« 男の戦い 第3戦 | トップページ | 2013.05.14の本屋さん »

2013年5月14日 (火)

ショアジギ用のノット

これまでシーバスで使っていたものよりもeye


より太いPEライン
・ダイワUVF SALTIGA 8Braid +Si4.0号(60LB)

より太いショックリーダー
・プロセレnanodax CASTING SHOCK LEADER(70LB)


これらを結束するノットややりかたをどうしようか考えていましたがthink


試しに、これまで通りのやり方でやってみることにしましたconfident

Sj_ls_1305_1

通称、パナノットですcatface


まだパナ時代のラインツイスター(BH-717P)を使ってクルクルするんですけどeye

Sj_ls_1305_2

これの適合ラインが

適合糸:ライン(0.6号~3号)/リーダー(1.5号〈6lb〉~12号〈40lb〉)

となっていますsweat02


これまでシーバスタックルで一番強かったヤークトアルケー()のラインシステムにもこれを使っていましたが、PE3号にリーダー40lbと、適合ギリギリだったのが分かりますcatface


そして今回は、PE4号リーダーが70lbeye

でもPEもそれなりに細く、リーダーも細いのが特徴のnanodaxで、号数にすると14号confident


これならいけそうcatface


・・・と思って試しにやってみたのがこれeye

Sj_ls_1305_3

まだ締めこむ前の状態ですが、いい感じにクルクルできましたwink


やっぱりラインツイスターにラインを挟み込む部分がちょっとキツイ感じですが、それ以外は問題なさそうですgood


ただ、ショアプラッギング用のPE6号にリーダー100lbになるとどうなのかeye

それはまたその時に確認しようと思いますsweat02


締め込みには、いつもの様にタフレッドを使いますshine

Sj_ls_1305_4

普通の安価なゴム手袋ですcatface


PEとリーダーを両手に何回か巻きつけて結束部にエキスをつけsweat02

静かに、そして渾身の力を使って締めこみますdash


締め込みが終わったら、ハーフヒッチを何回かやってconfident


最後はeye

Sj_ls_1305_5

バークレイのホットワイヤーラインカッターを使って、リーダーの頭を丸めて抜けにくくするのと、PE本線の最後の部分が解れない様に焼いて終了ですwink


最初にできたノットがこちらeye

Sj_ls_1305_6

それなりにいい感じcatface


試しに、初回分を使って強度テストをしてみましたwink


片方を筋トレ用のダンベルに、もう片方をその辺に転がっていたアルミパイプに縛りつけてeye

脚の力を使ってムーンdashしてみたところ・・・


引っ張り強度だけなら何の問題も無いことが確認できましたgood


このタックルでは、リーダーをリールに巻き込むくらいにして、リーダーに指を掛けてからキャストしようと思っているので、ノット部分のガイド抜けの良さも重要になりますconfident

でもパナノットなら大丈夫そうですwink

まだ試してないのでしらんけど(*‘ω‘ *)


再度同じようにノットを組み、リーダーを5m位取って準備は完了ですshine

Sj_ls_1305_7

それでは今日は、ちょっと西の方にエソを狙いに行ってこようと思いますwink


釣れるかなぁ( ´艸`)

釣れないだろうなぁ(/ー\*)


外道でブリやカンパチあたりが釣れても許すんですけどcatface

とりあえずは、サイコガンダム Mk-II()の操作感覚を掴むのと、実際に使うタックルを使っての筋トレがメインですwink


頑張りますヽ(´▽`)/

« 男の戦い 第3戦 | トップページ | 2013.05.14の本屋さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 男の戦い 第3戦 | トップページ | 2013.05.14の本屋さん »