« アルティマ用リールにライン巻いてみた | トップページ | NFCのTCRとPCR »

2014年4月16日 (水)

大切に保管へ

朝起きると、どこからともなくウグイスのホーホケキョnoteという鳴き声が聞こえてきますear

春ですね(*‘ω‘ *)


・・・


これまでにも何度か書きましたがpencil

私は貧乏性なところがあり、使うものにも予備とか予備的なものが無いと、満足に使えない性格だったりしますsweat02


そして今回紹介する、シマノ「ファイナルディメンション ロクテンクランキンシリーズ」も遂にカタログ落ちとなりeye

これらがどうにかなってしまうと、もうどうにもならないという事態になってしまいましたbearing


そんな訳で・・・

Fd610ck_i_1

こちらの3本を部屋に持ち込んでボナンザでピカピカに磨きshine


一番最後に買ったものの、一番黒ずんでいるTS-1610LFを眺めながらeye

Fd610ck_i_2

あの時、あの予備を手放さなければ良かった(/ー\*)と思いつつsweat02


ボナンザの塗りすぎでちょっと曇ったりしているブランクのロゴを眺めるconfident

Fd610ck_i_3

FINAL DIMENSION TS 610 Crankingshine


裏返してスペックを見つつeye

Fd610ck_i_4

こっちのLFは5g~21gでもこんなに柔らかいけど、あっちのLは3.5g~7gだけどどうなんだろう?と思ったりもするcatface


ロッドやリールを買ったら、真っ先に邪魔なシール類は全部剥がすのに、何故かこのシリーズだけは貼ったまま使っている事に特別なものを感じつつconfident

Fd610ck_i_5

性能や使い勝手や見た目だけではなく、個人的な思い入れやいろんな背景を考えてみても、もうこれ以上のロッドはこの先出そうに無いな・・・

そう思い、お部屋のいつも見ていられる場所で大切に保管することに決めましたconfident


釣り道具を使わないのは勿体ないと思われるかもしれませんがsweat02

もう勿体なくて使えないのですsweat01


個人的にその位の存在なのですshine


これからは何度もツカケンさんから、「凄く使い易いんで、是非使ってみて欲しいです」と動画の中から言われたシリーズを使っていきますconfident


使い出すと、どっちがどうとか当然のようにFDと比べることもあるとは思いますが・・・


その結果がどうであったとしても、再びこれらをメインとして使うことはなく、ずっと大切に保管し続けることになるでしょうconfident

そして何十年か経った後に使ってみて、その時代のクランキンロッドと比較するのも楽しいかもしれませんconfident

« アルティマ用リールにライン巻いてみた | トップページ | NFCのTCRとPCR »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アルティマ用リールにライン巻いてみた | トップページ | NFCのTCRとPCR »