« やっと揃った | トップページ | ふとFFXIVベンチやってみた »

2014年6月 6日 (金)

ストライクプロ・マグナムミノーのフック

マングローブスタジオの「ストライクプロ・マグナムミノーshine


GTやマグロ、カンパチ、ヒラマサ、磯マグロ等の巨魚を狙うのに使われるこのルアーはeye

リングとフックが付いていない状態で売られていますconfident


メーカーHPを見るとeye

参考フックは、OWNERのST-66 #4/0クラスとのことconfident


それに従って、最初に買ったものにはeye

Spmm_f_1405_1

スプリットリングはC'ultiva「Sprit Ring Hyper Wire#11H (290lb)を使いconfident

フックはC'ultiva「STINGER TREBBLE ST-66Size 4/0を装着wink


バランス的には良い感じgood


ただ、この状態で使ってみたところeye

狙っている魚がこのルアーで狙う魚ではないのは置いておいてsweat02

バイトはあるものの、掛らないgawk


フッキングが甘いとかタックルの使い方が出来てないというのは置いておいてsweat02

明らかにシーバスにはフックが大きすぎるということに気付きましたflair


そこで、2つめに買ったルアーはフックサイズを落としてみましたeye

Spmm_f_1405_2

こちらは、スプリットリングにXESTA「HARD SPRITSize 5 (140lb)を使いconfident

フックはGamakatsu「TREBLE RB MHSize 2/0を装着wink


これ、フックサイズは#2ではなく、#2/0なんですよね・・・


なのに、ちっさ(*´艸`)


シーバスには、この位の方が吸い込みも掛かりも良いかもflair

と思って準備したんですが、その後は普通のシーバス用ルアーばかり投げていました(/ー\*)


これを投げるには、タックルも限られますしsweat02


そして、先日追加したこの3本eye

Spmm_f_1405_3

これらに装着するフックとリングに、少し悩みましたconfident


狙うのが本来のターゲットの巨魚なら、参考フックサイズ辺りでいいと思うんですがsweat02

実際に狙うのは、その辺のシーバスfish


いずれは巨魚も狙ってみたいところですが、とりあえずはその辺のシーバスをこのルアーで釣ってみたいのですdash


フックは、押し入れに転がっていたこの辺りeye

Spmm_f_1405_4

メーカー推奨のオーナーのST-66 #4/0をはじめ、STX-56#3/0,#2/0,#1/0、がまかつのRB/MH #2/0も準備しましたconfident


スプリットリングは、押し入れに転がっていたこの辺りeye

Spmm_f_1405_5

妙に硬い#11H 290lbに、一気に小さくなる#7 150lbsweat02


そんなアイテムに囲まれながら、ゴゾゴゾしてるところeye

Spmm_f_1405_6

こんな時間も楽しいものです(*´艸`)


前はあんなに苦労した290lbの硬いスプリットリングも、このプライヤーがあれば楽々ですwink


いろいろと、装着するリングやフックサイズによる泳ぎやレンジの事を想像しつつconfident

ルアー3本全てへの装着が完了しましたwink


まずは、ソルティギーゴ(グローバック)eye

Spmm_f_1405_7

こちらは背中がグローになっているので若干レンジも入った方がいいと思いconfident

スローシンキングになるこの組み合わせにしましたwink


・リングに、C'ultiva「Sprit Ring Hyper Wire#11H (290lb)
・フックに、C'ultiva「STINGER TREBBLE ST-66Size 4/0の組み合わせですgood


このルアー、私はフローティングタイプを選択したのでeye

Spmm_f_1405_w

サイズは200mmで、重量は100gになっていますconfident


普通のシーバス用ルアーの数倍の重量ですが、当然、リングもフックも付いてない状態での重量になりますsweat02


リングとフックを付けるとその分重くなる訳ですがeye

Spmm_f_1405_8

こちらの仕様での重量は121gとなり、リングとフックだけで21g程あるということになりますconfident


続いては、コーラルチャート(グローベリー)eye

Spmm_f_1405_9

こちらは上のとは違って腹側がグローになっているのでconfident

さっきのよりは軽めにしてレンジが浅くなるようにしましたwink


・リングに、Valleyhill「スプリットリングEXH#7 (150lb)
・フックに、C'ultiva「STINGER TREBBLE STX-58Size 3/0の組み合わせですgood


こちらも同じように量ってみるとeye

Spmm_f_1405_a

こちらの仕様での重量は112gとなり、さっきのよりも9g軽くなりましたconfident


最後は、レッドフェイス2(グローベリー)eye

Spmm_f_1405_b

こちらも腹側がグローになっているので、出来るだけ軽くなるようにしてみましたwink


また、吸い込みの良さと掛った後のバレ難さを考慮し、トレブルフックではなく、ジグ用のアシストフックを装着eye


・リングに、Shout!「スプリットリング 75-SR#6 (91lb)
・フロントフックに、Shout!「TWIN ASSIST 43-TASize 2/0
・リアフックに、Shout!「CAST SPARKSize 2/0の組み合わせですgood


こちらも同じように量ってみるとeye

Spmm_f_1405_c

こちらの仕様での重量は105gとなり、随分と軽いことが分かりますconfident


そんなこんなで、準備完了ですhappy01

Spmm_f_1405_z

スプリットリングやフックが変われば、レンジや泳ぎも変わりますconfident


それらが影響してバイトの有無が変わってくることも考えられますしeye

当然、カラーの違いも影響するでしょうconfident


でも、これだけあれば、このルアーだけで1日中やりきることができそうですhappy01


もう少し元気になってやりきれるようになったらeye

ストライクプロ・マグナムミノー縛りを楽しもうと思います(*´艸`)

« やっと揃った | トップページ | ふとFFXIVベンチやってみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと揃った | トップページ | ふとFFXIVベンチやってみた »