« いろいろ | トップページ | 撃投ジグのレベルとエアロ »

2013年5月16日 (木)

AFTER BURNER HEAVY

アフターバーナーと聞くとear

そして最後のナンバーは、アフターバーナーshine

のセリフから始まる、ビブラフォンとオケヒットのアレ notesを真っ先に思い浮かべてしまうオッサンですgood


そんなどうでもいい前置きから始まったこのエントリーですがcatface


節約中にも関わらず、お小遣いを使ってお買いものをしてきましたconfident


買ってきたのは、タイトルにもあるこちらeye

Abh1305_1

ゼスタ「アフターバーナー・ヘビーshine


ウエイトは100g

カラーはケイムライワシケイムラブルピン


ウエイトは80g~150gまであるようですが、とりあえずキリのいい100gを買ってみましたconfident

この前の初ショアジギ(の練習)では80gのジグを使ってみましたが、ノッてきた時の体はもっと強い負荷を求めてきたので、少し重くしてみましたwink


タックル的にはまだ余裕があるので、数日後には80g~150gのジグを使い分けてるかもしれません( ´艸`)

その辺の岸壁で(*‘ω‘ *)


・・・・・・・・・・ ここから大事 ・・・・・・・・・・


しかし、ジグって安いですよねconfident

一般的なシーバスルアーと比べると、何分の一なんでしょう?


試しに、ダイワのZ120Fを今回と同じ200g分買おうと思ったらeye

約10倍の金額が必要になることが分かりましたflair


ゆえにeye


ジグはシーバスルアーの1/10の価格だというのが分かりますshine


さすが私、節約家だし、頭もいい(*‘ω‘ *)


・・・・・・・・・・ ここまで大事 ・・・・・・・・・・


パッケージ裏には、ジグの説明がありますeye

Abh1305_2

ショアジギングで大活躍の"アフターバーナー"に待望のヘビーモデルがデビュー。
キャスティングジグ用に設計したアフターバーナーの動きを継承しつつ、オフショアでも対応できるよう、再設計し引き重りを極限まで軽減した。
流行のスロージギングにも対応。

■ACTION
ワンピッチワンジャーク時、青物を魅了するダートアクションを演出。
スロージャーク時にはロッドワークに合わせて思いのままのスローダート。
底物もらくらく攻略。

■FALLACTION
独自のセンターバランス設計により、ジグが平打ちしフォールでのバイトを誘発。

[対象魚]
青物・シーバス・フラットフィッシュ・真鯛・タチウオ・サワラ・ロックフィッシュ、他


パッケージから出してみましたeye

Abh1305_3

美しい(*‘ω‘ *)


反対側から見てもeye

Abh1305_4

美しい(*‘ω‘ *)


どのジグが良いのか、どのジグがどんな感じなのか・・・というのが全く分からないので、ジグを選ぶときも適当になってしまいますconfident

好きなところのジグはもちろん、近所のお店に並んでたもの、あとは名前を聞いたことがあって、その名前自体も好きな今回の様なジグwink


でも最初は、そんな感じの方がいいかもしれないですね( ´艸`)


あとは、こんなフックも買ってみましたeye

Abh1305_5

シャウト「ツインアシスト・ダブルバーブshine

サイズは1/0ですconfident


今回のジグにはサイズ的に大きいような気もしますが、CZ-80には丁度いい様な気もしますwink


そんな感じで、次の釣行ではこのジグも投げまくってみようと思いますhappy01

« いろいろ | トップページ | 撃投ジグのレベルとエアロ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いろいろ | トップページ | 撃投ジグのレベルとエアロ »