« まだここ | トップページ | 3DS LL専用 拡張スライドパッド »

2014年1月 4日 (土)

2014.01.03の海

1月1日は、釣り初めに行ってないconfident

断じて行ってないdash


1月2日は、家族でゴロゴロした日confident

別にどこに行くわけでもなく、家でゴロゴロconfident

こんな時期に無駄に人の多い場所に行くと、事故をしたり病気を貰ったりするので、行かない方がいいdash

そうに決まっているdash

断じてめんどくさいだけではないsweat02


1月3日は、嫁さん達は嫁さんの実家に行ったりするということだったのでconfident

自由を貰うことができましたwink


・・・


この日は風もなくとても穏やかな天気だったので、先日準備した、こちらのルアーを使ってみることにしましたconfident

Sw140103_1

本当は一番下のルアー1本だけ持って海に行っても良かったんですがsweat02

さすがに1本だけでカラーローテーションも出来ないのではちょっとやりきれないかな?

と思ったので、こちらの4本をセレクトしましたwink


ルアーは上からeye


・DAIWA「SALTIGA DORADO SLIDER 16F SWIMshine

 フックは、C'ultiva「STX-58#2/0を装着し、実重は64gですconfident

・K's LABO「湾人 WORLD 205shine

 フックは、C'ultiva「STX-58#2/0を装着し、実量は75gですconfident

・DAIWA「SALTIGA DORADO PENCIL TUNA TUNE 18Sshine

 フックは、C'ultiva「STX-58#3/0を装着し、実量は103gですconfident

・Mangrove Studio「STRIKE PRO Magnum Minnowshine

 フックは、C'ultiva「ST-66#4/0を装着し、実量は120gですconfident


全てが、GT用やマグロ用(*´艸`)


これらのルアーを使って狙う魚はeye


もちろんシーバスです(`・ω・´)


そして、こちらのルアーをキャストしまくるタックルはeye

Sw140103_2

至って一般的なシーバスタックルの、タックル愛称:サイコガンダム()shine


タックル詳細
 ・ロッド:ダイコー「TIDEMARK ROCKY SHORE PURGATORY TMRPS111/14PS
 ・リール:シマノ「'13 STELLA SW 14000XG
 ・ライン:ダイワ「UVF SALTIGA 8BRAID+Si#5(80LB)
 ・リーダー:プロセレ「nanodax CASTING SHOCK LEADER(100lb)


持って行くタックルは、この1タックルのみwink

持って行くルアーも、上の4つのみですgood


他のタックルやルアーを持って行くと、必ずそっちに逃げてしまうと思ったので、持って行きませんcatface

この日はこの1タックルと4つのルアーのみでやりきるのですdash


スナップは、STUDIO OceanMark「Ocean Snap」のOS6(128lb)をイモムシノットで結束wink


いきなり強いルアーを入れてはいけないと学習したので、一番弱いルアーから使っていきますconfident

Sw140103_3

実際は、どれが一番弱いのかすらわかりません(/ー\*)


このタックルeye

ロッドの長さは11.1ftで、重量が390gconfident

リールの重量が、ノブを替えてラインを巻いていない状態で699gconfident

ラインとリーダーも結構重いので、タックルだけで1100gは超えていることでしょうsweat02


でも絶妙な重量バランスになっていると思うので、タックルだけで振る分にはそれほど負荷もありませんwink


そんなタックルですが、久しぶりに使うこともあって、キャストがしっくりきませんgawk

ルアーも余り飛びませんbearing


最近シーバスタックルを使う時には、右手を伸ばし気味で後ろの方からいきなり前に引きつけて低い弾道で風に強いキャストを行っていた関係で、まだその癖が付いているようですsweat02


そこで、基本のキャストフォームであるバンザイからのドーンにしてみると、こんなロッドでもしっかり撓っているのが伝わってきて、いきなり飛距離も上がりましたup


しかも、ほとんど体のひねりと引き手しか使っていないので疲れることもありませんし、無駄に腕を使って投げるよりも、楽に安定して飛距離を出すことができますwink


さっきまで飛ばなかったルアーが、シーバスのロングロッドを使って良く飛ぶと言われるミノーを投げたのと同じ位か、それ以上飛ぶ様になりましたgood


キャストが気持ちいい(*´艸`)


暫くドラドスライダーを水面でジャバジャバさせたり、ジャバジャバからの水面直下に潜らせて水面直下をスイムさせたりしてみますが、反応はありませんcatface


続いては、表層を意識してないのかも知れないということで、こちらのミノーを使ってみましたwink

Sw140103_4

こちらの湾人 ワールド205Fも良く飛び、キャストしているだけで気持ちいい(*´艸`)


泳いでいる姿を見ると、これで釣れないはずはないという気にもなれますconfident


また、この位までのルアーだと、それほど負荷もなく投げ続けることができますwink

しかも良く飛んで気持ちいいので、別に釣れなくてもいいという気さえしてきます(/ー\*)


天気と風はこんな感じeye

Sw140103_5

風もほとんど無く、お日様ポカポカsun


絶好の釣り日よりということで、シーバサーさんも沢山来られていましたhappy01


その後、ドラドペンシルツナチューンも投げてみましたが、今回の4本の中で、あれだけは何となく無いという気がしましたsweat02

あくまでも、シーバスには・・・ということですconfident


しかし、さっきまでのルアーと違い、ルアー重量が100gを超えてくると、結構な負荷になっているのが分かりますsweat01


ここまでは何事もないまま、早く使ってみたくて仕方のなかった、こちらのルアーをセットしましたeye

Sw140103_6

リング、フック込みの重量は120gsweat02


ルアーをぶら下げてみてもロッド自体はほとんど撓りませんが、11ftを超える重いタックルを水平にしたまま先端にこれをぶら下げて岸壁をトコトコ移動するのは、結構しんどいですsweat01


それでも基本的なキャストをすると、随分飛んでくれますdash

結構な空気抵抗があるとは思いますが、ただ重量があるから飛んでいるという感じsweat02


ロッドの適合ルアーウエイトは120gまでなものの、まだまだ余力もあるように思えますconfident


このルアーでも、もっと振り切ればもっと飛ぶのは分かりますが、それだとたぶん1日持ちませんgawk

今のキャストでも十分過ぎるくらい飛んでいるので、1日やりきることを考えて、無理なことはしませんwink


前回の釣行では、ずっと同じ年のモデルの同じカラーのコアマンパーカーを着ていっててシーバスがスレたということも分かったのでeye

Sw140103_7

この日はあの時とは違うカラーのコアマンパーカーを着て行きましたwink


グローブもコアマンのものではなく、フィンガーカットされていないDAIKOのグローブにしましたconfident


さすがにキャスト時に抵抗のあるプラグ、しかも120gのものを投げる場合、スプールまで巻き込んでいるリーダーに指を掛けて投げるとはいっても、指が出ていると安心できませんsweat02


そんな感じで気持ちよくキャストしていると、何かが当たったような気がしましたeye


まさか?


と思いつつも、さっきまでよりスロー気味なリーリングをしているとeye


ゴンdash

という明確なバイトfish


うぉっcoldsweats02

と思いつつ


右投げ左巻きだけど、キャスト時に右手に負荷は掛けてないので、フッキングパワーは有り余っているぜフッキーングdash


乗らないgawk


魚が見えなかったものの、魚からの反応があったことに驚くsweat01


このルアーでシーバスが釣れないはずはないと言い切ってみたものの、正直食うか食わないかは半信半疑だったcoldsweats01

しかし、今、それが現実のものとなったshine


ただ、魚が見えてないので、もしかしたらシーバスではなく、GTやマグロだったのかもしれないsweat02


魚が見たいbearing


と思って、ペニーサックを使ったときに良くチェイスを貰っていた位の巻き速度をこの20cmのミノーで実践eye


普段のシーバス用リールとは違い、ハンドル1回転での最大巻上長が134cmのこのリールでその速度を維持するのはちょっと難しいsweat02


でも色分けされたラインを見ながら、大体あの速度を維持してみるconfident


すると、足下まで引いてきたストライクプロ・マグナムミノーにシーバスチェイスfish


サイズ的には70~80位なものの、結構近い距離を保ったままチェイスしてきてくれましたhappy02


おったか!


やっぱりバイトがあったのもシーバスだったと確信し、その後もキャストを続けますdash


同じようにルアーが動いたり動かなかったりする位の速度で巻いているとeye


再び、ゴンdash

という明確なバイトfish


再び、うぉっcoldsweats02

と思いつつ


再び、右投げ左巻きだけど、キャスト時に右手に負荷は掛けてないので、フッキングパワーは有り余っているぜフッキーングdash


再び、乗らないgawk


あそこまで明確なバイトがあるってことは、フックポイントが魚に当たっているはずなのに、なぜ乗らない・・・


フッキングが甘いのか?

それとも、ST-66の#4/0フックの刺さりが他のシーバス用ルアーのちっこいフックに比べていまいちなのか?


と当たり前のことを考えつつも、まさかの2バイトあったことに自分で驚くcoldsweats02


しかも、その後もチェイス多数fish


大きなミノーをトロ巻きすると、ビッグベイトと同じように魚を寄せる力が他のルアーよりあるというのを実感しましたconfident


そして、半信半疑だったこのストライクプロ・マグナムミノーをシーバスで使うことはeye


有り!


という結論に達しましたconfident


おそらく、あれだけのバイトに乗らないのは、シーバスが小さくて食い切れてないからだと思われますeye

70~80位の小さいシーバスを掛けて場を荒らすより、あえて掛らないようにしてそれ以上のシーバスが食うのを待てるconfident


有り!有り!


このルアーですが、このセッティングだと、スローシンキングになっているようですconfident

でもこれ、トロ巻きしても浮かずにそのレンジをキープし、止めてもその姿勢のままステイ、そしてゆっくりシンキングdown

泳ぎもなまめかしくて良く、これで釣れない理由は何一つ見当たりませんwink


早速帰ったら補充することを決意し、その後もキャストを繰り返しましたdash


ただ、その後は潮位が高くなっていったのもあって、バイトも無くなり、チェイスもなくなりましたsweat02

経験上分かってはいましたが、潮位でここまでの差があるのかという感じですconfident


それにしても、このオーシャンスナップeye

Sw140103_8

考えた人は天才ですねflair


こんなルアーの脱着も工具が要らないし、強度的にも心配なさそうconfident

リップ付きのミノーの場合は、装着する方向を間違えると外すときにリップが角度的に邪魔になってグローブを脱がないといけなくなりがちですが、リップレスや方向を間違えていないリップ付きミノーだったりジグだったりしたときには、グローブを履いたままでも簡単に脱着できてしまいますwink


便利good


時にはこんな幻想的な空になることもありeye

Sw140103_9

何の反応も無い時間が続きますsweat02


ただ、時々コノシロっぽいのが追われていたりして、水面を割っているのを見掛けますeye


ルアーにもコノシロっぽいのが時々当たりますfish


コノシロだと確信したいので、ベイトの群れにルアーが入ったときにフッキングしてベイトを掛けようと思ってみても、やっぱりフックが太いのか、掛りませんgawk


そんな中、クーパー君がシーバスをキャッチしていましたgood


ルアーはゴリアテconfident


ゴリアテに食ってきて、ストライクプロに食わないはずはないsweat01


そう思い、他のルアーを織り交ぜつつ、ここぞというときまでストライクプロは使わずに温存しますconfident


この日の潮位表はこんな感じeye

Sw140103_t

できれは干潮の18:50~数十分後までやりたいdash

でも、元気なときならまだしも、体調的に持たないことを察すsweat02


例のUCのせいで、朝から釣りをするときは、食事は昨晩のものが最後sweat02

当然朝昼も抜きで、水分だけを補給しながら、ときどき塩飴を食べるsweat02


そんな状態で無理をして、またああなってはダメだという社会人としての自覚がストップを掛けるsweat01


さすが私(`・ω・´)


とりあえず、潮流時間の終わる間際(16:59)~その後1時間(17:59)くらいまでの時合いを狙い、そこでダメなら帰ることに決定confident


丁度16:59になったころ、いきなりコノシロの群れに当たるようになってきたfish

結構追われているようでもあるshine


遂に時合いが来たかdash


ここでストライクプロにルアーをチェンジし、コノシロの群れ周辺に通してみるconfident


しかし、反応がないgawk


カラーが悪いのか?

あそこが注文するのが遅れて、入手困難気味になっているムロアジカラーなら食ったのか?

そもそも、ルアーが合ってないのか?


まだまだコノシロに当たるので、今度はコノシロを散らす感じで早巻きしてみたところeye


ゴンdash

という明確なバイトfish


うぉっcoldsweats02

と思いつつ


右投げ左巻きだけど、キャスト時に右手に負荷は掛けてないので、フッキングパワーは有り余っているけど、やっぱりちょっと疲れ気味だよフッキーングdash


乗らないgawk


でも、このルアーで3バイトを得ることに成功wink


単なるスイムテストだった元日にノーバイトだったこともあり、今年の初バイト、初チェイスは、どちらもこのストライクプロ・マグナムミノーということになりますshine


これ、今年は何かありますね(*´艸`)

このルアーを使って、何かありますね(*´艸`)

しらんけど(*‘ω‘ *)


そして、朝9時位から18時過ぎまでの約9時間、元気な頃より休憩が多めだったものの、このタックルのみを振り続けましたeye

Sw140103_a

さすがに朝より飛距離は落ち、普段使っていない筋肉への疲労も溜っているようですsweat02


腕はそれほどでもないものの、右の背筋というか側筋に乳酸が溜っている感じgawk

でも、この疲労感が気持ちいいconfident


これと比べると、シーバスのロングロッドタックルを1日中振り続けるくらい、なんの疲労感もなくどれだけ楽なことか・・・とも感じましたsweat02


時合い的にはこれからな気もする中eye

Sw140103_b

帰り支度を始めましたconfident


頑張ってくれたルアーたちeye

Sw140103_c

キャスト切れやロストすることもなく、皆さん無事です(/ー\*)


家に帰るとeye

Sw140103_d

楽しませてくれたルアーを洗い、タックルも簡単にメンテして部屋に持ち込みますconfident


そして、この日にカラーは違うけどクーパー君がシーバスをキャッチすることができたルアーと比較してみたeye

Sw140103_e

シルエットの差は僅かconfident


また、このルアーにも3バイトはあったのに、なぜ乗らなかったのか・・・

Sw140103_f

フックサイズの差も僅かconfident

ネタっぽくなってきた(/ー\*)


ただ、このルアーを食ってくるやつは居たdash


朝の内なんかは、他のシーバサーさんに反応が無い中、このルアーにだけ2バイトと数回のチェイスfish


このルアーでしか口を使わせられない時合いもあるshine


フックサイズを落とせば、今乗らないシーバスが乗るかもしれないsweat02

当然吸い込みしやすくなり、バイト時にフックが振られる幅も大きくなるeye

そもそも、シーバスにST-66#4/0など要らないsweat01


フックサイズを下げるべきか迷っているときにeye


お前、それでいいのか?

フックサイズを下げて掛けられたとして、お前はそれでいいのか?


という声がどこかから聞こえてきた気がしたear


フックサイズを下げたら負けだdash

と思ったconfident


そんなことをブツブツ考えながら、疲れた体を癒やすために入浴spa


そして、1日ぶりの食事confident


そして、体調が急変するまえに寝たsleepy


そして夜中に、側筋だか背筋だか分からない一部が痙って起きたcoldsweats02


そして、また寝たsleepy


なので、今日のエントリーは遅め(/ー\*)


当然のようにストライクプロ・マグナムミノー追加shine

どこのショップもほとんどのカラーが在庫切れなので、とりあえず、コノシロに見えなくも無いトビウオのみ追加wink


間違いなく釣れるdash

これで釣れるのは、相当デカイはずdash


今年、このルアーでドラマが起きるdash


・・・はずcatface


しらんけど(*‘ω‘ *)

« まだここ | トップページ | 3DS LL専用 拡張スライドパッド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだここ | トップページ | 3DS LL専用 拡張スライドパッド »