« ファットブル2譲ってもらった | トップページ | ティンバー買ってみた »

2014年4月19日 (土)

2014.04.19のクランキン(TCR初使用)

先日購入したNORTH FORK COMPOSITES J Custom 2.0 テクニカル・クランキン・ロッド(TCR)shine


早く使ってみたくてウズウズしていたんですが・・・

遂に週末がやってきましたヽ(´▽`)/


ということで、土曜日はTCRの初使用感を確かめるべくconfident

近所の野池に行ってきましたhappy01


いきなり多くのロッドを持って行っても良く分からないと思うのでsweat02

とりあえずは一番使用頻度が高くなると思われる、TCR610Lのみを使いますwink


まずは、使用前の儀式catface

Fw140419_1

ペリペリペリ(*´艸`)


車に積んでいるのも、当然この1タックルのみwink

Fw140419_2

タックル詳細はeye

NFC「J Custom 2.0 TCR610L」+「'09 アルデバランMgshine

ラインは、東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade12LB


やっぱり最初はKTWのルアーを使いたいということでconfident

Fw140419_3

ロデオドライブ / ・ロデオドライブ Type-C

スナブノーズS5 / ・スナブノーズM5

の4種6個をチョイスしましたwink


ロッドの適合ルアーウエイトは、1/8 - 1/4ozeye

Fw140419_4

どのクランクも適合範囲から外れています(/ー\*)


最初に使うのは、スナブノーズS5wink

Fw140419_5

これを投げて、巻いてconfident

それが気持ちよければ、それだけで満足なのですshine


これまで使っていたFD 610クランキン LFと比べてしまうのは、ある意味仕方のないことですsweat02

ロクテンLFでスナブノーズを投げる、巻くという行為は、もうそれだけで趣味になるほど楽しいものでしたcatface

このTCRも、当たり前の様にそれと比べられるのですから、大変なことだと思いますcoldsweats01


・・・


そして、記念すべき一投目dash


あら?

想像してたのと違うsweat02


投げるとカーボン、巻くとグラスという言葉が頭の中にずっとあったので、低弾性カーボンなりのキャスト感かと思ったらeye

想像以上にLFのキャスト感に似ていますwink


私はそんなに遠投はせず、ティップだけを回してキャストすることがほとんどですconfident

そんな感じでルアーを狙ったところに置きに行くようなキャストをしてみると、1投目から狙ったところに入りましたwink


あらやだ(*´艸`)

想像以上にいいキャスト感(*´艸`)


・・・


今度は巻いてみましたconfident


あら?

想像してたのと違うsweat02


プルプルしてみた感じではLといえども結構ハリがあったので、もっとハリのある動きしかしないのかと思ったらeye

想像以上にLFの巻いた感じに似ていますwink


あらやだ(*´艸`)

想像以上にいい巻き感(*´艸`)


・・・


変な心配しちゃって損したと思うくらい、とてもいいキャスト感、巻き感でしたwink


細かな部分を比べるとやっぱり別物ではありますが、それが好みの範囲から外れていないのが、さすがというかなんというか、やっぱり同じ人が監修したロッドなんだなという感じがしましたconfident


・・・


そんな感じで、新しいロッドの使い勝手に慣れる必要も無く、そのまま普通に使う事ができましたhappy01


今度は、ロデオドライブを使ってみることにしましたconfident

Fw140419_6

こちらもピュッdashとキャストでき、ピューっdashと巻くことができますwink


巻き抵抗の少ないフラットサイドですが、ほどよい振動がロッドやハンドルノブから伝わってきますconfident

こちらも何の問題も無しwink


続いては、ロデオドライブ Type-Cですshine

Fw140419_7

こちらはピューっと巻いて使うのではなく、トロトロ巻いたり、フワフワさせながらトロトロ巻いたりして使うのが私好みですconfident


ちなみにこのカラーはフックをすこし大きくし、ノーマルロデオドライブと同じフックサイズにしていますwink


・・・


ここで、あることに気付きましたflair


使う前から想像はしていましたが、この手のクランクになると、若干ティップがルアーを引っ張っている感じが伝わってきましたthink

クランクを早い速度で巻く場合には、ティップもそれなりに動いてクランクの動きの邪魔をしていないような感じなんですがeye

こういったクランクをトロトロ巻いた時には、まだクランクが振ってる最中にティップが戻ろうとしているのが伝わってきますthink


それが良いか悪いかは別にして、そこにLFとの違いを感じましたconfident


・・・


あと気になったのはflair


私はフルキャストをしない限り、キャストからリーリングまでを全て3フィンガーでこなしますconfident

この方が指の掛け替えも要らないので、ショートピッチでキャストする分には、小気味良くクランキンができるのですwink


今回のタックルも同じように使っていたんですがeye

Fw140419_8

リールシートの形状が合わないのか、中指の腹が痛いgawk


試しに2フィンガーで投げて2フィンガーで巻くと、何の問題も無いconfident

ただ、キャスト時は別にして、リーリング時に3フィンガーで巻くだけで痛いgawk


キャストの時の3フィンガーがダメなのではなく、3フィンガーで巻くだけで私の手には合っていない感じsweat02


FDのリールシートはいろいろと言われてはいたものの、私の手にはピッタリ合っていたwink

ただ、このリールシートには若干合わないようだgawk


でも人間の手は、使えば使うだけそのものに順応するはずshine

そう、私の手がこのリールシートに順応すれば良いだけのことdash


そう思いながら、使い続けてみましたcatface


・・・


天気も良く、ヘビさんも日向ぼっこをしていましたconfident

Fw140419_9

最初はキャストや巻き感の確認をしたかったのでバスに邪魔をされたくなかったもののcatface

そろそろ邪魔してくれてもいいのに・・・と思い始めましたdespair


でも、楽しいクランキンができているので、今日はこのままでもいいかな(*´艸`)

とも思いましたが、(良くあることなので慣れてるとはいえ、)魚を掛けずしてロッドの使用感を語るのはどうかと思いsweat02


バスを掛けに行こうと思って場所を移動しましたconfident


・・・


そこの水色を見て、これはグリーンナスティーだと思いましたflair


トコトコしながらロデオドライブ Type-Cをポイポイするeye


得意のフワトロ巻きをしていると、ハンドルノブとロッドに伝わる振動が一瞬消えたと思ったらsign02

その後スワッっという感じのバイト、そして生命感dash


キタ(*´艸`)


ん?

なんかファーストランが長いし、妙に引くcoldsweats02


ここにこんなの居るの?

もしかして、鯉?


でも、鯉の引きではないsweat02


一度浮いてきた時にうっすら見えたのはeye

紛れもないバスshine

しかもそこそこデカイcoldsweats02


・・・


近所のクランキンバカ連中の間では、45アップ未満は全てノーカウントになるというルールがあるcatface


誰が一番最初にクランキンで45アップを釣るのかcatface

密かに闘志を燃やすオッサンが3名ほど居て、ある意味、男の戦いになっているcatface


・・・


さっきうっすら見えたバスは、もしかしたらそのくらいありそうな感じだったsweat01


絶対に獲りたいdash


近くに邪魔なものが無いのを確認し、クラッチを切りまくるsweat01


走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01

走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01

走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01

走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01

走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01


こういう時のために腰にぶら下げているタモを外して地面に置くdash


走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01

走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01

走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01


タモを開き、タモを伸ばすdash


走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01

走ったらロッドの曲がりの範囲内でラインを出し、巻けるときには巻くsweat01


浮いたfish


掛かりヤバイcoldsweats02


泉さんばりに、一発で掬うdash


キャッチ(`・ω・´)

Fw140419_a

ラバーネットから出したのが、この状態eye


掛かりは、リアフック1本で、極薄皮1枚coldsweats02


ロッドの長さは6ft10inchなものの、テーパーの変動がスムーズなのとティップが残るという安心感から、そこそこ安定してラインの出し入れをすることができましたconfident

そんなラインの出し入れでのいなしに、タモの準備に、浮いたら一発で掬うという行為は、シーバスゲームをやっているからこそ、出来た行動だったと思いますshine


これ、もし途中で、ロッドのトルクとかを確認したいcatfaceとか思っていたら、確実に身切れしてバレていたことでしょうsweat02


どんなに強いタックル、強いライン、強いフックを使っていても、掛かりが悪いときの身切れだけはどうしようもありませんgawk

シーバスゲームでそういう状況を確認したり、LBDリールを使ってそういう掛かりの悪い魚の獲り方を理解していたからこそ、今回の魚も獲れたと思うのですdash


間違いないgood

しらんけど(*‘ω‘ *)


サイズの方はeye

Fw140419_b

楽勝で45アップの、口が合ってないので47cmくらいヽ(´▽`)/


TCR610L初使用での入魂が、KTW ロデオドライブ Type-Cを使った得意のフワトロ巻きでヒットさせ、自分でも納得できるやりとりでキャッチできましたgood


持ってて良かったeye

Fw140419_c

中途半端な長さのタモ(*´艸`)

でも、こういう足場から水面まで1m位ある場所では、これが無いと獲れませんconfident


普段は折りたたんで腰にぶら下げておけるのでeye

Fw140419_c2

何気に便利(*´艸`)


・・・


上の1匹で満足しちゃったので、暫くボーっとした後sweat02


ちょっと違う池に行ってみましたeye

Fw140419_d

ここでは、スナブノーズ主体で巻いてみましたhappy01


この頃になると、上で書いた指の痛みもそれほどでもなくなっていましたconfident

指が勝手に、握る強さを変えているようですwink

しらんけど(*‘ω‘ *)


スナブのM5をビューっと巻いてくると、小バスがワラワラチェイスしてきますeye

Fw140419_e

偏光を掛けた状態だと丸見えだったんですが、画像には何にも写ってない(/ー\*)

偏光レンズって素晴らしい(*‘ω‘ *)


・・・


その後、一旦家に帰ったもののeye


づかさんが出撃するということなので、邪魔をしに行きましたcatface

Fw140419_f

そこでは、KTW以外のルアーも使ってみましたconfident


こちらは、ジェロニモ チコ フラットshine

これでも小バスは釣れたものの、画像撮るの忘れた(/ー\*)


ただ、他にも小バスを数匹掛けたものの、3ヒット1キャッチという内容でしたeye

バイト時にLFの方がバイトが深くなるのか、掛かりは同じだけどピチピチの動きをいなせるのはやっぱりUDグラスのLFなのか、たまたまなのかは分かりませんがsweat02

この日の段階では、LFよりは小バスをバラしやすいと感じましたconfident


対岸では、づかさんがいろんなものと格闘していました(*´艸`)


その後、づかさんは移動するとのことでしたが、私は電池が切れたので、そのままおうちに帰りましたsad


・・・


今回はTCR610Lのみの使用だったので、次はMLとM辺りを使ってみようと思いますwink


また大っきいのが釣れるといいな(*´艸`)

« ファットブル2譲ってもらった | トップページ | ティンバー買ってみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ファットブル2譲ってもらった | トップページ | ティンバー買ってみた »