« T.D.SALT VIB Si追加 | トップページ | 節約開始 »

2013年5月13日 (月)

カーメイト IN438 ロッドケースSP

ロッド数本を持っての遠征や渡磯にはロッドケースが必須であるdash

しらないけど、そんな気がする(*‘ω‘ *)


これは準備せねばsweat01


そう思って、節約生活が始まる2日前にポチしていたものが到着しましたconfident


・・・


ここから暫く、皆さんはたぶん読み飛ばすと思われる前置きになりますcatface


ロッドケースを選ぶ場合、釣り場に歩いて行くか、船で渡るかによって選ぶケースが変わってきますconfident


とりあえず欲しいと思うロッドケースを探してみたところeye

第一候補は、DAIKO ロッドケース(DLRC-1801)になりましたwink

しかしこれ、もうどこにも売ってないし、取り寄せもできないらしいsweat02

残念bearing


これまでの手持ちロッドは、長いものでも3pcだったので仕舞寸法はそれほどでもなかったんですがconfident

今回追加して磯に持って行こうと思っている11'1"ftの2pcロッドの仕舞寸法はeye


174.6cmcoldsweats02


160cm位までのロッドケースなら選択肢が多いものの、内寸175cm以上となると選択肢がいきなり狭くなりますsweat02

残念bearing


そこで、どれにしようか数時間迷いつつ選択したのがconfident


やっと前置き終了catface


・・・


こちらeye

In438_1

CARMATE「ロッドケースSP」(IN438)


ナチュラムを利用しましたが、inno関連は値引き率も良く、こんなに大きな荷物でも送料無料なのが嬉しいですwink


メーカーサイトにはシルバーやブラックのものも写ってるんですが、カラーはなぜかオレンジのみsweat02

In438_2

でも、目立っていいかもしれないですねwink


売り文句等はこんな感じですconfident

バス・トラウト用ロッドなら8~10本、
GT用等の大口径スピニングロッドなら4~6本、1ピースなら7ftまで収納可能。


・サイズ/全長1720~2250×全幅215×全高120mm
・重量/3.5kg
頑丈、大容量、インナー着脱可能。

驚異の耐久性が、絶大なる信頼へ変わる。
年間遠征回数が50回を超えるような人たちから、「ロッドケースは1年ももたない。きまって、開閉部の付け根か伸縮のジョイントが壊れるよ。」という声を耳にする。FIRST STRIKEのロッドケースは頑丈に、あえてオーバークオリティに作った。
開閉部はW二重構造。伸縮のジョイント部はステンレスシャフトを使用。調節された長さを維持し、無理な力がかかっても縮むことなくロッドを守る。コンパクトなボディサイズで容量を大きくするために断面は六角形に。しかも転がらない。階段の昇り降りや長さの調節などで変化する重心に対応すべく、どこでも握れるロングハンドルを搭載。
離島でセスナに乗るときも、コンパクトなためケースからロッドだけを出すような心配もない。
そんなひとつひとつのこだわりが、エキスパート達の信頼を集め、「使える道具」として評価されている。

ロッドをがっちりガード

開口部50cmサポートクッションがロッドティップのバタツキや前後移動を抑え、さらに先端のラバークッションでティップをダブルガード。
伸縮自在。万一無理な力をかけられても縮まないようステンレスシャフトが調整した長さをキープ。

大きな収納力

コンパクト(215×120mm)な見た目の割りに大きな収納力の六角形断面。しかも転がらない。


発売されてから随分経っているのでいろんなサイトで紹介されてますが、改めてパシャパシャしながら私なりの感想を書いてみたいと思いますconfident


付属品eye

In438_4

取扱説明書と、innoのステッカーconfident


こちらが先端のティップが収まる部分eye

In438_5

コインを使って開けるロック部分と、スライドになっている部分がありますconfident

オプションで、このコインを使って開ける部分をシリンダーキーに交換し、鍵をかけられる様にする事もできますwink


こちらは底部分eye

In438_6

この部分を伸ばすことにより、172~225cmに7段階で調整することができますconfident


先端部分を開けるとこんな感じeye

In438_7

先端にはゴムのキャップがあり、ティップを抑える部分にはスポンジもありますwink

どちらもロッドをこちら側から入れるときに邪魔になる為か、簡単に外れる様になっていますconfident

ただ、風の強い日に開けると飛んでいきそうなので、何らかの対策が必要そうですsweat01


この部分からロッドを差し込むようですeye

In438_8

中には何にもありませんconfident

でも結構幅があるので、これなら売り文句の様に複数本のロッドを余裕をもって入れる事ができそうですwink


蓋の部分には、製造年月日だと思われるものが刻印されていましたeye

In438_9

今年の3月27日に作られた様ですconfident


下側の調整は、このネジを外して伸縮させますeye

In438_a

このネジが外れない限りは太めのシャフトで保持されるので、そこそこの力が掛かっても縮むことはなさそうですconfident


ずっと伸ばしていくと外れますeye

In438_b

束にしてロッドを入れる場合は、こちら側から入れる方が楽そうですwink


手持ちの一番長い仕舞寸法のロッドが入る様にするには、1段階伸ばした状態にしますconfident

In438_c

この状態からネジが取れてロッドケースが縮むのが怖い場合は、ネジの右側の穴に適当な錠前でも着けておけば縮むことは無さそうですconfident

ただ、その状態でもネジが取れると底が抜けますsweat02

こちら側からロッドを入れないのであれば、標準のネジの代わりにネジ留め剤をつけたボルトを締めこんでおけば、簡単に外れることはないでしょうwink


立て掛けてみましたeye

In438_d

おっきい(/ー\*)


でも強度は十分そうなので、これにタオル等で包んだロッドを入れておけば、少々どこかにぶつけたり踏まれたりしても、ロッドには何の影響も無さそうですwink

また、ネズミが入り込む心配もないので、使わない時の保管にも良さそうですconfident

ただ、ヤスデやクモなんかは入り込みそうですcatface


とりあえずシンプル過ぎるので、ステッカーチューンでもしてみます( ´艸`)

« T.D.SALT VIB Si追加 | トップページ | 節約開始 »

コメント

石田さん、コメントありがとうございます。
リールの方はサイズにも拠りますが、難しいと思います。
リールを外したロッドを複数本詰め込むといった感じの使い方が良いかと思います。

リールをセットしたまま収納できるのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« T.D.SALT VIB Si追加 | トップページ | 節約開始 »