« 久しぶりのクランキンと・・・ | トップページ | APIA Boiling Point »

2013年11月21日 (木)

ベイトシーバスタックルの初使用感

久しぶりのクランキンを一通り楽しんだ後happy01

この池に来た、もう一つの目的をこなすことにしましたconfident


その目的は、ベイトシーバスタックルの初使用感を得ること(*´艸`)


こちらが、この日に初めてロッドにリールを載せてみたシーバスタックルですeye

Fw131119b_1

超絶カッチョイイ(*‘ω‘ *)


■タックル詳細■

タックル愛称:RGC-83 ジム・キャノンII(画像はこんな感じ)
 ・ロッド:シマノ「EXSENCE B800H/R - Beast Plugger -
 ・リール:シマノ「'13 EXSENCE DC
 ・ライン:シマノ「EXSENCE PP4+2.0号(32.1LB)
 ・リーダー:ダイワ「SALTIGA LEADER Type N(30LB)


このタックルで最初に投げるルアーは、車の中で最初に目に付いたこちらeye

Fw131119b_2

ペニーサック 初代shine


DCの設定は、スタンダードPEモード(PEモード)のMAXconfident


普通に投げられ、普通に飛んでいきましたdash


それから4段階あるPEモードでいろいろ試しましたが、MAXからMINに落としていくに従って飛距離は上がりますが、キャスト時のラインの浮きも多めにeye

DC音の出方も投げた感じも、良くあるDC付きリールと同じ様な感じでしたconfident

また、MINでキャストする場合も、アンタレスDCのLモードの5以下で投げるときと同じようにキャスト直後にだけ一瞬軽くサミングすると、ラインの浮きも良い感じで飛距離も伸びましたwink


ロッドの方はまだまだ余裕があり、32gのルアーではロッドが撓っている感もそれほどありませんeye


今度は、エクスセンスDCの売りの一つである、スペシャルPEモード(SPモード)を使ってみましたwink

そう、着水時にサミングしなくてもバックラッシュしないというアレですconfident


結果はeye

Fw131119b_3

バックラッシュした(・ε・` )


でも、軽いバックラッシュなので、直ぐに修復できましたconfident

SPモードだと後半に鳴るはずのDC動作音もしないままでしたが、スプールを見ていると着水時にブレーキが掛かり、これだけで抑えられたという感じですconfident


サミングを忘れてもこれだけで済むのはありがたいことなのかもしれませんが・・・

バックラッシュしたことに変わりはありませんgawk


そのまま何度かキャストしてみたところ、キャストの仕方やルアーの軌道によって、DC音がする場合としない場合があることに気付きましたconfident


あとは、ロッドが強すぎるためか、ライナーっぽく飛んで水面にルアーが突き刺さっている感じなのと、まだこのタックルでのキャストに慣れていないので、キャスト時のルアーの初速がバラバラなのも、DCの動作に影響しているような感じですsweat02

しらんけど(*‘ω‘ *)


あえて高めの軌道でキャストすると、着水寸前からDC動作音がしてバックラッシュしないこともあったので、普通の強さのロッドなら問題ないのかもしれませんeye

しらんけど(*‘ω‘ *)


・・・


続いて、それならシマノのシーバス用ルアーだとどうだろう?と思い、これを使ってみましたconfident

Fw131119b_4

サイレントアサシン 140F AR-Cshine


AR-Cシステムはベイトタックルで投げても良く飛び、綺麗な軌道で飛んでいきましたdash


そして、同じようにサミングもせず放置してみたところ・・・

Fw131119b_5

着水寸前に動作音がしたと思ったら、着水後に急激にブレーキが効いた感じになりeye


バックラッシュせず(`・ω・´)


感動した(*‘ω‘ *)


これって、キャスト時のルアーの初速等から落下軌道に入ったのを察知してブレーキを掛けているんでしょうか?


数投してみると、着水前から動作音がする場合があったり、着水してから動作音がする場合があったりしましたが、どちらの場合でも、このルアーだとバックラッシュしませんでしたconfident


これは凄いdash


これまで、いろんなDC搭載リールを使ってきましたが、こんなのは初めてですsweat02


今度は、キャストの仕方によってどうなるのかを確認するために、高い軌道でキャストしてみたり、低い軌道でライナーっぽくキャストしてみたりしてみたところeye

やっぱりライナーっぽくキャストするとDC音が出るのが遅れて少しバックラッシュ気味になることもありましたconfident


でもこのルアーだと、普通にキャストしている限りはノーサミングで問題なさそうですwink


また、いろいろ試してみると、ルアーの飛行姿勢や比重、空気抵抗にも関係してそうな感じでしたconfident

しらんけど(*‘ω‘ *)


・・・


続いて、重めで空気抵抗の大きなルアーだとどうなるのか、確認してみましたconfident

Fw131119b_6

まずは、ギザシャッド 145S AR-Cshineからeye


このルアーの重量は、50gを超えますconfident


ロッドはビッグベイト用ということで、適合ルアーウェイト:14~170gと余裕catface


ルアーをぶら下げてみたところ、こんな感じeye

Fw131119b_7

画像ではそれなりに撓っているように見えますが、実際はほとんど撓っていませんsweat02


キャストしてみると、何の問題も無くフルキャストできましたwink

飛距離もそれなりに出ますconfident


ただ、ロッドが硬い分、手首にきますsweat01


あと気になったのが・・・


これeye

Fw131119b_8

リールにラインを巻いた時にも、いっぱいコーティングが剥がれたようなカスが付きましたがsweat02

何投かしただけでこの状態sweat01


ラインも最初の鮮やかな黄色から、ちょっと白っぽくなっているような気がしますgawk


・・・


続いては、ビッグベイトといえばこちらeye

Fw131119b_9

ジョインテッドクローshine


AIMSのソルトカラーのもので、重さは2ozクラスなので56g位でしょうかconfident


こちらもぶら下げてみたところeye

Fw131119b_a

ほとんど撓りませんsweat02


こちらも問題無くキャストでき、スーイスーイと良い感じに泳がすことができましたconfident


ちなみにSPモードからビッグベイトPEモード(BBモード)に切り替えてキャストしてみましたが、何となくやっていることは分かるものの、SPモードのままでも問題無い感じでしたcatface


・・・


続いては、このタックルを手にしたことで久しぶりに買ってみた、こちらeye

Fw131119b_b

ジョインテッドクロー マグナムshine


重さは4ozクラスなので112g位でしょうかconfident


こちらも同じようにぶら下げてみたところeye

Fw131119b_c

これだけしか撓りませんsweat02


そして、何の問題も無く、当たり前の様にキャストできましたdash


ただ、着水時のスプラッシュが半端ないsweat01


でも楽しい(*´艸`)


・・・


他にも、IP-26PB-30なんかをキャストしてみたところ、池なのでちゃんとした飛距離は分からないものの、それなりに飛んでいましたconfident


また、ギア比 8.0:1ということで巻上げ量も多く、素早いキャスト後のスラック回収や、IP-26なんかの早巻きもでき、ノブが大きかったりハンドル長が伸びたからか、巻上げも軽くて良い感じwink

Fw131119b_d

リールシートも握りやすく、キャストからリーリングまで、ずっと3フィンガーのままで大丈夫でしたconfident


パーミング感も良く、ロッドとリールの一体感もバッチリですwink

Fw131119b_e

また、ハンドル交換でリールの重量が変わってますが、タックルの重量バランスも良い感じcatface

キャストからロッドアクションまで、普通にこなすことができましたconfident


キャストはスピニングタックルでもそうですが、引き手を意識するとどんなルアーでも軽めにキャストできましたdash

ただ、スピニングタックルのようにまっすぐ引くだけではなく、リールが上についているのと、ロールキャスト気味にしてできるだけロッドの撓りを一定にするために、少しこじるようにすると良かったですwink


・・・


大体のシーバスルアーは普通にキャストできることが分かったところでeye


適合ルアーウェイト:14~170gの下限付近も、ちゃんとキャストできるのか確認してみることにしましたconfident


ただ、車に積んでいるシーバス用ルアーを見ても、下限付近のものが見当たりませんsweat02

Fw131119b_f

そこで、さっきまで使っていたクランクをキャストしてみることにしましたconfident


ルアーは、KTW「B7midshine

自重は1/2ozクラスなので、丁度14g位ですwink


ロッドの方は当たり前の様にeye

Fw131119b_g

まったく撓りませんsweat02


それでも、ここまでいろんなルアーをキャストしてきたことで、このロッドのキャストの感覚を掴み始めていますflair


このロッド、ただ硬いだけでは無く、キャストの時にそんなに撓っているようには見えなくても、ちゃんと撓ってる感が伝わってきますconfident

なので、リリースポイントも分かり易く、ミスキャストもありませんwink


そんな感じのタックルでキャストしてみたところ、普通に飛びましたdash

そして、同じようにノーサミングでバックラッシュしませんconfident


これで、適合ルアーウェイトの下限でも問題のないことが確認できましたwink


また、長めのハンドルのおかげか、トロ巻きもスムーズにできましたconfident

巻き感度も良いcatface


このロッドにしては、こんなに軽いルアーのキャストでも気持ちよくできるので、暫くクランキンを楽しみますhappy01

ラインシステムも強めなので、それなりな根掛かりなら帰ってくるという安心感もありますwink


・・・


暫くすると、下限は大丈夫だけど、もっと軽いルアーはどうなんだろう?と思い始めますcatface


そこで、こちらのクランクを使ってみることにしましたeye

Fw131119b_h

ルアーは、KTW「Rodio Drive TypeCshine

自重は5/16ozクラスなので、9g弱ですwink


ウッドのフラットサイドクランクなのでキャストが難しく、クランキンタックルでも油断するとバックラッシュしてしまう様なルアーですsweat02


そんなクランクをフルキャストしてみるとeye

Fw131119b_i

何の問題も無くピューンと飛んで、ノーサミングのまま着水させてもバックラッシュしないsweat02


何だこれcoldsweats02


なぜこんなタックルでこのクランクがフルキャストでき、しかも着水までノーサミングでバックラッシュすらしないsweat01


凄すぎる(*‘ω‘ *)


試しに禁断の風上の方にキャストしてみたところeye

同じようにそれなりに飛んで、ノーサミングでバックラッシュしないsweat01


何だこれcoldsweats02


本気で、凄すぎる(*‘ω‘ *)


1タックルのDCモード固定でメカも弄らず、5/16ozのこんなフラットサイドクランクから、6ozのビッグベイトまで余裕でキャストできてしまうsweat01


何だこれcoldsweats02


他には、PEとリーダーの結束部分をガイドに巻き込んでからキャストするのが心配でしたが、こちらも特に問題無しconfident

キャスト切れはもちろん、ミスキャストも1度もありませんでしたwink

この辺は、生まれ持ってのキャストセンスも影響しているんだと思います(`・ω・´)


ナイスタックルshine

Fw131119b_j

感度の方も、交換したハンドルやPEのおかげもあってか、いろんな情報がビンビン伝わってきますconfident


まさか、こんなタックルでクランキンgawkとも思ったんですが、キャストが毎回不思議だったり巻くのが楽しかったりして、暫く続けてしまいましたcoldsweats01


それにしても、このタックルeye

Fw131119b_k

見た目良し、軽めのルアーのキャスト良し、ビッグベイトのキャスト良しwink


とてもとても良いタックルですgood


本当は、シーバスを掛けた時の使用感も確認したかったんですが、一度に全てをこなしちゃうと次回からの楽しみが減っちゃうので・・・

あえて海ではなく池に来たわけですcatface


たぶん、その辺の使用感もあっという間にお伝えできると思うので、2,3年ほど気長に待っていて貰えればと思います(/ー\*)


・・・


とりあえずの初使用感は、こんな感じになりましたconfident


次回は海で使用することになりますが、今回の池では気付かなかった事がいろいろと分かってくるかもしれませんし、実際に海で使うと不満に思う事も出てくるかもしれませんsweat02


その辺もまた、楽しみだったりします(*´艸`)

« 久しぶりのクランキンと・・・ | トップページ | APIA Boiling Point »

コメント

shin1nosukeさん、はじめまして(・∀・)

リブレのハンドルはかっこいいですよね。
私も前に見たときはCRANK90までしかなかったと記憶してるんですけど、丁度100が出てたので思わずバイトしちゃいました(/ー\*)
握りやすくて巻きやすくて、とてもいいですよ(*´艸`)
是非!

はじめまして、shin1nosukeと言います。
リール凄いかっこいいですね!!自分もダイワZに付けてみたくなりました。でも財布の中身が・・・たぶん買ってしまいます^^;
ベイトのライン選びは難しいですね><

DC搭載機の種類によっても違いますけど、キーンって感じの音ですかね(・∀・)

ラインの方も、ヨレが影響しやすいスピニングほどは気を遣わないで済みそうです。
PP4+も今のところコーティングが剥がれてしなやかになってるくらいで、特に問題なさそうです(/ー\*)

こんにちは〜ビィーンて音のするリールですか?たまに釣りしてて聞くとびっくりします(u_u)ラインは…シマノだからオシアを使うといいんですかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりのクランキンと・・・ | トップページ | APIA Boiling Point »