« ふとFFXIVベンチやってみた | トップページ | もずく酢 »

2014年6月 8日 (日)

2014.06.07の海

FBの影響でeye

Sw140607_1

朝から「逆襲のシャア」を見た後(*´艸`)


アルティマも揃ったことなので、バスもいいとは思いつつconfident


ちょっと天気が微妙なのとraincloud

ちょっとしんどくて体調も万全じゃなく、ダメだと思ったら直ぐに帰るつもりだったのとsweat02

ちょっと海が恋しくなっていたのでwave


準備をして、ここに行ってきましたeye

Sw140607_2

久しぶり(/ー\*)


対岸にはこのタンカーship

Sw140607_3

いつ着いたのかは分かりませんsweat02


空は今にもまた雨が降りそうな感じでgawk

Sw140607_4

煙突の煙はこんな感じeye


ただ地表は、海側や背中側からの風が吹いていましたconfident

涼しくて気持ちいいconfident


この日は満月に向かう長潮moon2

Sw140607_tm

現地に着いたのは、10時くらいeye


途中すれ違ったけいちゃんも来られて、皇帝様への献上品を狙っていました(*´艸`)

また、ここ最近のデイのシーバス事情を聞いてみたところ、上がってるのを聞いたことがないとの事(/ー\*)


この日のタックルは、タックル愛称:F91()

Sw140607_5

普通~重めのルアーをキャストしたり、引き抵抗のあるバイブなんかをゴリゴリ巻いて使うのに適したナイスタックルですwink


'14 モアザンLBDリールスタンドもブラックになって、渋くなりました(*´艸`)


この前の使用時には問題がなかったものの、やっぱり気になるのでeye

Sw140607_6

毎投、キャスト前後のスプール位置を確認しますsweat02


今回もキャストによって大幅にスプール位置が変わることもなく、当然の様にライントラブルもまったくなくconfident

とても良いリールだとしか思えませんでしたgood


キャスト前の一手間もなくキャストができるのは、とても気が楽ですcatface

ずっとこの状態が続くことを願います(/ー\*)


途中、FBで釣りに行くことを書いていたからか、KR君も覗きに来てくれましたhappy01

いろいろと体調の事を心配してくれてて、どうも申し訳ありませんcoldsweats01


タックルの方は、朝に「逆襲のシャア」を見た影響でeye

Sw140607_7

タックル愛称:νガンダム()も持参wink


朝の状況からレインウェアも準備してますが・・・


暫くすると、朝確認した時の天気予報には無かった、晴れになりましたsun

Sw140607_8

暑いので、休憩中sweat01

田植えの準備をしているポリさんも、LINEで暑いと言っていましたeye


こんな日にこそ熱中症になりかねないのでgawk

Sw140607_b

塩分やその他ミネラル、糖分も摂れるタブレットを食べながら、水分もこまめにちょっとずつ飲みますconfident


海の状況は、朝から時々こじんまりとしたベイトの群れが行き来するものの、あとは大型のトビエイが泳いでる姿を頻繁に見るくらいsweat02


ルアーには、全くもって何にもアタリませんgawk


表層はもちろん、バイブでボトム周りを探ってみても、バイブやシンペンで中層周りを探ってみてもeye

全くもって何にもアタリませんgawk


狙いの干潮付近にもeye

全くもって何にもアタリませんgawk


流れが効いてる場所は結構見つけたんで、その周辺も丁寧に探ってみたんですがconfident

全くもって何にもアタリませんgawk


トビエイの方は晴れになったのが嬉しいのか、タンカー周りでジャンプしまくったり、ちょっと沖の方でもジャンプしまくりやがってますgawk

これ、一日頑張って、最後の最後にやっとシーバスを掛けたと思ったら、やりとり中にエイがジャンプして終わるパターンだな・・・と、これまでの経験から嫌なことを考えてしまいますsweat01


ここで気分を変えるべく、タックルも交換してみましたshine

Sw140607_9

タックル愛称:νガンダム()

普通の重さのルアーを使って綺麗にリトリーブしたり、スラックコントロール、ドリフトがやり易かったり、スラック多めでロッドまでアタリの来ないラインの違和感を見てからでも、ダブルハンドル弾き+ロングロッドを活かした大ストロークの合わせで魚を乗せやすいナイスタックルですwink


このタックルの'12 トーナメントISO 3000SH-LBDは、例のワンウェイオシレーションの障害でキャスト時にライントラブルが起きる可能性が高いためgawk

Sw140607_a

毎キャスト前に、この一手間をする必要がありますsweat02


キャスト前にベールを起こし、その後、あえてスプールを引っ張り上げるのですgawk

引っ張れない場合は下死点方向に向かう途中なので問題なし、引っ張れる場合は、上の写真のように上死点まで引っ張り上げた状態にして、キャストを行いますdash

この一手間を行うと、キャスト時のライントラブルが皆無となりますwink


最初は面倒でも慣れると自然に出来るようになり、これだけで厄介なライントラブルが無くなるので、安心してキャストが出来るようになりますconfident

ただ、今のところ問題の無い'14 モアザンLBDの場合はこの一手間も要らないので、どうせならどれもこれも余計なことをしなくてもいいようになるといいんですけどねsweat02


その後もいろんなルアーを引きまくりますが、唯一何かがアタったのが、このルアーeye

Sw140607_c

ハルシオンシステム「ペニーサック Tungs10φ」のセクシーボラshine


出発前の準備が適当で、持って行ってたTungs10φはこれだけだったんですが、飛距離とレンジが良かったのかもしれませんwink


ただ、シーバスではないような気がしますsweat02

ダツかなsweat01


数時間炎天下みたいな状況が続いてたと思ったらsun、太陽が厚い雲に隠れてローライトになりましたcloud

Sw140607_d

潮も流れ出して、なんだか釣れそうな雰囲気にもなってきましたeye


ただ、潮位は高めgawk

ここで潮位が高い時に釣れた経験が余りないため、その少ない経験から、その時に使っていたルアーをやっぱり使ってしまいますsweat02


そのルアーをフルキャストしてダブルハンドルで綺麗にトロ巻きしているとconfident

何か柔らかいものにアタった感触があった後、ルアーが止まりましたeye


嫌な予感がしたのでロッドを使って聞いてみたところsweat02

いきなりの強烈なファーストランが始まりましたsweat01


強め設定のドラグなのに、何でもないようにラインが引き出されますcoldsweats02

更に強めにしてみたものの、止まりませんbearing


やっちゃった(/ー\*)と思いつつ、スプールを指で押さえてみると、海面に少し三角のものが出ましたsad


これまでにも何度かトビエイは掛けたことがあったんですが、今回のものはファーストランの強さから考えて、寄せるのに相当時間が掛りそうですsweat02


朝に見た「逆襲のシャア」のように、「νガンダムは伊達じゃないsign01」というのをやりたかったんですが、最大ドラグ力もロッドもそこまで強くはなく、むしろラインシステムの方が強いsweat01

しかも、今回のトビエイはデカそうで、ドラグガチ締めでロッドを立てると折られそうだし、リールもベールが飛びそうgawk

当然、走り出したところにレバーでラインを出しても、何の意味も無いsweat02


どうにもならないヽ(´▽`)/


タックル愛称:サイコガンダム各種()なら、足下まで寄せるのはどうにかなったかも(*‘ω‘ *)


しかもそんなやつが、最初は真正面に走っていたと思ったら、今度は左手前方向に走り出しましたeye

数十メートル隣の餌釣りさんが並んでる場所に向かってですcoldsweats02


ラインシステムは強めなので、やりとりすればちょっとずつ寄せられるのは分かりますsweat02

ただ、寄せるときには水面でワッサワッサしたり、ジャンプしまくったりすることも分かっていますsweat01


それを餌釣りさんが並んでる真正面でやる勇気は無いのでbearing

レバーブレーキとロッドを使って一気にラインを放出し、ティップより前のラインをグローブにグルグルと巻き付けますeye

これで引っ張ると同じことになるのでsweat02

いたしかたなく、岸壁の輪留めの隙間にラインを入れ込みeye

あえて切るweep


手元にラインカッターでもあればもっとスマートだったんですけど、錆びたので除けちゃってたのと、プライヤーを出す余裕も無かったので、必死な感じでその行為を選択しましたsweat01

ルアーとラインを残したのは心残りですが、マナーを考えると・・・


そのお陰もあって、海も餌釣りさんも、それとなく穏やかなままでしたconfident


ただ、これまた久しぶりの釣行というのと、出発前の準備がサッパリだったというのがあって、リーダーを持ってくるのを忘れましたsweat02


でも2タックル持ってきてるので、タックルを替えて使おうと思いましたが、やっぱり普通のルアーを軽く遠投するには11.5ftの115MHより13ftの130Mの方が楽で良かったのでconfident

Sw140607_e

'14 モアザンLBDのスプールを'12 トーナメントISOに付けて使うことにしましたwink

こういったときに互換性があるのはありがたいですconfident


ロストしちゃったルアーも予備としてフック交換した新品を持っていたので、また同じルアーを装着shine


さっきの状況を忘れかけた頃confident


また何かにアタったと思った瞬間、またしても強烈なファーストランsweat01

今度はいきなり飛んでくれ、餌釣りさんたちの視線を集めますeye


しかも、デカイgawk

寄せるの面倒gawk

それに、またさっきみたいに岸壁に向かわれると困るgawk


そこで今回はレバーでスラックを作ってリールの前のラインをグローブに数回巻き付け、単なる引っ張りだとこちらもラインシステムが強めなので切れないと思い、勢いに任せてヘアヘアと引っ張りまくるsweat01

掛かりが悪かったりしたらフックが曲がってルアーが帰ってくるかも?と思いつつヘアヘアするsweat01

中々切れないsweat02

それでも出来るだけテンションが掛るように、ヘアヘアするsweat01


何とか切れて、リーダーが飛んだ状態になりましたweep


そして、リーダーを持って行ってなかったオッサンは、どっちのスプールも使えなくなったのとsweat02

餌釣りさんの視線にも耐えられなかったのでeye


そそくさとその場を後にしましたdash


その時間が、上の潮位表の縦ラインの時間になりますsweat02

体調の関係でちょっとしんどかったものの、それなりにやりきりました(/ー\*)


家に帰ると、使ったタックルを簡単にメンテし、ロストしたルアーを在庫分から補充confident

Sw140607_f

どちらもフックはがまかつ「TREBLE SP/MH#4に交換し、1つはパッケージに戻して釣り場での予備として箱に保管confident

1つは直ぐに使えるようにボックスに入れましたwink


ただ今日のことを考えてみると、刺さりがいいフックも考えもんですね(/ー\*)


あとはこちらeye

Sw140607_g

同じ様なトビエイを掛けて同じようにラインブレイクした2つのスプールですが、ラインの長さ的に影響の無いモアザンLBDの方とは違い、あえておかしなところで切ったトーナメントの方はラインが足りない状態にweep


しかもこれ、強度的には同じなものの、モアザンの方は実質2号の太さのライン(DAIWA「MORETHAN SENSOR BRANZINO 8Braid+Si#1.5-30LB)を半分ずつ使っているのに対し、トーナメントの方は実質1.5号のライン(DAIWA「UVF SALTIGA 8Braid+Si#1.5-30lb)をきっちり巻いていますsweat02

表記は同じ強度なので、太さが違っても強度的には同じはずなんですが、数回根掛かりしたときに引っ張った感じでは、細いソルティガの方が強いと感じましたconfident


ただ、そんなラインも巻き替えないといけませんgawk

ロストしたルアー2個にこのライン・・・末端価格にして、うまい棒約1300本分の損害です(/ー\*)


あと、長袖を着て行ってたものの、キャストの度に少し捲れる手首の日焼け状況eye

Sw140607_h

紫外線強すぎsun


グローブとの境がクッキリしすぎなのと、顔もピリピリしていますsweat02


途中しんどいこともあったけど、やっぱり楽しいので、ちょっと無理しすぎたかな・・・


日曜日はまた寝込むのかなdespair

月曜日からに影響が無ければいいけどsweat02


そんな感じで、さようならchick

« ふとFFXIVベンチやってみた | トップページ | もずく酢 »

コメント

こんばんは。

全部見てくれてたとは、ありがとうございます。
ちょっと調べてみたところ、S321Gにも同じようにユースフルナットはあるみたいですね。
位置も同じっぽいです。

私が位置やマチ針で探しているのは、「アトレーワゴン ユースフルナット」で検索した際に出てくるBlogを参考にしただけです。
その位置をマチ針でプスプスしてみると、内装の裏は直ぐボディの鉄板なんですが、穴があるところだけ針がプスっと深く刺さります。
1回刺さったらその場所の周りもプスプスしてみて、穴のサイズがねじ穴と同じだと判断したら、細いハサミの先端でグリグリするだけです。
そんなに難しくありませんよ!

それではプスプス、頑張ってみて下さい(笑)

mruさん、返信ありがとうございます。

実はアトレーワゴンのロッドホルダー関連の過去記事は恐らくすべて拝見させていただいていると思います。
アシストグリップ→アシストグリップとユースフルナットの共用(ステンレスアイボルトでの穴隠しバージョン)→アシストグリップとユースフルナットをフルに使った4箇所止めの最終バージョンと^^

こちらの記事を見て、私も片側4点止めで、しっかりと取り付けしたいなぁ~と思っておりました。

そこで、少しご質問なのですが・・・・
ユースフルナットを使用されておりますが、これはアトレーワゴンのどの型式にもあるのでしょうか?
ちなみに私のアトレーはS321G、カスタムターボRS"Limited"です。

また針を刺して場所を探しておられますが、マチ張りのようなものをプスプスとしてユースフルナットの場所って簡単に分かるものでしょうか?

お言葉に甘えていきなり質問ばかり、すみませんm(__)m

ころっけさん、初めまして。コメントありがとうございます。

アルティマの大人買いは、微妙にやってしまったかも(/ー\*)という感もあります(笑)

アトレーワゴンに乗られているということですので、お答えできることはなんでもお答えしたいと思います。
いろいろとちょっとずつ強化していくのもいいですが、とりあえずはこちらのエントリーを見て頂いて
http://mru.txt-nifty.com/blog/2013/11/post-f721.html
ユースフルナットの利用と長めのパイプを利用されると、ロッドホルダーを付けたときの安定感がまったく違いますよ!

また何かありましたら、お気軽に質問して下さい。

はじめまして、ころっけと申します。

バス釣りが大好きではまりまくっております(笑)

アルティマの大人買い、いいですね~!!
最高峰のシマノロッドを・・・・

うらやましい限りです^^

実は私もアトレーワゴンに乗っておりまして・・・
最近、ロッドホルダーを付けたいな~と考えております。

検索しておりましたら、こちらにたどり着きました。
何せ付けるのは初めてなので、分からないこと等ありましたら
ご相談させていただいてもよろしいでしょうか?

突然の訪問で、厚かましいお願いをして申し訳ございませんm(__)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふとFFXIVベンチやってみた | トップページ | もずく酢 »