« 今週末もゴロゴロ | トップページ | 網戸補修 »

2014年6月 2日 (月)

ステロネマ注腸の使い方

今のところ、まだ毎日ステロネマ注腸をし続けているナウなヤングですwink


健康な方にはまったく関係のない事ですがsweat02

私も今となっては慣れたものの、最初にこれを使い出した頃は添付の説明書だけでは良く分からないこともあったので、自分なりに行き着いた使い方を纏めておきたいと思いますconfident

※あくまでも個人的な使い方ですので、誤っていることも考えられます。
※参考にされる場合も、その辺を考慮してお願いします。


こちらが、ステロネマ注腸ですeye

Sttt_u1405_1

私が使っているのは、このタイプconfident


まずは説明書にもあるように、袋に入ったまま中の液体部分を温めますspa

今の時期だとそれほど影響はないものの、やはり体温と温度差のある液体を注腸すると、腸がビックリして便意をもよおしたりするので注意しましょうwink

寒い時期だと袋のままお湯に浸けたりするみたいですが、今の時期なら暫くの間ポッケに入れておいたり、暫く握っているだけでも注腸時に影響しない程度には温まりますgood


人肌程度に温まったところで、袋から取り出しますconfident

袋は使い終わったものをまた入れて捨てますので、先端部を縦に少しだけ裂いておくのがいいと思いますwink


こちらは先端のチューブ部分eye

Sttt_u1405_2

ここにはメモリが付いており、それを参考にある部分まで肛門に差し込むようになりますsweat02


赤いラインはいわばレッドゾーンで、これ以上差し込むと直腸粘膜を傷つけてしまう恐れがありますsign01

私も最初はこの説明とこのラインが怖く、赤いラインの手前までしか差し込まずに使用してみたところ、ちょっとした液の逆流がありましたsweat02

どこまで差し込めばいいのかは人によって変わってきますので、ちょっとずつ深くしてみながら試すのがいいかと思いますconfident


そして自分の差し込み量が決まったときに役に立つのが、こちらeye

Sttt_u1405_3

輪ゴムですwink


何となく赤と青の輪ゴムを用意しましたが、赤は炎症を想像しちゃうので、私は鎮静を想像する青の輪ゴムを使っていますconfident

正直、どちらでも構いません(/ー\*)


これをチューブ先端にグルグル巻いた後、自分に合った最適なラインまでグリグリしてずらしていきますconfident

Sttt_u1405_4

私の最適ラインは、ここです(/ー\*)


こうすることにより、ここより深くには入っていかないため、安心して注腸ができますconfident

最初は輪ゴムなしでやっていましたが、差し込む深さは差し込む時に指で合わせながら差し込むものの、その後、液体が入った容器を握るときに、力の入れ加減によっては更に深く入ってしまったり、逆にちょっと抜け気味になる事もありましたsweat02

この輪ゴムがあると容器を握るときでも押し付け気味にできるので、深く入ることもなく、抜け気味になることもなく、最後まで適正位置で注腸をすることができますwink


ここまで出来たらチューブを差し込むだけですが、このままでは中々うまく差し込むことができませんgawk


そこで、説明書にも書いている潤滑剤をチューブに塗るんですが、ワセリンやグリセリンがない場合は水でも構いませんconfident

ただ、水だと直ぐに乾いてしまうため、濡れている間に急いで差し込む必要がありますsweat01


私も最初は水でやっていたもののなかなか上手くいかないため、今ではこちらを使うようにしましたeye

Sttt_u1405_5

アロエ軟膏confident

家族の間では、何にでも効くということで重宝されている軟膏ですcatface


これを先端から輪ゴムの間までに薄く塗り、良く滑るようにしますconfident

ただ、チューブ先端にある2つの穴を埋めないように注意しましょうeye

肛門や直腸に軟膏を塗るわけではなく、あくまでも潤滑剤の代わりとして塗るだけですconfident


こちらは少量でも水と違ってなかなか乾かないので、塗った後も落ち着いて家族の動きなどを確認してタイミングをとることができます(/ー\*)


輪ゴムで位置を決め、潤滑剤も塗りおえたら、後は差し込んで注腸するだけですconfident


ここで初めて容器上のアダプターを回して液が出るようにするんですが、このアダプター上部のチューブの根元には金属製のボールがあり、これがワンウェイバルブの役目になっていますeye

Sttt_u1405_6

たまに押し出した液がそのまま手を離すと戻ってしまう場合もありますが、その場合はここの部分にちょっとした衝撃を加えると、戻らないようになりますwink


その液体が戻らない状態で、注射器のように液体をチューブ先端の穴付近まで押し上げますup

これをしないと余計な空気が入ることになり、若干とはいえ、大腸内視鏡検査の時を思い出したり、便意をもよおしたりしますbearing

液体もそれほど粘度が低いわけでもないので、先端付近まで出しておいても漏れることはありませんconfident


その状態になったところで、いざ挿入ですdash


輪ゴムの後ろ側を指で握り、左側臥位(説明書参照)で肛門に差し込みますeye

一度で入らなくても、ゆっくりと潤滑剤が馴染むように差し込んでいきますconfident

ある程度まで入ると、あとはスッと輪ゴムの場所まで入るかと思いますwink


ちゃんと適正位置まで入ったのを確認できれば、あとは容器を握って高めに上げた感じにし、なおかつチューブを若干押し当てる感じにしながらゆっくり容器を絞っていきますrock

押し当てる感じになっても輪ゴムがあるので、それ以上深く入らないので安心できますconfident


容器を絞る速度ですが、私は約1分弱掛けて50cc全部を入れる感じにしていますeye


そうして全て注腸し終わると、あとはチューブをゆっくり抜いて元の袋に戻し、その後、説明書に従って体位変換をやっていきますwink

体位変換は好みかもしれませんが、マニュアルにある体位変換例-1をやっていますconfident


そして体位変換の最後は、腹ばいで10~20分じっとしてないといけないのですが、その時間が分かりにくかったり、時々時計をチェックするのも面倒だったりするので・・・


私はiPhoneで音楽を聴くことにしていますear

Sttt_u1405_7

このナイスなFFXIのアルバムを、ズヴァール城から再生しますnote


あとはゴロゴロしながら闇王Awakeningというナイスな曲を聴いた後、ヴァナ・ディールマーチ#2が始まる頃までじっとしていれば、20分位ということになりますnotes

ナイスですcatface


・・・


といった感じですconfident


最初は戸惑っていた注腸も、慣れれば何の苦でもなくなりますwink

皆様も、良い注腸をヽ(´▽`)/

« 今週末もゴロゴロ | トップページ | 網戸補修 »

コメント

エルさん、コメントありがとうございます。
参考になったようで、なによりです。

私の方は昨年はずっと大変な状態が続き、年末に大量下血で出血多量の様になって意識を失い、救急搬送のあと入院となりました。
でもそのおかげで寛解導入してもらえ、現在はアサコールとビオフェルミンとまだプレドニン5mgは出ていますが、普通の方と同じ様な生活が送れています。
ビヒダスBB536も飲み続けているので、その効果もあるのかな?と思ってもいます。
これまで出来なかったことが普通にできる幸せ・・・いつまでも寛解が続いてくれるといいんですが。

エルさんも早く寛解に入れますようにお祈りしております。

ペンタサ坐剤を処方されて使っていた潰瘍性大腸炎患者の者です。

炎症が一向に治まらず、医師よりステロネマ注腸(100mlの方でしたが)を処方され、使い方を調べていてたどり着きました。

分かりやすく使い方が書かれていて、とても参考になりました。
(* ̄ー ̄*)

慢性持続型のため、なかなか寛解に至りにくいのですが、ステロネマ注腸を使い始めてから、若干お腹の調子が良くなり下血も少なくなっています。

お互い頑張りましょうhappy02

コメントありがとうございます。
参考になったようで何よりです。
最初は分かりにくいですもんねconfident

寛解への祈りもありがとうございますhappy01
入れると嬉しいんですけどねconfident

とても参考になりました,ありがとうございます。寛解になる日が来るように祈ってます(*^^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週末もゴロゴロ | トップページ | 網戸補修 »