« 2013.06.16の海 | トップページ | パワーセーブ通信を試してみた »

2013年6月18日 (火)

WM3800Rファームウェア Ver1.1.0

先日から公開予定となっていた、AtermWM3800Rのファームウェアが昨日公開されましたhappy01


内容はこんな感じeye

1.操作性の改善
 リモート起動のON/OFF設定を本商品のディスプレイメニューから操作できるようにしました。
2.省電力機能の強化
 ①パワーセーブ通信機能
  Wi-Fi通信の省電力強化により、連続動作時間を長くすることができます。
  約8時間(初期値)→約10時間
  (クイック設定Webで機能ON/OFF設定)
  <注意事項>
   ・無線LANのセカンダリSSIDは使用不可となります。
   ・Wi-Fi通信の反応が遅くなる場合があります。
    お使いの端末やアプリケーションによってはご使用になれないケースがあります。
 ②切り忘れ防止機能
  60分動作後、自動的に休止状態へ移行。
  (クイック設定Webで機能ON/OFF設定)
3.不具合の改善
 Mac OSでUSB通信をご使用のとき、WM3800Rが再起動することがある件に対処しました。


早速適用confident

Wm3800r_fw110_1

ファイルをダウンロードし、ローカルファイル指定で更新してみました。


特に問題も無く更新でき、ファームウェアバージョンが1.1.0wink

Wm3800r_fw110_2

更新後は、設定を確認していきますconfident


こちらが、連続動作時間が10時間になるらしい設定eye

Wm3800r_fw110_3

とりあえず[使用する]にして設定wink


暫くこの状態で使ってみて、様子を見てみようと思いますconfident


何か問題があれば元に戻しますsweat02

« 2013.06.16の海 | トップページ | パワーセーブ通信を試してみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013.06.16の海 | トップページ | パワーセーブ通信を試してみた »