« Revo BIG SHOOTER COMPACT | トップページ | ノブのベアリング追加 »

2013年8月 9日 (金)

タコ用ライン巻いてみた

これまで使っていたタコタックルでは、最初はPE10号を巻いていたものの途中からPE3号に変更confident


PE直結のため、結束強度やライン強度自体が心配だったものの、素晴らしいテクニックがあって貼り付かれることのない私の場合は、PE3号でも特に問題の無いことを何度か証明することができました(*´艸`)


しかし、テクニックだけでは避けられない根掛かりが何度かあり、その中でルアーをロストした事も何度かありましたsweat02

その際、これまではどんな状態になってでもほとんど帰ってきていたものが、帰ってこなくなったということを実感したりもしましたsweat01


そこで今回は、再びこのラインを使うことにしましたeye

Rbsc_ls_1

シマノ「パワープロ デプスハンター10.0号 122.2lb(55kg)shine


なぜ再びPE10号を使うのかというと、上に書いていることもそうですが、できるだけ海にゴミを残したくないということと・・・


普段は細いラインを使うCOREMANの泉さんconfident

PE0.6号にリーダー10LBのシーバスタックル(ボーダレス)でブリを釣った泉さんが、同じ番組の中でのタコ釣りにはPE10号を使っていたeye

というのも大きな理由だったりします(*´艸`)


さっそく第一精工の「高速リサイクラー2.0で巻こうと思ったところeye

Rbsc_ls_2

標準のシャフトでは短すぎてこのラインのスプールに合わないsweat02


シャフトを付け替えるのも面倒なので、初代「高速リサイクラー」を使うことにしましたconfident

Rbsc_ls_3

やっぱりPE10号は太いcoldsweats01


強めのテンションを掛けて巻いていくと、スプールにラインが溜まっていくに従って巻きが重くなるのが分かりますsweat01


本当はギア比が高いのをライン量で調整しようと思っていたんですが、訳あってスプールいっぱいまで巻いてしまいましたcatface

Rbsc_ls_4

なぜかというと・・・


これだけ巻いても50m巻けていないからです(/ー\*)


確かにビッグシューターは糸巻き量が多いconfident

同じようにビッグシューターコンパクトもそれなりに多いものだと思っていたconfident


でも実際は、これまで使っていたスコーピオンXT 1501-7」とほとんど変わらないことが今分かりました(/ー\*)


また遠投できなくなった・・・

でも、あの頃も普通にタコは釣れてたし・・・

でもでも、特に夜は遠投して沖の方で釣れることも良くあるし・・・


これでは、最近いい気になってるあの野郎に負けてしまうかもbearing


勿体ないけど、押し入れに眠っているこれを使うべきかeye

Rbsc_ls_5

圧倒的な耐摩耗性&高強力shine


数秒悩んだ後、さっき巻いたばかりのパワープロを抜いている私が居ました(´-ω-`)


妥協は許されないdash


・・・ということで、今回は信頼性抜群のこのPEを巻くことにしましたconfident

Rbsc_ls_6

ダイワ「UVF ソルティガ 8BRAID+Si6.0号 92lbshine


今度は「高速リサイクラー 2.0」を使いますcatface


少し余裕を持ったところまで巻いて、70mちょっと巻くことができましたwink

Rbsc_ls_7

これだけあれば、岸から離れて捕食行動をしているタコを狙うのにも十分でしょうconfident


今回巻いたPEは高価なものの、300m巻きを70mちょっとずつ使えば、4回使えることになりますwink

そうすると、1回あたりの単価が計算できて、わりと経済的・・・な気がします(/ー\*)


さぁ、あとは気になるノブのベアリングを追加すれば準備は万端ですgood


近々このタックルに入魂してきます(*´艸`)

« Revo BIG SHOOTER COMPACT | トップページ | ノブのベアリング追加 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Revo BIG SHOOTER COMPACT | トップページ | ノブのベアリング追加 »