« 消耗品の補充 | トップページ | 筋肉痛がきた »

2013年5月27日 (月)

2013.05.26の海

土曜日が仕事だったので、日曜日は本当は自由を貰える予定ではなかったんですがweep


土曜日の仕事もお昼前に終わり、帰ってから車をゴゾゴゾしたeye

親愛なる奥様からの依頼である網戸の張り替えを行いましたconfident

最初から依頼のあった居間の網戸と、急遽依頼のあった台所の網戸sweat01


そんなこんなで、なんとか昼過ぎまでの自由を貰う事ができましたwink


そして日曜の朝には、口には出さないけどまるまる1日自由をくれるみたいな雰囲気shine


そんな雰囲気の中、朝から海に行ってきましたhappy01


最初に行ったのはここeye

Sw130526_1

最近はここばっかりcatface


今日はいつもに比べて、人も少なめsweat02

もうサバも釣れなくなったのかな?


人と人との距離が一番長い場所付近に車を停めて、そそくさと準備を進めていきますconfident


まずは、前回より少し短くしたリーダーに、イモムシノットでオーシャンスナップ #6をつけますconfident

Sw130526_2

その際、納車時にオプションで選択した荷室フックを使いますconfident


荷室に自転車等を積む時に、しっかりとベルトで引っ張って固定する時に使うフックなので強度もありますgood

そこにS字フックを掛けてスナップを通し、強めにリーダーを引っ張りながらハーフヒッチをしていきますconfident


準備ができたら、先日リアにトレブルフックをつけてみたCOREMAN「CZ-80 ゼッタイ」から使ってみましたwink

Sw130526_3

これなら、後ろから追い食いしてきた魚も掛かりそうですcatface


タックルは、サイコガンダム Mk-II()shine


早速ジグをキャストしてみましたdash

キャスト時に指をリーダーに掛けられるものの、スプールに巻きこんでいるリーダーが前回より短くなった分、バットガイドにリーダーが当たってバラバラ鳴ってたのが気にならない程度になっていますwink

これなら気持ち的にも安心してキャストできますconfident


とりあえず着底からのジャカ巻きをしまくりますwink


異常なしgawk


続いて、ジャカ巻きからのコンビネーションジャークを華麗に演出してみるとdash


こうなりますeye

Sw130526_4

テーリングとか、テーリングからのアシストフック絡みとかsweat02


でも、無我夢中にジャークするのではなく、ちょっとフォール姿勢とスラック量を意識しながらジャークするだけで、随分とテーリングも減りましたwink


ここで気になっていた、DAIKOTIDEMARK ROCKY SHORE PURGATORY TMRPS100/13 の仕様にある適合ルアー表記上限のジグを使ってみることにしましたconfident

Sw130526_5

使うのは120gのジグeye


まずは、DAIWA「SALTIGA SACRIFIVEII LEAF120g シルバーから使ってみましたconfident

Sw130526_6

手で持ってみてもこの位の重さになると、持ち替えたりしない限りは80gや100gのジグとの差はそんなに感じませんsweat02


キャストしてみたところ、ロッドの方も余裕な感じで、人間側にも苦はありませんwink

というか、これまで投げてきた80gや100gのジグの時より、なんだかしっくりくる感じすらしますconfident


ジャークしてみても、何の問題もありませんwink

むしろこの120gのジグより、他の100gのジグの方が形状等の兼ね合いでジャーク時の抵抗があるとも感じましたcatface


続いて、Shout!「LIGHTEN120g グリーンゴールドを使ってみましたconfident

Sw130526_7

こちらも同じように、キャスト、ジャークともに軽快に行うことができましたwink


やっぱりこのロッドの適合ルアー表記はeye

気持ちよくキャストとジャークができる、そこそこ余裕を持った範囲shine

なんだと実感しましたconfident


キャストだけなら、30gのジグでもロッドが硬すぎて投げ難いということもなくしっかりキャストできますし、120gのジグでも余裕をもってキャストできますwink


ただジャークになると、適合範囲のジグだとジャーク感も良いものの、30gのジグでは抵抗が無さ過ぎて何をやっているのか分からなかったりしますsweat02

当たり前と言えば当たり前ですがcatface


この感じだと、キャストもジャークももっと重いものまで余裕で扱える感じではありますが、いろんな事を考慮してマージンを広く取ったこの範囲にしているんだと思いますconfident

しらんけど(*‘ω‘ *)


そして再度、ゼッタイの80gにチェンジしてジャークの何たるかを会得すべく頑張っていたところdash

Sw130526_8

着底からのジャカ巻き主体のコンビネーションジャークで中層付近で何となく重くなったと思ったらeye

ダツが釣れましたwink

一応、入魂完了(/ー\*)


ダツは吸い込みじゃなく噛みつき捕食だと思うので、ジグが滑ってリアのトレブルフックに掛かると思っていたら、アシストフックの片方が口、もう片方がエラに掛かった良い感じのフッキング状態になっていましたconfident


でもこれ、何となく生命感はあったものの、巻いて寄せている時にはゴミでも掛かっている様な抵抗のみgawk

これではSHOW YOUR POWERごっこもできませんbearing


ただ、普通のシーバスタックルだとそこそこ引くようなサイズのダツでこの感じなら、この前一瞬掛かったドンsign01&ブーンブーンfishの正体は一体coldsweats02


途中、釣り場で良く合うワインドのおいちゃんが来たので、一緒に岸壁を攻めてみましたがeye

Sw130526_9

おいちゃんの「こりゃ、なんちゃおらんで」の言葉に心が折れて一旦休憩へchick


・・・


暫く、夜勤明けで眠そうなスライムさんを見たりしながら休憩し、再び同じ場所に戻ってきましたconfident


・・・


ここからは、シーバス狙いですwink


朝のタックル、サイコガンダム Mk-II()から持ち替えたのはeye

Sw130526_a

νガンダム()shine


しかしこれ・・・


軽すぎsweat02

それに、扱い易すぎsweat01


サイコガンダム Mk-II()を暫くブンブン振り回した後にνガンダム()に持ち替えるとeye

13ftのシーバスタックルが普通のメバルタックルなのかと錯覚するくらいの差を感じますwobbly

数分間だけ(/ー\*)


そんなνガンダム()で、軽快にキャストしてみたところeye

Sw130526_b

毎回こうなって帰ってきますsweat02


ちなみにルアーは、COREMAN「PB-30 パワーブレード」ですcatface


満潮潮止まりでゴミが溜まっているとはいえ、これでは釣りになりませんgawk


それでもキャストを続けていると、ムンっdashと重さが載ったのでフッキングしてみたところeye

Sw130526_c

大きめの水草シリーズgawk


暫くすると、岸際に寄っていたゴミも流れていき、沖の方にゴミが浮いてるくらいになりましたconfident


ゴミが流れるのは、流れが効いてきた証拠shine

そして、沖の方にはクッキリとした潮目eye

潮目の筋にはまだ浮きゴミが並んでいるので、とても分かり易い潮目になっていますcatface


そんな潮目に向かってCOREMAN「IP-26 アイアンプレート」をキャストしてチョコチョコしてみたところeye


サバが釣れましたwink


その後もサバがポツポツ釣れましたが、その中でも驚いたのがeye

Sw130526_d

掛かってピチピチしながら寄ってくる途中にラインのゴミを拾ってしまったのか、上がってきた時には縛られたようになってピチピチも困難な感じになっていたサバsweat02


浮きゴミも減ってきた頃eye


少し沖の方で、スズメダイのスレfish

Sw130526_e

IP純正のがまかつ特注フックは掛りがいいshine


シーバスにはスズメダイパターンもあるらしいんですが、どうやらこの日は、シーバスが岸に寄っていないか居るけど居ないふりをしているパターンのようですgawk

しらんけど(*‘ω‘ *)


青い空、青い海confident

Sw130526_f

天気も良くて気持ちいいsun


そんな中eye


雰囲気的にはまるまる1日自由をくれるみたいな感じだったけど、やっぱり最初の約束通り、それなりな時間に帰った方がいいのかな?sweat01

弱気になって、13時過ぎに海を後にしましたsweat02


こんな日に釣りができたことに感謝をしながら・・・


親愛なる奥様、ありがとうございました(*‘ω‘ *)

« 消耗品の補充 | トップページ | 筋肉痛がきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 消耗品の補充 | トップページ | 筋肉痛がきた »