« EXSENCE DC LEFT HANDLE | トップページ | ベイトシーバスタックルの初使用感 »

2013年11月20日 (水)

久しぶりのクランキンと・・・

また、振替休暇を貰った火曜日


クランキンがしたくなったのと

やっと揃ったベイトシーバス用タックルを使ってみたくなったので


久しぶりに、近所の池に行ってみることにしました


・・・


まずはタックルを車に積み込みます


エンドバッジには、FD

Fw131119a_1

シマノ「ファイナルディメンション TS-1610LF」+「アルデバラン Mg」、ラインは東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade」の12lb

お気に入りのクランキンタックルです


そしてこちらは、STEEZ

Fw131119a_2

・・・ではなく


以前に8ftのビッグベイトロッドを積んでいた時にも使っていた、STEEZのティップカバーをつけた、ベイトシーバスタックルです

タックル愛称は、ジム・キャノンII


アトレーワゴンの場合、8ftになると車内の天井側の長さが足りずにロッドホルダーには載せられないので、グリップ側だけロッドホルダーに入れてティップ側をカーテンのロープの上に載せても良かったんですが・・・

Fw131119a_3

ガッチリホールドできるここにセットしました


現地に持って行ったクランクは、厳選したこの5つのみ

Fw131119a_4

・KTW「ロデオドライブ type-Cブラック/チャート

・KTW「グースネック MRグリーンナスティ

・KTW「スナブノーズ M5セクシーチャートシャッド

・KTW「B7midサワーグレープ

・mibro「バレットヘッド DDマットタイガー


久しぶりのキャストなので、投げ易いスナブちゃんから使ってみることにしました

Fw131119a_5

スナップは、COREMAN「こだわりスナップ#1


とある理由で、コルクノブが付いたノーマルハンドルからLIVRE「CRANK 90」に変わりましたが

Fw131119a_6

これはこれで、オシャレかも


行った池は、タックルの初使用によく使っている場所

思えば、前のビッグベイト用タックルの初使用もここでした


前日の天気予報では、朝から雨でずっと曇りだったのに、良い天気

Fw131119a_7

いつもは釣り場の直ぐそばにある煙突も、今日は遠い


久しぶりのロクテンLFでのキャストですが、あの頃のように小気味良くキャストすることができました


やっぱり楽しい(*´艸`)


ほとんどテイクバックのないフォームから、ロッドで弾く感じでは無くクランクを置きに行く感じのショートキャストをし、着水寸前にサミングして静かに着水

そして、着水と同時に巻き始めます


一定のレンジまで潜らせたら、浮くか浮かないか位の速度でトロ巻きしていると


生命感がありました


しかし、乗らない


LFで乗らないのは、バイトじゃない

と思いつつ、キャストを続けます


すると、また生命感


フナにでも当たっているのかな?

と思いつつ、キャストを続けます


段々シャロー側に移動していくと、スナブちゃんがいろんなオブジェクトに当たるようになっていきました

それでもLFのティップが良い感じに動いてくれ、掛ること無く気持ちよく巻けていたんですが


何か弾けない柔らかいものに掛ってしまったようで

根掛ってしまいました


浮かせようとしても浮いてこない

軽く引いてもダメ

逆側に行って軽く引っ張ってみてもダメ

強めに引っ張ってもダメ


ロストの危機(´;ω;`)


しかし、クランキンをするときには必ず持って行ってたものを、今回も忘れず持ってきました


ルアーキャッチャーです


それをスルスルっとラインに滑らせてルアーに当て、チェーンがフックに絡むようにロープを操作


しっかり絡んだのを確認し、引っ張ります

Fw131119a_8

太めのロープに掛ってましたが、無事スナブちゃん、生還ヽ(´▽`)/


その後も、何度か小さな生命感があったり、追い食いされたような感じがあったものの


あえてフッキングせず


フッキングできなかったのではなく・・・


あえてフッキングしなかった

のです


久しぶりに行った池だったので、そこに何も無いというのが分からず、またロープか何かに掛っちゃうかもしれないと思うと気が引けて


ただ、巻いてるときのクランクの振動への違和感として伝わる前兆、そしてモフッという感じで振動は止まり、その後、再び振動しだしたときの残念な感じ・・・

後から思うと、あれは間違いなく追い食いだったと思います(・ε・` )


ルアーチェンジも頻繁に行い、キャストするコースとレンジも変えていきます

Fw131119a_9

最初はLFだときついかな?と思っていたB7midも、ボトムに当てずに引くだけなら問題なし


巻くときのロッドの角度ですが、最低限クランクの動きを邪魔しない角度が必要です

あとは、カバーやオブジェクト、ボトム周りを狙うのであれば、それを避けられるだけの余裕

それ以上の角度をつけて巻くのは、無駄だと思っています


そんな感じで巻いてると、ペニャペニャのLFでも、ラインとリールからいろいろと伝わってきます


もう既に前の記憶は無いんですが、やっぱりこのハンドルに替えてから、感度が上がっているような気もします

Fw131119a_a

ただ、冬は冷たそう


ショートバイトか何か分からないような生命感はいいとして、あの追い食いっぽいのに反応できなかったことが悔しく

もう一つの目的のジム・キャノンIIの初使用感確認をほったらかしにして、クランクを巻き続けます


いろいろ投げてみて分かったことは、生命感があったのはスナブちゃんのみ

しかし、このカラーでは食い切らない


スナブのあのカラーを持ってきていれば、もしや・・・


そう思いつつ、気持ちよくキャストを続けてみたものの


曇りがちになったりして寒くなってきたので

一旦車で休憩することにしました


休憩しちゃうと悔しさも忘れてしまったのか

次の行程に移ることにしました


ベイトシーバスタックル:ジム・キャノンIIの初使用感確認です


ただ長くなりそうなので、今回のエントリーはここまで(/ー\*)


想像以上だったジム・キャノンIIの使用感は、次のエントリーをお待ち下さい(*´艸`)

« EXSENCE DC LEFT HANDLE | トップページ | ベイトシーバスタックルの初使用感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EXSENCE DC LEFT HANDLE | トップページ | ベイトシーバスタックルの初使用感 »