« これを使う時期が来た | トップページ | 釣り好きオッサン's忘年会2013 »

2013年12月21日 (土)

3D アフターバーナーII

エントリーが遅れましたが、配信日当日にDL購入したこちらのソフトeye

Ab2_3ds_1312_1

任天堂 3DS用ソフト「3D アフターバーナーIIshine

お値段、800円(*´艸`)


タイトルには、SEGA 1987の文字eye

丁度私が16歳だったころ、このゲームは世に出ましたconfident


このグルグル回るタイトルを見るだけで、オッサンには溜らないものがあります(/ー\*)


そして、スタートeye

Ab2_3ds_1312_2

このころのセガ体感ゲームはもちろんのこと、セガには勢いがありましたconfident


いろいろ迷った上で、入力設定はこんな感じでやっていますeye

Ab2_3ds_1312_3

スロットルをLRでやるのは捨てがたかったものの、やっぱりバルカンはトリガー、ミッソーはボタンでやりたいdash

よく使う加速はLで、減速はBconfident

一応パッドでもスロットル操作ができるんですが、そうするとミッソーが撃てない状態にsweat02


携帯機の定めとは言え、これでも十二分に楽しむことができてますwink


画面設定はこんな感じeye

Ab2_3ds_1312_4

最初は固定でやっていたものの、やっぱりムービング筐体はダブルクレイドルタイプを選択wink

画面サイズは、筐体が見えるサイズだとランプの点滅が分かったりして雰囲気がでるものの、3DS LLでも画面が小さいと思ったので、ノーマルサイズにしましたconfident


インプレスのこの記事にもあるようにいろいろとこだわりが見られますので、細かな環境音が聞こえる様にヘッドホンも必須ですwink


そしてこの画面eye

Ab2_3ds_1312_5

今となっては普通の画面でしかありませんがsweat02


膨大なスプライトに拡大縮小回転機能・・・

当時数十万円していた高性能パソコンでも実現不可能だったこの画面が、今や携帯ゲーム機で動いていることに感動しますcatface


思い起こせば、ナウでヤングだったころeye

セガマークIIIに出てたのは出ただけで凄かったもののとりあえず無かったことにして、その後のPC版、X68000版とFM TOWNS版ではいろんな物議がありましたcatface


見た目重視のFM TOWNSshine

ゲーム性重視のX68000shine


スプライトの数や煙の濃さなんかではFM TOWNS版が上だったものの、例のおかしなパッドの仕様やらでゲーム性は終わってましたgawk

それに、CD-DAの音楽はいただけませんgawk


かたやX68000版は、画面自体はチープなものの、ゲーム性は文句の付け所がないくらいでしたconfident

コントローラーもちゃんとしたものが出てましたし、何よりプレイして楽しかったwink


その流れは今でも同じで、どんなにゲーム機の性能が良くなっても使えるリソースには限りがあり、その配分をどうするのかは作り手次第ですconfident

画面の見た目だけが良くても、遊んでみるとまともにリフレッシュレートも出ずに迫力に欠けて操作性すらつまんないゲームがありますよね・・・何とは言いませんが・・・

ゲームに大事なのは、第一に遊んで楽しいこと、プレイに支障の無い描画速度、直ぐに慣れる映像よりもその気になれるサウンド、そして画質だと個人的に思いますcatface


ちょっと話がずれましたがsweat02


これまで私がプレイしたことのある本物以外のアフターバーナーで最高だと思ったのはeye

前にも書いたこちらwink

Mru32x

スーパー32XABCconfident


その後のSS版も良かったものの、(私の記憶によると)例の純正フライトスティックでプレイしてもスロットルがボタン操作だったりして操作感に掛けたのが残念でしたsweat02

ABCも上の画像にあるカブトガニコンを使っての感想ですconfident

また、ソフトがROMというのも大きなお気に入り要素です(*´艸`)


まだ押し入れにモニタを含めて実機があるので、久しぶりにプレイしてみたくなりましたhappy02


おまけで、押し入れを開けて直ぐに見つけられたソフトたち(*´艸`)

Ab2_3ds_1312_6

マークIIIのが見つからない・・・


そんな感じで、このエントリーを終わりますconfident


次回からのラインナップも楽しみですね(*´艸`)

« これを使う時期が来た | トップページ | 釣り好きオッサン's忘年会2013 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これを使う時期が来た | トップページ | 釣り好きオッサン's忘年会2013 »