« セーフ・・・ | トップページ | ソルト用リールにライン巻いてみた »

2014年5月 2日 (金)

'14 CHRONARCH CI4+

このエントリーでも書きましたがeye

岸壁ジギング用タックルのリールが無くなってしまったsweat02


タックル愛称:RGM-79Q ジム・クゥエルshine(元々はこんな感じ)


上のタックルのリール、「'09 アルデバランMg」がクランキン専用となってしまったため、リールを追加しないといけないsweat01


やっぱり、泉さんも「EXSENCE B703ML/F - Ganpeki Commander -」のテスト中からずっと使っているアルデバランがベストなんだろうとは思いますが・・・


これにしましたeye

Crncci4_1

シマノ「'14 クロナーク CI4+ 151shine


箱を開けると、こんな感じconfident

Crncci4_2

やっぱり、開梱の時はドキドキしますcatface


添付品はeye

Crncci4_3

オイルと赤いブレーキカラーconfident


そしてeye


クロナーク CI4+shine

Crncci4_4

思っていたより、高級感happy02


主な151の仕様はeye

・ギア比:6.2:1
・最大ドラグ力:5.0kg
・自重:185g
・スプール寸法:径 34mm / 幅 22mm
・ナイロン糸巻量:3号-140m,
3.5号-130m,4号-100m
・最大巻上長:66cm/ハンドル1回転
・ハンドル長:42mm
・本体価格:メタニウムより安い


いつも確認するフットのシールは、MD-Seye

Crncci4_7

シマノ日本工場で、2014年4月に製造されたもののようですconfident

出来たてホヤホヤcatface


今回は忘れないうちに、ノーマル状態の重さを量ってみましたeye

Crncci4_5

仕様の185gに対し、184.1gと少し軽いconfident


ついでにスプールの重量はeye

Crncci4_6

14.5gconfident


新品時の巻き心地はeye


まだ馴染んでいないのか、シューシューといった感触に、巻きもノーマルギアとは思えないほど妙に重いsweat02

他のリールでは新品時でもここまではなかったほどに、巻きが重いsweat01


たぶん、それなりなグリスが詰め込まれている感じgawk

ただ、巻き心地が悪いというのとは違う気もするflair


この辺は使っていく内にどうにかなるだろうと思いconfident


このエントリーで準備していたハンドルを、押し入れから出してきましたeye

Crncci4_8

LIVRE「CRANK 100shine


カラーは、スプールやメカニカルブレーキの赤とボディの色に合わせeye

ガンメタ/レッドにしましたwink

Crncci4_9

交換中confident


交換完了shine

Crncci4_a

やっぱりガンメタとレッドの組み合わせはカッチョイイ(*´艸`)


こちらから見ても、違和感はありませんwink

Crncci4_b

岸ジギには握りやすいノブの方がいいと思うのと、ハンドルが長いと1ピッチじゃなく少しずつ巻くのもやり易そうgood


この時点での重量はeye

Crncci4_c

ノーマル時の184.1gから24.8gも増加した、208.9gになりましたpig


せっかくの軽いリールが重くなってしまいましたが・・・


シマノ「EXSENCE B703ML/F - Ganpeki Commander -」に載せてみるとeye

Crncci4_d

あまりのカッチョ良さに、少しの重量増などどうでも良くなります(/ー\*)

それに、持った時のバランスも良い感じwink


ちょっと引いて見てもeye

Crncci4_e

一目で岸ジギタックルだと分かるカッチョ良さ(*‘ω‘ *)


そして・・・


使い勝手等の感想はひとつも無いまま、このエントリーを終わります(/ー\*)


その辺の感想は、近々使ってみてから書こうと思います( ´艸`)


シーバスが釣れてからという条件が付くと、おそらく随分先になります(*‘ω‘ *)


最後の数行は何となくお分かりのように、いつかのエントリーのコピペです(/ー\*)

« セーフ・・・ | トップページ | ソルト用リールにライン巻いてみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セーフ・・・ | トップページ | ソルト用リールにライン巻いてみた »