« 長女の誕プレ(その2) | トップページ | 適当なリールを乗せてみた »

2013年8月 6日 (火)

クラーケン76 ベイトモデル

欲しい欲しいと思っていた(*‘ω‘ *)

そう思っている間に、知人が買ってしまった(/ー\*)


負けた気がした(´;ω;`)


到着(*‘ω‘ *)

76kc_1

ワンナック「クラーケン76 ベイトモデルKR-B76KCshine

TULALAロゴも入ってますwink


まず取り出したのは、グリップ部分eye

76kc_2

巻き付いてる説明書っぽいものを外して・・・


開いてみるとeye

76kc_3

はい、わかりました(*‘ω‘ *)

・・・という気持ちになれますconfident


それでは何時ものように、エンド側からパシャパシャしていきますcamera

76kc_4

グリップエンドはこんな感じになっていて、キャストもやり易く、脇に挟んでも使いやすい形状になっていますwink


そこから上はコルクですeye

76kc_5

グリップはセパレートで、エンド側のコルク部分、リールシート側のコルク部分ともに、10cmの長さになっていますconfident


セパレート部分にもTULALAロゴshine

76kc_6

こちらのセパレート部分は約10.5cmですconfident


リールシートは信頼のFuji製eye

76kc_7

メーカー品だとシールを貼り替えているものが多い中、Fujiのシールそのままなところも良いですwink


フォアグリップはこんな感じeye

76kc_8

コルク部分の長さは、5.5cmですconfident


肉厚なブランクスがこれだけ出ており、この部分でジョイントされますeye

76kc_9

美しい(*‘ω‘ *)


ここからが別セクションになりますeye

76kc_a

ピカピカshine


バット部分は見た目に軽く感じられるように、白く塗装されていますconfident

76kc_b

クラーケンロゴもオクトパッシングロゴも綺麗wink


その上は逆向きのロゴが並んでいますeye

76kc_c

ワンナック、ツララ、クラーケン76shine


バットガイドまでが白く、そこから上は黒くなってますeye

76kc_d

ガイドは全部で9個confident


ティップの方は径も小さめeye

76kc_e

ただ、バットガイドから1番ガイドまでの全てがダブルフットになっていますwink


軽く繋いでみると、ジョイント部分はこの位になりますeye

76kc_f

ステキッ(*‘ω‘ *)


ここでロッドのスペックですeye

・アクション:レギュラーファースト
・長さ:7ft 6inch
・仕舞寸法:198cm
・グリップ長:50cm
・重量:198g
・PE #MAX:8号
・キャストウエイト:11~200g
・値段:直ぐに元が取れるくらい


何となく重さも量ってみましたconfident

76kc_w1

グリップ側は、141.3g


ロッド側は、71.6g

76kc_w2

合計、212.9g

仕様より、約15g重いようです(/ー\*)


こんなところで、パシャパシャのエントリーは終わりますconfident


またリールが揃って実釣したら、感想でもエントリーしたいと思いますwink

« 長女の誕プレ(その2) | トップページ | 適当なリールを乗せてみた »

コメント

かっぱさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

地元ではオクトパッシングブームだったりして、私も2,3年ほど前?からオクトパッシングを始めました。
そしてついに発売になったクラーケンが気になっていたところに知人が買ったので、私も負けじと買ってしまいました(笑)
その後、釣具屋のにいちゃんも買ったようです。
現在地元に3本のクラーケン、良くこじんまりとした蛸釣り大会もやっているので、もう言い訳はできません(笑)

かっぱさんがお住まいの場所は、カブトガニが有名なところかな?
どちらにしても瀬戸内産のタコが釣れる場所ですね。
私も生タコが食べたくなったので、リールが届いたら釣ってきますね(*´艸`)

初めましてm(__)m
思わずクラーケンを買われた方と遭遇致しました\(^o^)/
我が家も、クラーケンのスピニングモデルを購入しました~♪
嫁さんがソルティガ4000とセットでタコを釣りまくっております。
ええロッドですよね~♪
遡り読ませて頂きました。
海を隔ててお隣の県に住んでおります。m(__)m
又寄らせて頂きます~♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長女の誕プレ(その2) | トップページ | 適当なリールを乗せてみた »