« 今日は自由だが・・・ | トップページ | WM3800Rファームウェア Ver1.1.0 »

2013年6月17日 (月)

2013.06.16の海

昨日のエントリーではeye


しんどい(*‘ω‘ *)


とか書いていましたがsweat02


やっぱり、せっかくの自由な日に釣りをしないのは勿体なさ過ぎるsweat01


ということで、朝から釣りに行ってきました( ´艸`)


・・・


行く前にはイメージトレーニングとして、「コアッ! Vol.10」を見た後で、先週の「釣りロマンを求めて」も見ましたconfident


そんなこんなで、昨日のエントリーではeye


岸ジギタックルのジム・クゥエルしか持って行かないdash


とか書いていましたがsweat02


釣りロマンの内容に影響されて、ジム・スナイパーIIIも積んでしまいました(/ー\*)

Sw130616_1

この日のタックルは、これだけになりますconfident


まずは、先日到着した岸ジギタックルから使ってみることにしましたconfident

Sw130616_2

タックル愛称 RGM-79Q ジム・クゥエルshine
 ・ロッド:シマノEXSENCE B703ML/F - Ganpeki Commander -
 ・リール:シマノ'09 ALDEBARAN Mg
 ・ライン:東レBAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade(14LB) 


使うジグはもちろん、COREMAN「CZ-30 ZETTAIshine

Sw130616_3

フックも当然の様に、コアマン「CTF-こだわりアシストフックshine

サイズはMにしてみましたconfident


そんな感じで少しだけ使ってみたところ、それなりな感じで使うことができましたcatface

Sw130616_4

握り方は、やっぱり3フィンガーwink

ロッドのグリップ形状にも合っていて、クラッチ操作もやり易く、パーミングしながらのシャクリもいい感じにできますgood


ただ正直、何が何だか良く分かりませんsweat02

その辺はじっくりやり込みながら理解していくとして・・・


タックルチェーンジ(/ー\*)


そそくさと、こちらに持ち替えましたeye

Sw130616_5

タックル愛称 RGM-79SR ジム・スナイパーIIIshine
 ・ロッド:シマノBORDERLESS 460M-T
 ・リール:シマノ'10 EXSENCE LB C3000HGM」 + 「夢屋 1775DA スプール 
 ・ライン:シマノPower Pro DEPTH-HUNTER CASTING0.6号(10.4LB)
 ・リーダー:東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade(12LB)


キャストしまくりますが、何の反応も無いまま時間だけが過ぎていきますgawk


潮の変化で濁りが出てきたので、IP-18クロキンフラッシュにしてみましたeye

Sw130616_6

すると、直ぐに答えは出ましたgood


ちょっとグロいので画像は載せませんが、コノシロが釣れましたwink


ボトムからのミドルピッチリフトアンドフォールで、リフトの頂点くらいで食ってきますeye

そういえば、前にボーダレスを使った時も同じような感じでしたsweat02


カラーを替えてみても、やっぱりコノシロgawk

Sw130616_7

この画像はこれでもまだマシな方sweat02

同じようにリフトの頂点で、フロントフックに食ってきてる感じですconfident


ボーダレスだとこの位のコノシロでも十分な引きを楽しめるんですが、今度は表層付近を攻めてみる事にしましたwink


すると、今度は違うバイトeye

しかし乗らないsweat02


おそらくアレgawk


チェイスしてきたのを見ると、やっぱりアレgawk


食わせのアクションを加えてフッキングをかますと・・・


やっぱりコレeye

Sw130616_8

時には恋しいこともある、ダツcatface


表層を引いてそれなりなアクションを加えると、ガンガン当たってきますsweat02


今度は中層を狙ってみるものの、きちんとレンジキープすると何にも当たりませんgawk

レンジを上げ過ぎるとダツが当たったりするので、レンジキープのいい練習になりますcatface


そしてふとあることを考えましたeye


もしかして、飛距離が足りてない?

IP-18も飛ぶけど、更にその向こうにシーバスが居るんでは?


そう思って、IP-18からIP-26にチェンジしてフルキャストdash

Sw130616_9

気を付けないと、ライン毎全部飛んでいきますcoldsweats02


ここまでフルキャストしなくても、明らかに飛距離は伸びていますup


もうシーバスなんか釣れる気配も無いので、場を荒らすかのようにsweat02

いろんな場所にキャストしつつ、いろんなアクションをしまくりますdash


そんな中、着底からのショートピッチリフトアンドフォールをしているとeye


ゴチンsign03


掛けた瞬間から、シーバスっぽいshine


明らかに首を振っていますcatface


そして、ジャンプdash


明らかなシーバスfish キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!


その後、首振りの感覚が消えましたeye


そして、前にもボーダレスでシーバスを掛けた時と同じように、テトラのある上流に向かって走り出しましたsweat01


前は、ラインを出そうか出すまいか迷った挙句、結局無理な引っ張り合いをしてそのままテトラの奥の方に走られてラインを擦られてバラしてしまったんですがbearing

今回はその経験もあったので、早めの段階から引っ張り合いをせずにレバーブレーキを使ってラインを出す事にしましたcatface


ラインをテトラに擦られるまでもなく、嫌な場所での引っ張り合いを止めるためですwink


すると、レバーを使うタイミングが良かったのか、方向転換して正面の方に向かってくれましたconfident


正面に来たくらいから、弱めのテンションのままゆっくりと寄せてきますeye


さっきまではあれだけ走っていたのに、弱めのテンションだと掛けられているのを忘れてるかの様にスーっと寄ってきますconfident

これはサバでも体験済で、テンションを掛けないとサバですらティップの動きの範囲内で走るのを止めますfish


難なく足元まで寄せてくると、今度はタモ入れするために浮かせようとしたときに、それに反発して真下に突っ込みだしましたdash


そこでも慌てず、ロッドの角度を維持したまま、レバーブレーキでラインを出していなしますwink


ドラグは、ここぞというときに無理をしてでも寄せられる位の強さにしているので、ロッドが伸された状態位にならないとラインは出ませんeye

こういう時には、レバーブレーキがとても便利ですgood


ちょっとずつ浮かせ、また突っ込んだらレバーでいなすconfident


ロッドが伸び切らず、手首の角度も変わらない範囲でこまめにラインを出しますconfident

この辺は長い磯竿ということもあって、余裕でやり取りできますwink

そして何より、この一連の攻防が楽しい(*´艸`)


それを繰り返してシーバスが疲れるのを待ち、浮いてきたところを一気にタモで掬いますfish

Sw130616_a

キャッチ成功happy01


ルアーを見ると、最初に掛かっていたと思われるフロントフックは最初の首振りかジャンプで口から外れた様で、そのせいで途中から首振りの感覚が消えたんだと思われますsweat02


そして結果的には、リアフックの1本が顔の下の薄皮に掛かっているだけcoldsweats02


これ、ちょっと無理してたら身切れしてバレてましたね・・・


思うに、しなやかな磯竿と、指1本で自由にテンション調整できるレバーブレーキがあったからこそ、獲れた魚だと思いますdash

ティップがしなやかなだけの短いロッドではあの飛距離は出せず、レバーブレーキを使う場合でもロッドが短いとタメが少なくてテンションの掛りが急激になりがちですgawk


そして更に思うに、前回のミスを踏まえて素晴らしいテクニックを駆使できた私だからこそ、獲れた魚だとも思いますdash

さすが、私(*‘ω‘ *)


ルアーは上の写真の後、フィッシュグリップを取りに行ってる間に勝手に外れていましたcoldsweats02

セーフsweat01


貴重な炎天下のデイシーバスeye

Sw130616_b

サイズは、62cmでしたwink


サイズはともかく、絶滅危惧種になりつつあるデイシーバスをキャッチできたことが嬉しいですhappy01


ただ、掛けてから後の事は自分でも納得できる内容なんですがcatface、掛けるまでのプロセスが何となく納得できないgawk


飛距離が足りないと思ってIP-26に替えたところまでは良かったものの、その後はラインが無くならない程度に遠投しまくり、適当にボトムを取っていろんなアクションをしまくりやがってた中、偶々食ってくれたような感じsweat02

場を休ませる事も無く、何度も同じ場所にキャストしまくってる中、偶々回遊してきたシーバスが偶々口を使ってくれたような感じsweat01

これはこれで良いのかもしれないけど、何となく納得いかないgawk


でもまぁ、久しぶりに釣れたからいいかhappy02


これも炎天下の中、暑さに負けずにキャストし続けた成果ですからねwink


その後は、同じようにしても食ってくるのはダツeye

Sw130616_c

おそらくシーバスが釣れたことに動揺して、ボトム付近でのショートピッチリフトアンドフォールでレンジキープできなくなってるだけでしょうねsweat02


そして夕焼けconfident

Sw130616_d

海って素晴らしい(*‘ω‘ *)


その後も少し頑張り、久しぶりに12時間程頑張った後、帰って片づけをしてお風呂に入って・・・


お楽しみのこれbeer

Sw130616_e

最高(*‘ω‘ *)


この瞬間があるからこそ、暑い中も頑張れるというものです( ´艸`)


キャストする度に捲れる長袖シャツとグローブの隙間が、1日でこんな感じに日焼けしちゃう中、頑張った甲斐がありましたsweat02

Sw130616_f

いろいろと学習したので、炎天下の中ではあえて偏光グラスは外していたもののeye

腕は立派なツートンカラーになってしまいましたsweat01


でも、何気にオシャレかも(*‘ω‘ *)


また頑張りますcatface

« 今日は自由だが・・・ | トップページ | WM3800Rファームウェア Ver1.1.0 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は自由だが・・・ | トップページ | WM3800Rファームウェア Ver1.1.0 »