02

30時間以上ほぼ連続して13ftのロッドでキャストしまくった時でも、筋肉痛など無かったsweat01


そして今回、右腕下の脇の下の側筋付近が痛いことから、そこを使ったキャストになってしまっていることが良く分かりましたsad


これは暫く釣りどころではないですねgawk


まだまだ釣りはお休みし、キャストフォームの再構築をしていこうと思いますsweat02


あっ、暫く釣れないのを見越して保険で書いてる訳じゃないですよsweat01

あっ、暫く釣れないのを見越して保険で書いてる訳じゃないですよsweat01


何となく2回書いてみました(*‘ω‘ *)



・・・



一応この日の結果を書いておくと、それっぽいアタリはあったもののシーバス確定ではないのでノーカウントとしてeye


ノーバイトでフィニッシュです(*‘ω‘ *)


でも天気のいい日のデイゲームは楽しいですねhappy01


また頑張りますgood

« M-65にワッペンついたよ | トップページ | 末っ子とぶらぶら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« M-65にワッペンついたよ | トップページ | 末っ子とぶらぶら »